時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

産後、体重が戻らない。完母なら楽々ダイエットじゃないの?

      2016/03/11

産後、体重が戻らない。完母なら楽々ダイエットじゃないの?

産後、気になるのはやはり体重。

一刻も早く戻したいけど……。

完母なら食べても痩せるって聞いたのに、なんで私は一向に戻らないの?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


Q:完母なのに産後体重が減らない

出産して2ヶ月ちょっとです。
完母ですが、全然痩せません。むしろ増量中。完母で育てた友達や姉妹から「どれだけ食べても痩せて行くよ!」「半年後はガリガリになってるよ!」と言われ調子にのって食べているからでしょうか?それとも本当に食べても痩せて行くのでしょうか????

もう一つ。
出産後からおへその中が黒くなっています。(もしかすると妊娠中から黒かったのかも・・・?)
これも、いつか消えるのでしょうか?
なんだか触るとサラッと触る感触がありますが、取れず・・・。
同じような経験された方、励ましてください。笑

引用元- 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

A:こんな回答がありました

おへそは覚えがないですが・・・・・・

体重は一緒です!私も完母でしたが、まーったく痩せませんでした。
私の周りも授乳中はうらやましい程にガリガリに痩せていきましたが、私は・・・・・
しかもお腹は空くので間食が増え、体重は増加。
さすがに増加はマズいだろう、と間食は少し気をつけることにしました。

結局卒乳するまで体重は妊娠前よりプラス2〜3キロ増でした。
でも! 完母で激痩せした友人達は卒乳後、体重が増加しましたが、私は卒乳後も増加はしませんでしたよ。
しかも、卒乳後の子育て(特に歩き出してから)で、子どもと一緒に活発に動くようになって、痩せ始めましたよ。

でも、もしかしたら、主様のベイビーはまだ二ヶ月。
主様が痩せるほど、たくさんのミルクが飲めないだけかもしれませんよ。
もっと大きくなると、たっくさんミルクを飲みますから。

大丈夫!! ちゃんと痩せる日はきます!
赤ちゃんにおいしいミルクをあげなきゃいけないんだから、今はおいしい物をいっぱい食べればいいんですよ〜!!

引用元- 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

母乳育児でも産後体重が減らない理由

母乳を赤ちゃんに飲ませることでダイエットを行うことを授乳ダイエットと呼びます。
 
 
意識して運動をしなくても、母乳だけで痩せることができるので人気のダイエット法なのですが、
中には痩せない例もあります。
 
 
その原因が「差し乳」です。差し乳だとなぜ授乳ダイエットが成功しにくくなるのでしょうか。
それは母乳の出が悪くなるからです。
 
 
差し乳かどうかの見分け方は、乳房が張るかどうかでわかります。
 
出産した後にあまり胸の張りを感じない人や、母乳を絞ってもあまり出てこない、
にじむような母乳しか出てこない人は差し乳の可能性が高いでしょう。
 
差し乳は最初からその状態の人もいれば、最初は母乳がよく出る状態が数か月続き、
次第に母乳の出が少な目になってくるパターンも多いようです。
 
授乳ダイエットをしたいなら、最初の数か月が勝負ということになりますね。

引用元-母乳ダイエットで痩せない原因は差し乳

産後に体重が増える原因とは?

産後はやせやすい時期のはずなのに、産後太りになってしまう人がいるのはなぜなのでしょうか?

1 ストレスが溜まりやすい

初めての育児の場合は特に、「ちゃんと育てていけるのだろうか」などと不安になるものです。自由な時間が少ない分、ストレスの発散方法が食べることになってしまうことも… ストレスが原因で、摂取カロリーが多くなって太ってしまいます。

2 基礎代謝が低下している

妊娠中は、お腹が大きくなって動きにくかったり、赤ちゃんのことが心配で動かないようにしていたり、運動量が減ることによって筋力が低下しやすいです。 筋肉が落ちて基礎代謝が低下していることも、産後に太る原因です。

3 妊娠中の食習慣の変化

妊娠中に「二人分」と言って、たくさん食べていた人もいると思います。妊娠中に食事の量が増えてしまう人が多いのですが、出産後も妊娠中の食習慣を続けていたら、やはり産後太りになってしまいます。

引用元- ダイエットSlism

産後の体重管理―定時に3食は忘れて

本来なら、栄養バランスのとれた食事を1日3食、定時に摂取するのが理想的です。
真面目な方ほど産後であろうと規則正しい生活を死守する為に頑張ってしまいますが、妊娠中・授乳中は例外ですから、定時に3食は忘れてOKです。

産後は赤ちゃんの世話でとにかく休む暇もありません。それに体調が戻らない方もいて、食欲がない場合もありますよね。逆に食欲旺盛でドカ食いしてしまう頼もしいママさんも。

いずれにしても、産後暫くの間は、食事の回数を3回以上に管理しましょう。

間食ばかりしょっちゅう食べるのも問題ですが、1日に食べる量や内容を事前に決めておき、数回に分けて食べればカロリーオーバーすることもありません。しかも、数回に分けて食べることで胃腸に過度の負担がかかることもありません。何度も食事することで身体を飢餓状態にしないダイエット方法もあるぐらいですから。

引用元-産後は食事回数にこだわらず、環境や体調に合わせてダイエットを行いましょう。

完母でも痩せないのは食事の所為?

授乳が始まると痩せる、そう信じて疑わない方は多いものです。

でも、そんな反面「完母なのになぜ痩せないの?」そう悩む方も同じようにおられます。

あなたが産後2ヶ月程度で、授乳を始めたのに体重が減らないというのであれば、食べていないという事が原因かもしれません。

「何言ってるの?ちゃんと食べてるわよ!」

あなたがそんな風に思っていても、出産によるあなたの身体へのダメージは、考えているよりもずっと大きなものです。産後2ヶ月くらいまでは、あなたが出産で負ったダメージを回復するために、とても大切な時期になります。体型や体重を戻すことを焦りすぎて、ダイエットを始めたりしてしまえば、今後の体型戻しに深刻な影響を与えてしまいます。

子宮は3、4週間程度で元の大きさに戻ると言われていますが、肝心のホルモンバランスはまだまだ不安定な状態が続いています。

この時期は、いわゆる「マタニティブルー」にもなりやすい時期です。

そりゃそうですよね、一日中赤ちゃんのお世話は必要で、寝る暇もなく疲れもたまってきてしまいます。そんな時にダイエットするなんてもってのほかと言うのが常識です。

この時期はしっかり食べて栄養をあなたの身体に補給する事が、ダイエットになるんです。
あなたはこの産後2ヶ月の忙しい時期、いったい何を食べていますか?

3時間ごとの授乳の合間に食べるのですから、簡単に摂れることが必要です。

でも、だからといっておにぎりやうどんお餅なんかばかり食べていませんか?

これでは、いくら食べていると言っても栄養が偏りすぎていて、肉や魚などのタンパク質が不足してしまいます。

引用元-あなたが痩せないのは、ダイエットの成功の秘訣を知らないだけです。

産後に体重を戻す方法とは?

Q. 産後太りを早く楽に戻す方法ってあるの?

A. 自然と痩せる母乳にまさるものなし!おなかがすくので食べ過ぎに注意☆

「母乳を飲ませまくりました!!!長男のときは半年で元の体重にもどり、なぜかズボンのサイズがひとつダウン。とにかく母乳!母乳!母乳!です」(みさきけんしんさん)

「産後2〜3カ月経っても妊娠前のズボンが履けなくて焦り始めました。母乳のためと丼並みにご飯を食べていたのが原因だと気づき、普通の量に戻したら体重も元に戻りました」(keloveさん)

「体型を考えないのなら母乳育児で十分です。体型を考えるならまずは産後に骨盤を締めること。私は帝王切開だったので産後1ヶ月からしばらく整体に通い、母乳もあげていたおかげで産前よりスタイルがよくなりました」(プレママうさぎさん)

「今産後3ヶ月で産前よりちょっと痩せたくらいです。特別な運動はせず完母で、痩せるというよりやつれました(笑)」(ちなマムさん)

まさに、母乳よ、母乳よ、母乳さま〜。栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんに与えるだけのラクちんダイエットに勝るものなし!ですね。母乳がたくさん出るママは痩せすぎに注意しましょう(笑)。

でも母乳で体重は減っても体型が戻るとは限らないのがツライところ(>_<)。特に手ごわいのはおなかのた・る・み。 さらに卒乳後のリバウンドがくると大変なことに!  でも母乳ダイエットに適度な運動や骨盤矯正をプラスして、出産前よりスタイルがよくなったママの声もあるので、これをチャンス!と思ってがんばりたいものです。
引用元- GOO.N MOM コミュニティ

産後、完母神話に囚われないで

母乳のメリットが大きく取り上げられるようになった今、産院では、当然のように母乳を飲ませるように指導されます。

母乳の量が足りなくてミルクを足す時も、「今はミルクを足しているけど、頑張って母乳だけでまかなえるようにしましょうね」というのが基本的な姿勢ではないでしょうか。

頑張れば誰でも母乳が出るようになる、という指導をされることもあります。しかし、それで母乳が出なかったら「私はダメなママだ」「私が頑張ってないから出ないんだ」と思い込んでしまうママは多いでしょう。

「母乳が出ない時はミルクでもいいんだよ」と肯定してくれる人が少ないことも、母乳育児に悩むママを追い詰める原因ではないかと感じます。

情報の偏りもひとつの原因?

雑誌やネットを見ても、母乳を出すためにどうすればいいかというテーマのサイトやブログがとても多い割に、混合栄養やミルク育児についての情報は少ないのが現実です。

母乳が足りない時はミルクを足しましょう、と言うと、「それではますます母乳が出なくなる!」と反論され、ミルクが悪者扱いされてしまうこともあります。

世間がミルクに対して持っている、ある種の嫌悪感や、母乳は出るもの、出さなければならないもの、という思い込みは、初めて授乳する新米ママにかなり影響するでしょう。だから、母乳が出なくて悩んでいるママたちはどんどん追い詰められていくし、「母乳でなければならない」という思いを強くしてしまうのではないでしょうか。

問題は「完全母乳」にこだわりすぎること

しかし、母親だからこそ母乳で育てたいと思うのは当然ですし、そこは否定されるべきではありませんよね。
問題なのは、そこから「完全母乳でなければならない」という考えに至ってしまい、赤ちゃんの成長や健康を二の次にしてしまうことです。

引用元- BabyNET

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ