時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

糖尿病とインスリンの関係、そして寿命について

      2015/07/27

糖尿病とインスリンの関係、そして寿命について

糖尿病の初期は、自覚症状がない人がほとんどです。

だからといって油断していると、悪化して合併症を引き起こしてしまいます。

きちんと理解して治療に取り組みたいものです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


糖尿病とはどんな病気?

糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英:diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。

引用元-−-ウィキペディア

糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓すいぞうのβベータ細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時の血糖値も上昇してきます。

引用元-−-糖尿病の基礎的理解

糖尿病の種類

1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

2型糖尿病
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

引用元-−-厚生労働省

糖尿病の診断基準

MIYAKO85_orionbeer20140725500-thumb-1200x800-5151

a.(1)空腹時血糖値が126mgdl以上、(2)75gブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間値が200mgdl以上、(3)随時血糖値(来院時に任意の条件下で測定された血糖値)が200mgdl以上、(4)HbA1Cが6.5%以上(日本の測定値では6.1%以上)のいずれかを認めた場合は、「糖尿病型」と判定します。別の日に再検査を行い、再び「糖尿病型」が確認されれば糖尿病と診断します。ただし、HbA1Cのみの反復検査による診断は不可です。

また、血糖値とHbA1Cが同一採血で糖尿病型を示すこと((1)〜(3)のいずれかと(4))が確認されれば、初回検査だけでも糖尿病と診断します。

b.糖尿病型を示し、かつ次のいずれかの条件が満たされた場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断できます。

・糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在

・確実な糖尿病網膜症の存在

c.過去において上記のaないしbが満たされたことがあり、それが病歴などで確認できれば、糖尿病と診断するか、その疑いをもって対応します。

d.以上の条件によって、糖尿病の判定が困難な場合には、糖尿病の疑いをもって、3〜6カ月以内に血糖値とHbA1Cを同時に測定して再判定します。

引用元-−-Yahoo!ヘルスケア

インスリンの役割と働き

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。食事によって血糖値が上がる(血糖の量が増える)と、すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッチして、すぐにインスリンを分泌します。血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのです。こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれるのです。

○インスリンのおもな働き
・全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませます
・肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進します
・貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します
・脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制します

引用元-−-DMTOWN

糖尿病とインスリンの関係

インシュリン (インスリンと呼ばれる場合もある) 糖尿病を語る上で外せないのが、このインシュリンです。インシュリンとは、ホルモンの一種で、すい臓から体内に分泌されるもののことです。血糖値を上げるホルモンは体内に幾つかあるのですが、実は血糖値を下げるホルモンは、このインシュリンしかありません。ですので、糖尿病を改善していく上で、インシュリンはなくてはならない存在なんです。インシュリンがないと血糖値は下がらないからです。

引用元-−-糖尿病講座

人間の膵臓(すいぞう)では、インスリンというホルモンが生成され、分泌されています。このインスリンは血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われるために働くようになります。
ところが、様々な要因で脾臓からのインスリンの分泌がされない、または足りない、インスリンが分泌されているけれど十分に作用していない状態になると、血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われないで、残るようになります。この高血糖の状態を糖尿病といいます。

引用元-−-糖尿病とインスリンの関係とは?

糖尿病に罹患した場合の寿命は?

一般的に、糖尿病患者は健常者よりも10年ほど短命である、と言われることがあります。俗説的にも捉えられがちですが、さまざまな統計によっておおよそ実証されている数値でもあります。ただしこれは、決して糖尿病そのものが死因となって早世しやすいという訳ではなく、多くの場合で糖尿病の合併症、糖尿病に起因する(もしくは関連性が疑われる)疾患によって死亡するケースが多いと考えられます。

引用元-−-糖尿病の原因を徹底解剖!まさかそれが原因とは…【糖尿調査隊】

糖尿病になってからも「糖尿病であることに気がついていない」、「悪い生活習慣を改善しない」、「適切な治療をしない」などで、コントロールが悪い状態のままでいると、その平均寿命は男性で10年、女性で13年短いとされています。

引用元-−-くにちか内科クリニック

糖尿病の合併症が命を奪う危険性があると言われているのは、おそらく誰もが知っていることだと思います。

それでは糖尿病で合併症を発症した場合、寿命はどれくらいなのかと問う人がいますが、その答えに正確に答えられる人は、おそらくいないでしょう。

ただ、1981年から1990年の間の10年間、糖尿病患者の全国的な死因に関するアンケート調査によると、糖尿病患者で合併症を発症した場合、健常者よりも10年寿命が短くなるという結果が出たといいます。

引用元-−-糖尿病Navi

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ