時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

独身者の一人暮らし 賃貸と分譲マンションのどちらが良い?

      2015/12/20

独身者の一人暮らし 賃貸と分譲マンションのどちらが良い?

様々な生き方ができる現代ではありますが、住む場所に関する決断は、一人暮らしの独身者にとって大変重要な問題です。

賃貸物件に住み続けること、対して分譲マンションなどの”自分の家”を購入すること、どちらが将来的に考えて安心・安定していると言えるのでしょか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

給料が振り込まれてない!?退職後の給料に関する問題やその解決策

給料日というのは、働いた以上毎月決まった日にかならやってくる...

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

スポンサーリンク


このまま独身かも… 一人暮らしする”家”はどうすべき?

男性も女性も、独身のままある一定の年齢に達すると、「このまま一生独り身で暮らすことになるかも」と考えるようになります。

それが30歳なのか40歳なのかは、人それぞれの環境にもよりますが、将来に対して備えを始めるのは、早すぎる年代ではありません。

むしろそうした”備え”は早ければ早いほど、将来の安定に繋がります。

となると、考えるべきは今後の資産の構築方法です。

何歳まで何処で働き、その間にどれほどのお金を貯めておくべきか、そして不動産などの資産を購入するかどうか、等です。

特に一人暮らしをしている・考えている人は、今後済む住居について考える必要があります。

つまり、この先ずっと賃貸物件に住むべきか、それとも分譲マンションといった生涯暮らすマイホームを購入べきか、です。

住宅の購入は、多くの人達にとって一世一代の決断を必要とします。

まして、気軽に買えるような安いものでもないため、簡単に決断できる問題でもありません。

では賃貸と分譲マンション購入のメリット・デメリットを見てみましょう。

賃貸物件に一人暮らしする時のメリット・デメリット

まず賃貸物件のメリットはどんなものか見ていきましょう。

・初期費用が押さえられる
・ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる
賃貸物件を借りる際、必要なお金は家賃の5〜6倍を目安にするといいと言われています。

実際に一人で住むような間取りを考えると、家賃は7,8万程度が一般的とされているため、多めに見積もって50万程度の初期費用になります。

会社員として働いていると、転勤・転職といった生活環境の変化は常に起こりえます。

また将来的に結婚しない可能性がないわけでもありません。

賃貸物件に住んでいると、そうした変化に柔軟に対応できることが強みです。

では、賃貸物件のデメリットは何でしょうか?

  • 資産的価値がない
  • 大抵2年毎に契約更新が発生し、経費がかかる他、家賃が上がる可能性がある
  • ”借り物”であるため、リフォームなどが出来ない(し辛い)
  • 契約時に保証人が必要だったり、年齢が上がると借りづらくなる

賃貸物件は、何年住もうとも結局は借り物であり、大家の都合に合わせる必要があります。

また高齢の独居者に対しての風当たりは強く、後々引越し先が見つかりにくい状況に陥る恐れがあります。

分譲マンションを購入し一人暮らしする時のメリット・デメリット

それでは、分譲マンションを購入し、一人暮らしする場合のメリットはどんなものでしょうか?

  • 自分の資産となる
  • 賃貸物件よりも良い条件の設備や住居環境が期待できる
  • リフォームなどを自分の都合に合わせて行える

分譲マンションはローンさえ終わってしまえば、その部屋はそのまま自分の資産になります。

条件によっては、売却も、人に貸すことも可能ですし、自分の終の棲家にすることも出来ます。

資産があることは大きな強みと言えるでしょう。

また賃貸物件よりもいい設備や環境が整えられていることが多いこと、リフォームも気兼ねなく行えることは実は想像以上に大きなメリットとなります。

そんな分譲マンションのデメリットは以下の通りです。

  • 初期費用(頭金)がかかり、長期的ローンを抱えることになる
  • 固定資産税や修繕費など、購入資金以外の支出も増える
  • 築年数により価値が下がっていく
  • ライフスタイルの変化に融通がききにくい
  • 周辺環境の悪化や住民トラブルが起きた時、簡単に引っ越せない

分譲マンションを購入すると、その後のライフスタイルが固定されてしまうことが一番のネックになります。

ローンを払い終えるまで現在の収入を保てる確証がない限り、手軽に手が出せないことも、デメリットと言えるでしょう。

賃貸か分譲マンションか… どちらが金額的に”オトク”?

メリット・デメリットを見てきましたが、結局、独身者が一人暮らしをするには、賃貸物件と分譲マンションの購入のどちらがオトクなのでしょうか?
まず、家賃の面から考えてみましょう。

月8万円の家賃の賃貸物件に、30歳から65歳まで住み続けることを考えてみると、単純計算で3360万円の家賃を支払うことになります。

勿論、更新の度に更新料が発生するのがほとんどですから、2年の更新ごとに8万円が追加されるため、35年を通して560万円のプラスになり、約4000万円かかる計算になります。

これを分譲マンションの購入に当てはめてみると、2500万円程度の部屋の購入代金と同程度と言われています(35年分の税金や共益費・修繕費などを含めた金額)。

が、65歳の定年後も住む場所は必要ですから、毎年96万円の家賃が確定している賃貸物件よりも、それよりも安価な維持費の分譲マンションを購入した方が、結果的に見て得である、と言えるでしょう。

勿論、この計算は単純計算でしかなく、ローンの金利の変動や積立金以外の費用が発生することもありますから、物件を購入する際には自分の現在の収入をベースに考える必要があります。

収入を過大評価せず、地に足がついた将来設計をしよう

分譲マンションを購入する際には、スタートダッシュで大きな差が付きます。

頭金を多く支払うだけローンの返済額は減りますし、金銭的に余裕がある時に繰り上げ返済を行うことで、当初の予定よりも安価に済ますことが可能です。

現在、手元にある程度の貯金があるのであれば、分譲マンションの購入資金にするのも一手です。

ただ注意したいことは、「家賃並みの返済額」というローンの文字。

30歳に購入するとして、定年まで35年間、確実に家賃と同程度の返済金を用意できる確証がない限り、無理なローンを組むことは避けなければいけません。

一般的な収入の独身者が買っていい物件の金額は2000万円以下がよい、という話もあります。

老後に家賃を支払う必要がないとは言え、食費や光熱費など、その他の雑費は生きている以上発生します。

今後の年金も、どのような仕組みに変わるかも分かりません。

ですから、ローンの返済額と老後のための蓄え、両立できる金額を目安にするようにしましょう。

賃貸物件にするか分譲マンションの購入にするか――大きな問題ですが、どちらを選ぶにせよ、地に足をつけた将来設計をするよう肝に銘じましょう。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ