時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

美容院の担当が男性なので苦手で困っている人のために

2015.11.22

美容院に行くのが苦痛いう人が結構います。

長時間近距離に、他人がつきっきりと言う状況は中々大変です。

その担当が男性だった場合は、さらに苦痛度が増すでしょう。

とはいえ美容院に行かないわけにも行きません。

そんなあなたに解決方法をご紹介します。

美容院が苦手な理由

美容院は髪を切ったり、パーマをしたり、カラーリングをしたり、セットしたりすると事です。

でもどうしていくのが苦痛を考える人がいるのでしょうか?

それは、美容師さんとの会話です。

カットだけでも1時間弱、パーマでしたら数時間かかります。

ずっと付きっ切りではないにしろ、面識のない人を長時間会話するのは、苦手な人には苦痛でしょう。

また美容院の雰囲気が苦手という人もいます。

店内がもうなんかおしゃれな感じですよね。

店員さんもみな服装にも髪型も流行のものだし、「自分が入って場違いっぽい」と感じたことはありませんか?

そして髪型の注文です。

自分でこうなりたいイメージを伝えるのも大変だし、いろいろ聞かれてしどろもどろになってしまったり。

写真をもって行っても、あれこれと言われて、なんだかダメだしされているような気分になってしまいます。

お金を払ってまでもこんな思いをしなくてはいけないのか、なら行きたくないと考える人がいてもおかしくありません。

美容室が苦手な人のための解決策

まずあなたはお客様です。

そして美容師の人と会話しなくてはいけない義務はないのです。

全く無視するのも人としての礼儀に反しますが、最低限の会話しかしなければ、あなたに会話する気がないと相手も気づきます。

また多くの人が言われるように雑誌を読むと、「会話する気のない合図」として相手に伝わります。

最強なのが本を持参します。

これはもう初めから、「美容室にいる時はこの本をも読むつもり」と相手に明示していますので、よほど空気の読めない相手でなければ、必要以上の会話をあなたにしてこないでしょう。

次におしゃれな雰囲気に負けないためには、まず美容師さん達がおしゃれなのは仕事だからです。

サラリーマンのスーツのようなものです。

彼らだって日常はもっと気を抜いているはずです。

美容院に行くときは普段着で行った方が、日常の自分に似合う髪型になれるという考え方もありますが、うんとおしゃれしていくというのも楽しいです。

髪型を変えるというのは変身願望の一種です。

どうせならなりたい自分を服装から変えてみて、その自分に似合う髪型になってみようと考えてみては如何でしょうか?

美容院で苦手なオーダーの解決策

自分に似合う髪型が判らないという悩みはありますよね。

大雑把なイメージを伝えてお任せという方法があるので、正直に美容師さんに相談するというのが一つの手です。

これも担当者によって、結構幅があります。

本当にお任せでしてくれる人と、前髪はどうする、横は、後ろは、襟足は?などど細かく聞かれる場合とあります。

結局美容室に来る理由は、髪をどうにかしたいからです。

もし髪型が気に入らなければ、別の担当者か別のお店にいって自分に合う美容師を探すしかありません。

写真を見て指定しても、イメージ通りにならないことはあります。

もちろんモデルと違うからということもありますが、美容師の腕の差をいうのもあります。

こればかりは相性と縁です。

もし気に入った髪型にしてくれる美容師を見つけたら、今後はその人担当ということで指名すべきです。

慣れてくればあなたのイメージもさらに伝わりやすくなりますし、相手も提案しやすくなりますので、オーダー時のストレスは軽減されます。

美容院の男性が苦手な人への対策

実際あるアンケート調査によると、6割の人が同性の担当者がいいと答えています。

理由の多くは「男性が苦手だから」、「緊張するから」のようです。

逆に同姓のほうが、「話しやすい」「髪の悩みやなりたい髪型のイメージをわかってもらいやすい」という事があるそうです。

だから男性が苦手というのを恥ずかしかる必要はありません。

多くの人が苦手だと思云っているのです。

誰だって知らない男性と長時間会話するというのは、やはり大変です。

でも先ほども説明しましたが、必ず会話する必要はないのです。

別にこちらが気を使う必要はありません。

本や雑誌を読んでいれば、会話は自然最低限になります。

寝たふりという手もあるそうです。

そしてお金を払っているのに緊張しっぱなしというのも馬鹿らしいですよね。

どうしても苦手であれば、予約時に担当者は女性がいいと伝えておけばいいと思います。

美容院によっては男性、女性と担当者をどうするか聞いてくれるところもあります。

美容院の男性担当者が苦手な場合の解決策

考え方を変えましょう。

自分が仕事場で、「女性だから」男性から担当を断られたとしたら、ちょっとした差別問題ですよね。

男性だってそうです。

自分の性を理由に担当者から外されるのは理不尽と感じることでしょう。

本来なら指名される担当者になる理由は、技術や人柄であり、性別ではないはずです。

もしあなたが、あまり男性と接点がない場合、長時間男性と話したり、触れられたりするのは緊張しますよね。

でも相手は客商売ですから、あなたが不愉快な気持ちにならないように気を使ってくれます。

つまり、男性と接する絶好のチャンスです。

別に出会いのチャンスと言っているのではなく、いうなれば男性と接する練習になります。

失敗したっていいのです。

会話がはずまなければ雑誌に逃避しちゃいましょう。

だって求めているのはあなたのなりたいスタイルです。

会話の練習はあくまでもおまけです。

もし性別であなたの求める髪型にしてくれる美容師と出会う機会を逃していてはもったいないと思いませんか?

 - コミュニケーション