時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

産後の体重の変化は気にする必要はないってどういうこと!?

      2016/03/11

産後の体重の変化は気にする必要はないってどういうこと!?

産後のママは赤ちゃんの世話や授乳で忙しく、体重の変化はしょっちゅうあると言われます。

太りやすくなった!体重がどんどん落ちていく!その変化は人それぞれです。

産後の体重変化についてまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

スポンサーリンク


産後の体重変化に上手に対処する3つのポイント!

食べないは厳禁、食べ過ぎも厳禁

いくら母乳育児でも食べ過ぎてしまっては体重は落ちませんし、食べなければ、それこそ倒れてしまいます。妊娠中のようなバランスのとれた食事をし、お子様と適度なお散歩をして自然に体重を減らしていくことが大切です。

母乳もミルクも関係ない

私は母乳育児でしたが、いつもお腹が減っていて1日に少しの軽食と、きっちりと3食、食べていました。
おかげで、母乳の量も多めなのにも関わらず産後1年たって10キロ痩せても妊娠前より2キロオーバーでした。
それに比べて完全ミルクの知人は1年間で10キロ以上痩せており、母乳かミルクかは体重の減少に大きくは作用していないようです。

産後1年間

やっとたどり着いたみんなにとっての1歳の誕生日です。
この頃には体重自体はほとんどの方が妊娠前に戻っており、妊娠前より痩せた方すらいます。
完全ミルクの知人は妊娠前より痩せたひとりで、離乳食を作って、食べさせながら、自分も食べて、と、してるうちにお腹がいっぱいになってしまい、気が付けば痩せてしまっていたそうです。

引用元-産後の体重変化における3つのターニングポイント。ここで落とすのがポイント! – mamanoko

妊娠前と妊娠後の体重の変化についてのアンケート結果と経験者たちの声!

Q.体重は妊娠前と比べて出産後はどうなりましたか?

妊娠前より増えた 29.4%
妊娠前に戻った 45.0%
妊娠前より減った 25.6%

半数近くのママたちが、妊娠前に戻ったようです。では、体重を戻すためにどんなことに気をつけたのでしょうか?

■妊娠前より増えたママ

・「ほぼ完全母乳だったのでたくさん食べても、産後ひと月もしないうちに体重は戻りました。その後、消費している以上に食べているので結果的に少し増えた状態です」(34歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「授乳中はおなかがすくので、なかなか食事制限ができなかった」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「体重を元に戻したいが、まだ授乳しているし食べるの我慢すると余計ストレスになるので、控える程度で食べ続けている」(30歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

母乳だと体重は元に戻るという人もいますが、授乳中はお腹が空いて仕方がないという人も。体質によるところも大きいとは思いますが、育児は想像以上に体力を使うので、無理なダイエットは考えものです。

■妊娠前に戻ったママ

・「ひたすら食事制限ダイエット。仕事復帰。仕事復帰すると時間に追われ食べる時間が減り元に戻った」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「食生活。食欲が増えたが、運動を続けてキープした」(37歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「コアリズムで体型を戻した」(26歳/不動産/営業職)

妊娠前の生活に戻すことが体重を戻すことにもつながるようです。体重が元に戻っても、体型が変わっていることもあるので、自分に合ったエクササイズも大切ですね。

■妊娠前より減ったママ

・「母乳をあげているからか減ってしまったので、妊娠前・妊娠中よりしっかり食べるようにしてる。現在少しずつ元の体重に戻りつつある」(35歳/ソフトウェア/技術職)

・「育児が大変すぎて激痩せしたので、逆に太る努力をした」(31歳/機械・精密機器/営業職)

・「体重は減ったが、運動不足に悩んでいる。筋肉量が減ってしまったと感じる」(31歳/その他/その他)

慣れない育児で妊娠前よりも痩せたという人も。

引用元-ママに聞いた! 妊娠前と出産後、体重の変化は? 増えた? 減った? | 「マイナビウーマン」

一般的に産後の体重はどれくらい変化するものなのか?

■出産で体重がどのくらい減る?

出産時赤ちゃんは、平均3000g。胎盤約500g。羊水が500g。出産と同時に、ママの体重は約4キロ減る計算になります。
 

まぁ私は、産後翌日に2キロしか減っていませんでしたが(笑)

今の産院は食事がとっても豪華でおやつタイムもあったりしますから、出産したからといってなかなか体重は減らないかも知れません。

退院する時も出産前と体重が変わらない!なんて方もいるかも知れません。

でも大丈夫!妊娠中は体重が増えやすい体質になりますが、産後は体重の落ちるペースも通常の状態よりも速くなっているのです。

産後2ヶ月くらいには元の体重に戻っている方が多いです。

もちろん体重の減るペースには個人差があるので、誰もがこういったペースで体重が減るとは限りません。

もちろん、母乳をあげているからと言ってたくさんお菓子などを食べてしまえばカロリーオーバーとなって体重は減らないどころか増えてしまいます(*>ω<*) 母乳を上げていると栄養重視で和食中心になるので、食生活の変化と授乳のダブルの効果で産後の体重は減っていくというわけですね。 ちなみに産後のダイエットは6ヶ月までがチャンスと言われています!私は赤ちゃんが泣くと抱っこしながらスクワットをして、ダイエット兼赤ちゃんを寝かせる!というようなことをよく行っていましたよ♪ あとはバランスボールもよかったです。ママの体にも赤ちゃんのためにも一石二鳥(*^-^)b
引用元-産後の体重変化【☆ハッピー妊娠&育児ライフ☆】

通常分娩と帝王切開でのお産とでは産後の体重変化に違いはあるの?

自然と大差はない?
産後は妊娠前に比べて体重が増えている方が多いですが、
これは帝王切開で出産した方も同じです。
 
通常はダイエットしなくても妊娠前の体重に戻っていきます。

帝王切開だとしても体重の変化は自然分娩と大きな差はありません。
体重の変化は個人差が大きいですが、平均的には出産直前は妊娠前よりも7kg?8kgほど増えて、
出産後は5kgほど減ります。
 
 
妊娠前よりも増量した人は妊娠中に食べ過ぎたことが原因として考えられます。
妊娠中はホルモンの働きが活発になることで食欲が増していきます。
 
 
しかし、出産後は太る原因のホルモンの働きが急激に減少するので食欲は抑えられていきます。
さらに、授乳によって体内の栄養が使われることもあり、自然と元の体型に戻っていくようになっています。
 
 
産後は骨盤が開いているので痩せにくいと言われていますが、
開いた骨盤は自然と元に戻ります。
※全ての方が必ず正常に戻るわけではありません。
 

引用元-帝王切開での産後の体重の変化

産後の体重変化を気にするなら、産後の半年間がポイントです!

産後の半年間で何をするかが非常に大事
 
赤ちゃんも無事に生まれて一安心した後に気になってくるのが、妊娠中に増えてしまった体重をどのように落とすか、という事ですよね。
 
今回は産後の体重変化と、体重がなかなか戻らない時の対策についてご紹介していきます。
 
 
まず出産時に赤ちゃんの分の重さと、胎盤や羊水の分の重さで大体4〜5kgは減ることになります。
 
その後、入院期間中に妊娠中に蓄えられていた水分等が排出されますから、赤ちゃんと一緒に退院する頃には、5〜6kg程度減っているという方が多いのではないかと思います。
 
 
ここまではほとんど苦労せずに体重を落とす事が可能なのですが、問題なのはここからです。
 
退院した後の産後1〜6ヶ月の期間中に何をするかで体重の減り方が大きく変わってきます。
 
何もしないと産後1ヶ月以降、ほとんど体重が減らないということもあり得るのです。
 
 
とはいえ、授乳期間中の食事制限ダイエットや激しい運動は厳禁です。

引用元-産後の体重の変化と戻らない時の対策!退院後6ヶ月がポイント!

ママだけじゃない!パパもママの産後の体のことや体重のことについて知っておきましょう!

「出産後すぐに夜の仲良しをしても大丈夫?」→ NO!

出産後は、1か月検診で医師の許可があるまではできません。

医師の許可があったとしても、出産時に会陰切開をした場合は痛む場合もあるので潤滑液を使うなど痛くないか確認しながら慎重にすると良いと思います。

「生理が始まっていなければ避妊をしなくても妊娠しない」→ NO!

年齢や個人差がありますので、絶対ではありませんが出産後は妊娠しやすいそうです。生理がくる前に排卵していれば妊娠します。

かかりつけの産婦人科医によると産後の1か月検診で生理が始まらないうちに、妊娠が発覚なんてことも実際あったそうですから、きちんと正しい方法で避妊しましょう。

授乳中などで頻繁に起きている場合、正しい基礎体温を測ることはできませんので、基礎体温から安全日を知ることもできません。

「出産したらすぐに体重・体型ともに妊娠前に戻る」→ NO!

産後の芸能人で10キロ以上痩せたなどと報道されるので、出産後簡単に痩せてしまうかのようなイメージもありますが、そうはいかないのが事実。母乳をあげていると食べても食べても体重が減ってしまうという人もいますが、個人差はあります。産後のデリケートなときに体型のことは言わないであげてくださいね。

体重よりも開いている骨盤を戻し、半年を目処に戻すようにしていくほうがよいのです。

「出産後は体重も軽くなるのだから、元気だと思っている」→ NO!

『産後の肥立ち』という言葉があるように、体重の増減だけでなく女性ホルモンの影響から、身体には見えない大きな変化が起こっているのです。特に20代後半から30歳を過ぎる頃は、妊娠中でなくても若いときと違って疲れやすくなるものです。最低でも1か月は妊娠中と同じように自宅でゆっくりと、3か月〜半年くらいは疲れや不調を感じたら無理をしないようにしましょう。

私はもともと休みの日は、2つも3つも予定を入れて外出していましたが、出産後、同じようにしていたところ身体が疲れていることに気がつかず、帰宅してどっと疲れて寝てしまうということがありました。ですので男性が気付いてあげると良いと思います。

産後うつにも要注意です。奥様の身体を労わってあげながら子育ても協力してあげてくださいね。

引用元-夫が知る必要のある、産後に変化している女性の体のコト | パピマミ

妊娠中から体重変化に気を付けていれば産後の体重は気にする必要がなくなるって本当!?

妊娠中の体重変化に気をつけていれば体重はすぐに戻る

出産後にダイエットをすることを考えるのではなく、妊娠中に気をつけていれば、最低限の太りにとどまることができます。
必要なのは赤ちゃんに栄養を与えることですので、赤ちゃんが欲する以上の栄養を蓄えてしまうと太るのです。

全部赤ちゃんのために使ってしまえば、あなたの体は元通りということですね。

妊娠中は激しい運動も過度な食事制限ダイエットもできません。
食べながら体型を極力維持していきたいと考えるなら、バランスの良い食事を心がけましょう。

つわりもあるとは思いますが、1日3食きっちり食べましょう。
もし、あまりにもつわりがひどすぎる場合は、健康食品で補っていきましょう。

出産後の体重変化にも対応できる健康食品なら荒畑園の国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々 。
ミネラル、ビタミンが豊富に含まれているので、妊娠中の赤ちゃんの栄養としても十分です。

とくにミネラルは、髪の毛やツメなどの成長に必要不可欠な成分です。
当然赤ちゃんの成長や形成にも重要な成分になるので、体重を抑えながらと考えるなら、お茶を飲んでほしいです。

また、ポリフェノールが含まれているため、余分な脂肪分を燃焼させやすいのも特徴です。
赤ちゃんのための栄養をそのままにして痩せられるので、授乳中のお母さんにもおすすめです。

引用元-嬉しいことばかりじゃない!出産後の体重変化にビックリ : 燃えダイエット!やる気の炎で脂肪を燃やす

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ