時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

産後の体重の戻り方は個人差があるの?戻し方のコツもご紹介

   

産後の体重の戻り方は個人差があるの?戻し方のコツもご紹介

出産は人生の一大イベント。

でも女性として産後気になるのは、体重の戻り方。

妊娠前の体重や体型に自然に戻れるの?それとも何かしないとだめ?

今回は出産後の体重の戻り方・戻し方についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


Q:産後、体重の戻り方って?

完全母乳で産後3ヶ月です。

妊娠前55kg、現在57kgです。妊娠中には12kg増えました。

出産後、太ももとお尻が大きくなり、ジーンズがはけません。

すぐに戻ると思った体重も落ちません。産後10日からこの体重のままです。

(むしろ増えてる場合もあります・・・)

服を試着するたびに泣きたい気持ちになります。

妊娠前の体重に戻るには、どれぐらいかかるのでしょうか。

体系はエクササイズをしないとダメでしょうか?

最近子供はずいぶん寝るようになりました。

20時に寝かせて朝4時から5時まで寝ます。

体重が増えるのは、このせいもあるかなと思います・・・。

また、子供をだっこしながら出来るエクササイズなどありましたら教えてください。

引用元- 教えて!goo

A:こんな回答がありました

12キロ増でした。母乳をあげているのでしたら体重は戻ると思います。私も妊娠前マイナス2キロぐらいまではいきました。…が!たるみは運動しないと戻りません。

1年の育休の後,仕事に復帰の時に仕事用の服が全く着られませんでした(><;)。 それより何より怖いのは、断乳(卒乳)後のリバウンドです。オッパイあげている時って、けっこうお腹がすくし、食べてもそんなに増えないんですが、オッパイやめると途端にきます。 私は友達に聞いていたので、かなり気をつけていたつもりですが、断乳後、やっぱり3キロぐらい増えてしまいました…。 あせることなく、コンスタントに軽めでも運動はしておいたほうが良いと思います。
引用元- 教えて!goo

産後の体重の戻り方と体質改善

産後は自分の体質改善を行うチャンス、という事を御存じでしょうか。

出産後はホルモンバランスが大きく崩れる時期です。

体重や体液、骨格も変化し、骨盤周辺の筋肉はボロボロです。

体全体が緩んでいます。

という事は、正しい方向に導き、産前よりもキレイな身体に組みなおす事も可能なのです。

妊娠時、産前と比べて約10kg近く体重が増加します。

その内訳は、赤ちゃんが3kg、羊水が2kg、脂肪が2kg、増加した血液が2kg、肥大した子宮1kg。

脂肪の増加はわずが2kgです。

産後母乳育児をしていれば、2kgの脂肪など半年ほどで解消できるのです。

母乳をあげている状態の身体で、食事制限などの無理なダイエットをしてはいけません。

母乳が出にくくなってしまう危険性もあり、

基礎代謝が落ちてしまっては痩せにくくなってしまうからです。

授乳中は和食を中心とした食事にし、しっかり3食とる様にしましょう。

食事制限をしていくのは断乳後からをお勧め致します。

産後の経過に合わせてちょっとしたエクササイズなどを行い、身体を組みなおしていきましょう。

いつから始めればよいのか。

出来るならば、産後翌日から始める事をお勧め致します。

エクササイズといっても、本当にちょっとした運動です。

体のパーツを動かしていくリハビリのようなものです。

引用元-ダイエットなら美wise!

体重が戻れば体型も戻るの?

残念ながら、答えはNo。
産後は増えてしまった体重ばかりに目が行きがちです。ところが、体重が戻っても大きくなったお尻周りやたるんだお腹は元に戻っていないというのが現実。ダイエットしても体型の崩れが戻らない…このことに悩むママがとても多いのです。

体重が戻ったのになぜか妊娠前のパンツやスカートが入らないのは、「骨盤が開いているから」と思っている人も多いのですが、実は骨盤が目一杯に開いているのは「出産の時」だけ。
その後、自然に自身の力で閉じていきます。妊婦や産後女性に限らず、骨盤の形状としては、ぽっかりと開いています。

引用元- (株)ビューティクル

さらに毎日数ミリ程度の開閉を繰り返しています。体重が戻っても妊娠前の服が着れない理由は、ほとんどの場合、妊娠中に蓄えられた「脂肪」のせい。体重が戻ったとしても、増えた部位の脂肪が落ちたのか?というと、残念ながらそうではないのです。このため、ただ体重を落とすだけではなく、引き締めたい部位を意識的に使って鍛え、引き締めることが必要なのです。

引用元- (株)ビューティクル

妊娠中の注意で体重の戻り方は早い

妊娠中には10kg以上体重が増加する人も珍しくはありません。お腹の中にもう一つの命があるのですから、当然その子の体重分と、その子のベッドである羊水の分は増えます。

しかし通常だとお腹の子は5kg以上になることはありませんし、羊水も通常は800ml以下。つまり、それ以上の増加は母体の体重増加なのです。

以前は「妊娠中はしっかり栄養を取らないと!」と、体重の増加は今ほど気にされていませんでした。しかし最近では、太りすぎは妊娠高血圧症の原因になったりするので、体重の増やしすぎは産科でも制限されます。

でも、普段よりお腹が空き、食べたくなるのが妊娠中。「きっとお腹の子が欲しがってるの♪」なんていいながら、ついつい食べ過ぎてしまいます。

妊娠中は確かにたくさんの栄養素が必要ですが、注意したいのは、吸収率が普段よりずっと高くなっている点です。つまり同じだけ食べていても、その分しっかり吸収されて太りやすくなっているのです。

妊娠中から注意すればその後がラクに

もちろん妊娠中にはお腹の赤ちゃんにしっかりと大切な栄養素を送るため、バランスのとれた食事が必要。ですが摂取カロリーはある程度制限し、妊娠中から体重増加に気を付けていると、産後体重を戻すのもぐっと楽になります。

また体型だけでなく、体重が増えすぎると妊娠線ができてしまうことも。これは一度できると痩せても完全に消すことができないので、体重を増やしすぎないこととクリームなどで保湿して防ぎましょう。

しかし、うっかり体重を増やしすぎたあなたも、痩せる方法はあります。諦める必要はありません。

引用元- 女性の美学

産後の体重増加or減少した人の注意点

体重が増えた人はここに注意!

妊娠中は食欲が増加すると言う人はたくさんいます。
つい間食をよくしていた・・・という人も多いのではないでしょうか?
ただ、出産後もそのままの食欲だと当然太ります。
とは言え、授乳中のママにとって食事制限はよくありません。
大切なのは、バランスの取れた食事を適量食べることです。
間食が日常化していた人は、まず間食をやめて3食しっかり食べましょう!

体重が減りすぎた人はここに注意!

産後は体重が戻らない・・・というのをよく聞きますが、
実は体重が減り過ぎて困っているという人もいるのです!

完全母乳で育てている人によく見られるのが、どんどん体重が減っていくと言う現象です。
母乳をあげているだけで一つのダイエットになります。
ですので、体重が減るのは決しておかしいことではありません。
ただ、とは言え減り過ぎるのも心配ですよね。
体重が減っていくという人はまずしっかり食べましょう!
栄養が摂れていれば、体重が減っていっても問題はありません。

ただ産後のストレス等が原因のこともありますので、
あまりに体重の減少が著しい場合などは一度受診されると良いかもしれませんね。

引用元- ANOTHER WEDDING

産後の体型の戻す運動

1.インスパイリング・エクササイズ

インスパイリングとは、英語で「刺激する」という意味で、歪んだ骨格を元に戻し、骨格の周りを覆い、支えているインナーマッスルを刺激して鍛えます。

骨盤矯正に効果があり、身体のバランスが整うことで基礎代謝が向上し、やせやすい身体を作ることができます。

インナーマッスルは身体の内側の筋肉なので、筋肉をつけたくない女性には嬉しいですよね。

女性的な柔らかく曲線のある身体を保つことができるだけでなく、骨盤を整えることで女性ホルモンの分泌を高めます。

インスパイリング・エクササイズはゆったりとした運動なので、身体への負担が軽く、産後ダイエットにはもってこいです。

ストレス解消やリラックス効果も期待できますよ。

産後1ヶ月を過ぎて始める方が多いようです。

2.ピラティス・ヨガ

最近人気があり、セットで耳にすることも多いピラティスとヨガですが、特徴は少し異なります。

ヨガ

ヨガは呼吸とストレッチが中心になります。

現在は健康法の一つになっていますが、元々は修行や治療的な意味合いで用いられていたこともあり、精神的なアプローチが強いと言えます。

腹式呼吸をしながらポーズをとることで、身体が柔軟になります。

ピラティス

ピラティスはインナーマッスルを整えるのが中心になります。

ヨガとバレエの要素を取り入れていますが、ピラティスは胸式呼吸のまま身体を動かすのでヨガよりもハードなエクササイズですね。

引用元-こそだてハック

産後のダイエットは「冷めたご飯」で

授乳中には炭水化物を抜くよりも、「冷めたご飯」を食べるほうが脂肪燃焼に効果的なんですよ!

炭水化物は糖質だから太る原因になる。

だから炭水化物を抜くダイエットが、今はとても流行っていますよ
ね。

でも、炭水化物を抜いたことで、疲れやすくなったり、痩せにくくなってしまうというのも良く耳にします。

特に授乳中は、体力や栄養もとても多く必要な時期ですから、炭水化物を少なくしすぎると、疲れやすくなって、授乳にも悪い影響を与えてしまいます。

炭水化物が気になるなら、「デンプン」で摂って!

ここで問題をひとつ。

「温かいご飯になくて、冷めたご飯にあるものなーんだ?」

答えは「難消化性デンプン」です。

なんと冷めたご飯にある「難消化性デンプン」は、脂肪燃焼も促進してくれるんですよ。

ご飯を炊く前は、お米の中にあるデンプンは固まっていますが、加熱することで結合が解かれます。
それが冷めると、また結合して、難消化性デンプンにになるんです。

「結局はデンプンなんだけど、大丈夫?」

そんな心配をされるかもしれませんね。

でも、「難消化性デンプン」は、消化されにくいデンプンで、小腸で吸収されずに大腸まで届きます。

そして、温かいご飯に比べて、血糖値も上げにくいんです。血糖値のコントロールは、空腹感や食べ過ぎを抑えるのに、とても大切な事。

血糖値の上昇が抑えられれば、インスリンの働きも緩やかになるから、脂肪も溜めこみにくくなります。

糖分はエネルギーをたくさん必要とする授乳中には大切な栄養素です。

その糖分を「デンプン」で摂るようにすれば、脂肪を溜めこむリスクを低くしながら、栄養を摂ることができるんです。

引用元-あなたが痩せないのは、ダイエット成功の秘訣を知らないだけです。

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ