時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

気をつけて!女性の多い職場で押さえておくべき心理的ツボ

      2015/07/27

気をつけて!女性の多い職場で押さえておくべき心理的ツボ

女性の多い職場は華やかですが、色々と見えないところに沢山の苦労があるようです。

その中に潜む心理とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

スポンサーリンク


女性は心理的にいろいろ微妙

女性は色々な意味で仲間を作ろうとします。男性なら気が合わない相手とも仕事と割り切って付き合え、仕事に私情を挟むことはあまりないようです。女性はそういう割り切り方が苦手なのかも知れません。
自分より優れていると思うとあら捜しをする
まわりの評価が高い人に嫉妬心や対抗心を意地悪な形で出す
はっきり異を唱える人を嫌がる
恋人や家庭が充実している人をねたむ
仕事以外での付き合いが悪いと仲間はずれにする
女性社員でのトラブルは、そういうターゲットを見つけてしまうところから始まるのではないでしょうか。
仲間意識のうらにあるものとは
複数の女性社員がいるところでは多かれ少なかれ、グループのようなものができます。仲間が皆同じ考えであること、同じ価値観でいることで女性は安心できるのです。だからスタンドプレー(自分はそのつもりはなくても)に対しては非常に厳しい視線になるのです。
男性社員から見れば面倒くさいかも知れませんが、もともと女性はとても細かいところに目が行き届く性質があります。自分の居場所で自分の役割をスムーズに果たし、まわりも居心地よくしたいと気配りする動物なのです。

引用元-−-生活の知恵があつまる情報サイト nanapi

本音は決して明かしてはいけない

若くても年をとっていても、女が作る“コミュニティ”には一定のルールがあります。まず、「グループ」の人間関係が固定されたら新参者は受け入れないこと。その中の1人と個人的に仲が良かったとしても、「グループ」単位で動く時は別々になっていたりします。
そしてその「グループ」内で人間関係トラブルがあった場合、だいたいハブられた子は今いるグループより下位のグループへ左遷されることになります。
だけど先に述べたように「グループ」は新参者を受け入れにくい体制になっているので、左遷された子は行き先がなくなることも少なくありません。
だからオンナ同士はハブられないように気を使い、空気を読み、表立ってはケンカしないのです。苦手な人や嫌いな人に対しても、あくまでも「あの子は悪い子じゃないんだけどさー」というスタンス。
このルールの適用年齢は幅広いですよ。小っちゃい幼稚園児からパートのおばちゃんまでをカバーしていますからね。(それ以上の年代はよく知りませんが、たぶん似たようなものだと思います。)

引用元-−-女性の美学

女性と仕事をする時に気をつけなければいけないこと

心理的違い
男性社員と同じように接して、顔色を変えさせてしまった経験を持った人もいるのではないでしょうか。職場では男女関係ないと言いたいところですが、やはり心理的に女性と男性は違うものです。
普段の会話から気をつけていきましょう。
話題もプライベートな話題は深くしないことをお勧めします。多くの女性はプライベートと仕事を分けることがあり、プライベートな話題に対して嫌悪感を示します。
女性の井戸端会議を想像してみてください。
女性の話題の中心は噂話や悪口ではないですか?女性は自分のことより他人のことの方が楽しいと感じる生き物なのです。
考え方の違い
叱る時も叱り方も注意しましょう。
女性に対して頭ごなしに叱っても女性は納得しません。
女性は男性に比べて、論理的に考えます。
叱るべき事柄に対して、なぜ叱るのか、どのように対処すれば良かったのか、とひとつずつ論理立てて建設的に話すようにしましょう。叱る時に相手がなぜ叱られているのか、理解しない限り相手はただ精神的に傷つくだけになってしまいます。今後、前向きに考えて仕事に取り組んでもらうためにも考えて叱りましょう。

引用元-−-コミュ障を吹っ飛ばせ! コミュニケーションを円滑にハッピーライフ☆

周囲と感情を上手に同調させる

file000324750683

女性同士の縛り合いは、共感回路が働くことで、かなり深いところまで手を突っ込まれる形となるため、逃げ出せない部分が多くあり、それらが、複雑に絡みあうことで、さらに人間関係は疲れた状態を長引かせ、泥沼化してしい、悪循環となって、職場環境も飲み込みながら、ストレスの元を広げていってしまうのです。
共感回路は、相手の痛みや苦しみ、喜びなどを、共に感じるというものですが、人間は人それぞれ、経験値や育った環境、考え方や生き方などが違います。
当然なのですが、この違いを理解しない女性は、同じ共感力でも、分からないものに対しては、威圧的な態度を取っている場合があるわけです。
そうすると、これも敏感に感じ取ってしまう女性同士の職場では、人間関係がさらに複雑になっていき、もう疲れたと思っても、どうしようもないループにハマって抜け出せないという、表現しているだけで、疲れたと感じるほどの環境を創りだしてしまうのです。

引用元-−-働く女性の味方.com

相手を格付ける女性の心理

 他愛もない女性同士の会話で、ふと感じるつかみどころのない“違和感のある物言い”にモヤモヤ……。会話を楽しみたいのに、なぜか心が疲れる。そんな経験を持つ人も少なくないのでは?
「もしかしたら、その正体はマウンティングかもしれません」。そう話すのは、“マウンティング女子”の名づけ親で漫画家の瀧波ユカリさん。「小さな優越感を感じたいために、自分のほうが上だとアピールする」マウンティングは、女性同士に起こりやすい現象だという。ジャーナリストの白河桃子さんは、その理由をこう分析する。
「社会的な地位や収入で単純に格付けが決まる男性と違い、女性は、結婚や出産、彼氏や仕事、美しさなど、いろんな“幸せ軸”が入り混じります。『あの人は課長だけれど、私は結婚して子どもがいて幸せ』というように、置かれた環境で価値観も変わるため、幸せの基準が曖昧で移ろいやすい。だからこそ、自分の立ち位置を常に確認しようと他人を格付けしたり、マウンティングで自分の幸せを相手に認めさせたりしたいのでしょう」

引用元-−-日本経済新聞

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ