時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

江戸時代に武士はどのくらいの割合でいたのか

      2015/11/21

江戸時代に武士はどのくらいの割合でいたのか

江戸時代は約260年続きました。

もともと軍事にたずさわっていた武士は、この260年続の間に何をしていたのでしょうか?

そして、当時はどのくらいの割合で存在していたのでしょうか?

今回は、そんな武士の素顔を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


江戸時代の武士の素顔を知ろう

テレビの時代劇などに出てくるので、武士のことをまったく知らないという人はいないでしょう。ちょんまげを結って刀を持っているという、漠然としたイメージは持っているでしょう。しかし、その素顔となると意外と知られていないかもしれません。

江戸時代の武士の一般的な衣装に裃(かみしも)というものがあります。これは多くの人が知っているでしょう。ただし、当時の武士はいつもこの裃を着ていたというわけではありません。これはいわゆる通勤服。役所などでこの服を着ていました。

武士には特権が与えられていました。それは、苗字を持つことです。当時の平民は苗字を持ちませんでした。そのため、明治になって多くの人は苗字を持つことになりました。そのなかには、地名にちなんだ苗字も少なくはありません。この他にも、刀を持つことも許されていました。

従来の武士は主に戦で手柄をたてることで収入を得ていました。しかし、戦いがなくなった江戸時代ではそうはいきません。多くの武士は、いまでいう公務員のように幕府や蕃の役職について給料をもらっていました。

江戸時代の武士は普段は何をしていたのだろう

本来は軍事にたずさわる武士は、平和になった江戸時代には普段は何をしたいたのでしょうか。気になる人も多いでしょう。

江戸時代の武士は現代のサラリーマンのように、月曜から金曜まで、朝は9時から夜は5時まで働いていたというわけではありません。なぜなら、そんなに仕事はないからです。それでも、江戸の武士にはそれなりの仕事はありました。

しかし、地方の武士になると仕事は限られていました。なぜなら、幕府の許可がなければなにもできないからです。それを聞くと、いまの日本を連想する人も少なくはないでしょう。

このように、多くの武士はやる仕事がそれほど多くはなかったということです。つまり、暇だったのです。では、当時の武士たちは何をして暇をつぶしていたのでしょうか?

一番多いのは、芝居見物でしょう。その他にも、いまでいうアウトドア派なら釣りを、インドア派なら俳句などをたしなんでいました。なかには、博打に手を出す武士もいました。これらは、テレビの時代劇では見ることのできない武士の素顔といえるかもしれません。

江戸時代にいた武士の割合はどのくらいなのだろう

ネット検索すると色んな説が出てきます。なので、ここでは教科書に載っている記述を見て行くことにしましょう。

まず、江戸時代の人口。約3000万人としているところもあれば、約3200万人としているところもあります。その差は200万人。現在のように統計資料が整っていないという背景を考えれば仕方がないことかもしれません。

武士の割合は約7%。これはいずれも同じです。この数字を見て思ったよりも少ないと感じた人もいるでしょう。1割にも満たない人たちが国を治めてしたのですから。

百姓の割合は約84%、85%としているところもあります。この数字を見れば、江戸時代の人のほとんどは百姓だったということが分かります。

町人の割合は約5%、6%としているところもあります。町人の割合も思ったよりも少ないと感じた人もいるでそう。町人の人口は武士の人口よりも少なかったのです。

この他に、差別された人々が約1.5%、公家、神官、僧侶が約1.5%の割合でいました。

江戸時代の武士が経済的に苦しかった理由

平和になった江戸時代になると、多くの武士は経済的に苦しい状況に追い込まれました。それにはいくつかの理由があります。

一番大きいのが、石高制度の問題点。一部の身分の低い武士は、給料をお金でもらっていました。いまのサラリーマンが給料を銀行振込でもらうのと同じです。物価が変動しなければもらう給料の価値は安定します。

一方、身分の高い武士は給料をお金ではなくお米でもらっていました。これはいわゆる現物支給のようなもので、いまの日本の社会では考えられないことです。米の値段と一石の値段が同じなら、先の例と同じようにもらう給料の価値は安定します。

しかし、江戸時代も中期になる状況は変わってきました。いままで安定していた物価が上昇したのです。給料としてもらう石高は変わらず物価だけが上昇すると、もらう給料は目減りしてしまいます。これが、武士が経済的に苦しくなった大きな理由です。

この他にも、給料として決められている石高と実際に受取る米の量が違う場合もありました。さらに、米の収穫量というのはその年の天候に大きく左右されます。そのため、給料が安定せず、武士は経済的に苦しくなっていったのです。

一定割合の武士が内職や副業に励んでいた

先に説明したように、給料を米でもらっている武士の中には経済的に苦しくなる者も少なくありませんでした。そのため、中には内職や副業に励んでいた武士もいます。

現代のサラリーマンと同じく、当時の武士も副業は禁止されていました。ただし、生活費を稼ぐための内職は黙認されていたようです。武士は経済的に苦しいけれど、武士の屋敷には広いので農作物を栽培するには困りませんでした。しかも、役職についていない武士な多くの時間をもてあましていました。そんな武士にとって、農作物の栽培は格好の内職になったことでしょう。

これら以外の内職として傘張りがあります。これはテレビの時代劇などによく登場するので、知っている人も多いでしょう。また、空いている屋敷を旗本などに貸し出して家賃収入を得ていた武士もいました。

まとめ

江戸時代の武士にはテレビの時代劇では分からない素顔がありました。

天下泰平といわれる江戸時代の武士にも、それなりの苦労というものがありました。

さて、あなたは江戸時代に生まれたとして武士になりたいと思いますか?

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ