時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

肋骨の骨折はどのように治療するの?原因と応急処置まで

      2015/11/02

肋骨の骨折はどのように治療するの?原因と応急処置まで

「ちょっと肋骨にひびが入って」などと、肋骨の骨折を甘くみる人がいます。

でも、ちょっと待ってください。

我慢してそのままにしていると重症になることも少なくありません。

今回は、肋骨骨折の原因と治療法、そして応急処置を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

スポンサーリンク


肋骨骨折とはどのような怪我なのか

肋骨が骨折する仕組みには2種類あります。

一つ目は、肋骨に直接外から力が加わり、その部分が骨折するものです。

例えば野球のボールが胸に当たってその部分が骨折するというのは、これに該当します。

このとき注意しなければいけないのは、折れた肋骨が肺を傷つけておこる肺損傷です。

二つ目は、外から加わった力が部分から離れたところの肋骨が折れるものです。

例えば人工呼吸をしていて胸部を強く押し付け過ぎるとわき腹の骨が折れるというのは、これに該当します。

このとき注意しなければいけないのは、心臓の回りにある大きな血管を損傷する可能性があることです。

一般的に、若いうちは肋骨に弾力性があるため骨折は起こしにくいものです。

しかし、高齢者になると肋骨がもろくなってくるので、ちょっとした力が加わっただけでも骨折をしてしまいます。

高齢者を介護する場合はこの点に十分注意して肋骨に大きな力がかからないようにしましょう。

肋骨が骨折する原因とは

先に説明したように、肋骨が骨折するのは外部から強い力が加わったときにおこります。

交通事故や高いところから落ちたときの力が肋骨に直接伝われば骨折することになります。

また暴行を受けた際にも肋骨が骨折する場合もあります。

これら以外にも肋骨が折れる場合があります。

スポーツでの肋骨骨折

よくゴルフのスイングで肋骨が骨折したという話を耳にします。

体を捻ることになるゴルフのスイングでは、どうしても無理な体勢をすることになってしまいます。

その結果、肋骨に無理な力が加わり骨折することになるのです。

骨がもろくなる高齢になると、思わぬことで肋骨が骨折することがあります。

クシャミでの肋骨骨折

確かにクシャミをするにはエネルギーを必要とします。

そのエネルギーがお腹に伝わり、肋骨が骨折してしまうのです。

ちなみに筆者の母親は、自転車に乗っていて転倒してしまい肋骨にヒビが入ったと嘆いていました。

いずれにしても、骨が脆くなる高齢者は肋骨に限らず骨折しやすくなります。

骨折が原因で寝たきりになる人も少なくありません。

周りの人は注意してあげましょう。

骨折をすぐに治療しないとどうなるか

肋骨の骨折を甘く見てしまい、すぐに治療しないとどうなるのでしょうか?

確かに、肋骨にひびが入った程度では症状はあらわれないかもしれません。

しかし徐々に症状があらわれることがあります。

肋骨が骨折すると折れた部分に痛みや腫れ、そして皮下出血があらわれてきます。

また、骨折した部分を軽く押すと、骨がきしむ音がすることがあります。

これは不気味です。

ここまで症状が進むとさすがにそのまま放置する人は少ないと思いますが…

また、肋骨骨折は息をしただけで痛みが出ることがあります。

これは呼吸の際に胸が動くことで肋骨が動くことによって起こります。

そのため、患者の多くは痛みを押えるために胸が出来るだけ動かないよう、骨折した部分に体を曲げる姿勢をとるようになります。

このように症状が進むと日常生活にも支障をきたすことにもなります。

肋骨の骨折は放っておいても自然と治るものだと甘くみないで、早めに治療を受けた方が良いでしょう。

肋骨骨折の診断と検査

肋骨の骨折の多くは、一般的な触診とX線撮影により診断することができます。

また肋骨の骨折では、正面からではなく斜めからのX線撮影が診断にとって有用になります。

確かに、肋骨の骨折にX線撮影は有用です。

しかし、万能ではありません。

たとえば、肋軟骨部が骨折した場合にはX線撮影では異常はみつかりません。

また、肋骨にヒビが入った程度ではX線撮影で異常は見つからないこともあるので注意した方が良いでしょう。

筆者の父親もこれと同じ場面に遭遇しました。

痛みのあまり体を動かすことができなくなり病院で診察を受けました。

X線撮影では異常はみつかりませんでした。

しかし、あまりに父が痛がるのでMRIで見たところ骨にヒビが入っていることが分かりました。

いずれにしても、肋骨が骨折したと疑われる場合には必ず診察を受けましょう。

そして、骨折した部分と骨折の程度、そして骨折によって内臓が損傷していないかを確認しておきましょう。

肋骨骨折の治療法と応急処置

一般的な肋骨骨折の場合は、消炎鎮痛薬を飲み、冷湿布を貼り、コルセット等で固定した圧迫固定のみで治ります。

結局、骨折を治すのは医師ではなく、患者が持っている自然治癒力だといえるでしょう。

なお複雑骨折等の場合は外科手術が必要となる場合もあります。

肋骨の骨折は呼吸によって痛みが強まります。

このとき、タオル等で骨折が疑われる部分を軽く押すことで痛みが和らぎます。

そして、すぐに救急車を呼んで医師の診察を受けましょう。

まとめ

これまで見てきたように、肋骨の骨折というものはちょっとしたことで起こりえます。

しかし、甘く見ていると重病に発展する危険性があります。

内臓が損傷している場合があるからです。

また、高齢者になると日常生活でも肋骨骨折を起こしてしまうリスクがあります。

周りの人は十分に気をつけてあげましょう。

複雑骨折等でなければ治療も比較的簡単です。

肋骨の骨折だからと甘く見ないで、早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ