時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

産後の家事の注意点。帝王切開の場合。

      2015/07/17

産後の家事の注意点。帝王切開の場合。

帝王切開での出産は手術が伴う分、母体への負荷が大きくなります。

普通に家事ができるようになるまでの回復の過程は人様々です。

今回は産後の順調な回復のためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

スポンサーリンク


帝王切開は楽な出産ではない

安全性が高いと認識されており、世界的にも増加している帝王切開による出産。それでも、帝王切開は開腹手術です。同じ健康な人であれば、経膣分娩よりもリスクが高いことが分かっています。

例えば、帝王切開による出産は、経膣分娩に比べ、母体の回復が大幅に遅くなります。また、やはり開腹手術のため、感染・静脈血栓症などの合併症を引き起こしやすくなり、母親の死亡リスクが高まるのです。

引用元-−-日刊 アメーバニュース

帝王切開は手術なので、お母さんの身体に負担がかかります。自然分娩の後陣痛は1週間くらいで治まりますが、帝王切開の場合は、後陣痛の痛みは治まっても、手術の傷の回復によって痛みが長く続く場合もあります。

引用元-−-みんなの役立つ予防法や対処法 カラダノート

 産後1週間前後に、ホルモンの関係で気持ちが落ち込むことがあります。帝王切開分娩の場合、産後自分の体が思いどおりに動かず、赤ちゃんのお世話が十分できなかったり、母乳の出が悪いと落ち込むことがあるかもしれません。

引用元-−-妊娠・出産・育児の悩みを解決! たまひよnet

手術の傷は癒えてもすぐに家事はできない

妊娠が始まって10ヶ月、赤ちゃんを産み出すまでに身体は大きく変化します。

赤ちゃんを産む作業は骨盤が大きく動き、体力も精神力も何もかもつぎこんで消耗する大仕事。

その衝撃は計り知れません。

たかが入院期間の一週間ではもとに戻らないのです。

引用元-−-子育てが天職です!現役保育士ママのソウルトーン♪で望む現実を100%創造しちゃおうブログ

個人差はありますが、1週間から10日ほどで手術のダメージは回復し、日常生活が送れるようになります。
退院許可が出れば、退院後の生活は基本的には経膣分娩の場合と同じです。しかし体は、まだ本調子ではないため、無理をしないことが大切。“母親になったのだから!”と頑張り過ぎずに、家族の協力を得て、小まめに休養を心がけるなど、マイペースに子育てをしてください。

引用元-−-gooベビー

帝王切開といっても、お産であることに変わりはありません。特に帝王切開の場合は自然分娩に比べ傷口が大きいので、あまり無理はしない方がいいだろうと看護師さんたちは言っています。日常生活では重いものを持たないなどに注意しながら、徐々に身体が回復するのを待ちましょう。

引用元-−-妊娠・出産・子育ての悩みや疑問に専門家が答えるニュースコラム イクシル

無理して家事をしようとせず回復を優先する

無事に出産を終えてひと山超えたかと思いきや、女性にとっては産後の体調管理もなかなか大変ですよね。出産で体力を使い果たしているため、免疫力が落ち、些細な病気にもかかりやすくなっている方も多いようです。

引用元-−-ママのためのニュースマガジン かわいいレシピも!ママスタセレクト

見た目にはわからなくても、妊娠・出産によって母体はダメージを受けています。

特に「産褥期(さんじょくき)」といわれる産後6〜8週間は、妊娠前の状態に戻るまでの大事な期間。この時期の過ごし方によっては、体調をくずしたり、産後うつにつながったりしかねません。

引用元-−-すべての女性に安心を ラルーン

産後すぐから、体は赤ちゃんの成長とともに大きくなっていた子宮の収縮を始めます。

これを後陣痛というのですが、この子宮収縮、実は人によってかなりの痛みを伴うことがあるようなのです。もちろん出産時の陣痛と比べると弱いことがほとんどですが、痛みが強い方は、痛みどめを処方してもらうこともあるほど。

引用元-−-日刊アメーバニュース

妊娠中、骨盤はホルモンの影響でゆるみ、そこに出産の負荷がかかります。よってその骨盤の中でも特に恥骨結合という部分に障害がでることが多いのです。それが産後の腰痛を引き起こす原因になります。

引用元-−-腰痛を治す方法!痛みの原因と治療法がわかる

家事に完璧を求めず赤ちゃんを優先する

8487869857_44a684fac4_b

初めての出産、産後にどんなことになるのか予想がつかないものですよね。なにもかも初めてのことです。多くのママが、産後の生活変化にまで頭が回らずに出産の日を迎えているのではないでしょうか。

引用元-−-日刊アメーバニュース

産後の家事が難しいのは、赤ちゃんのお世話と並行して行う点です。赤ちゃんが泣き出すと、ママはそばから離れられなくなり、あっという間に1日が過ぎてしまいます。特に授乳が頻回な生後1ヶ月間は、家の中がグチャグチャのまま過ぎたというママも少なくありません。

引用元-−-妊活・妊娠・出産・育児が”もっと”楽しくなる こそだてハック

「産褥期に水仕事をさせてはいけない」という言い伝えがあるように、産後の体を冷やすことは子宮の回復に影響すると言われます。また、母乳の分泌を促すためにも体を温めて血の巡りをよくしたいもの。この時期はお産の傷のケアのために湯船に使って体を温めることが出来ないので、温かい飲物を飲みながら、足湯で体を温めるのも良いでしょう。

引用元-−-シンプル&デリシャス ぐるなびWEDDING

産後の家事は一人でがんばろうとしない

世の中の多くのパパは、妊娠中はママを支え、赤ちゃんが産まれたら夫婦で協力して子育てを頑張る、という意識でいる人が多いのですが、赤ちゃんが産まれてからのパパの一番の役割は、ママの産後うつを予防するという事です。

引用元-−-妊娠&子育て応援サイト MARCH

褒められてうれしくない人はいません。「パパ、上手。」「パパ、すごい。」「パパ、うれしい。」を上手に使いましょう。褒める時のポイントは、パパでなくとも良いのですが、呼び名+形容詞・形容動詞が基本です。心理学的に人に名前を呼ばれると、より親近感が沸きます。夫婦であれば親近感はもう当然あるはずなのですが、より感謝している感、頼っている感を出すことができるはずです。

引用元-−-ママのためのニュースマガジン かわいいレシピも!ママスタセレクト

産後3週目に入ったら、少しずつ自分でも家事をはじめてみましょう。まだ布団は敷いたままにしておき、疲れたらすぐ横になって休むようにしましょう。おむつの洗濯など軽い家事からはじめてみます。ただし、この時期はやりすぎないこと。このくらい大丈夫と思って動きすぎると、急に悪露が増えたり、発熱したりする恐れもあります。自分では、ちょっとのんびりすぎるかな…と思うくらいでちょうどよいのです。

引用元-−-レディスクリニック石黒

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ