時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

排卵日は基礎体温が低下する?自分の周期を把握して快適に!

      2016/01/01

排卵日は基礎体温が低下する?自分の周期を把握して快適に!

子供が欲しい!避妊がしたい!ホルモンバランスを整えたい!など、自分の体のリズム・排卵の周期を知ることは女性の体を管理するのにとても大切です。

また、このホルモンの影響で体温の低下、体調や精神状態などにも影響があると言われています。

基礎体温を記録して、自分の周期を見つけ、快適な女性ライフを送りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


基礎体温でわかること

基礎体温は朝、目が覚めて立ち上がる前、まだ身体の細胞が動き出す前の安静状態で測る体温のことです。

できるだけ、毎日同じ時間に測ることが大切です。

基礎体温計はホルモンの数値を測るものですので、通常の体温計とは異なり、舌の下側に入れて計ります。

ホルモンの動きによって変化する体温は、0.3〜0.5度という、かなり細かい数値の温度変化です。

毎日続けて測定し、約3ヶ月ほど体温変化の記録をすれば、自分の体のリズム、月経周期、排卵日、女性ホルモンの動きなどを予測できるようになります。

基礎体温をつけることで、生理の周期がわかり、排卵期を予測できるため、妊娠や避妊対策の目安にもなります。

また、ホルモンバランスの乱れも予測できるため、PMSと言われる月経前症候群による心身の不調を抑えられます。

例えば、過剰な食欲を抑えたり、イライラやうつ、興奮や不安などのメンタルの乱れをケアすることもできます。

また、更年期障害の早期発見にも役立てることができますので、体調の乱れも事前に予測・予防することができます。

基礎体温と排卵の周期

基礎体温を毎日数ヶ月記録すると、自分自身の体温の変化と、生理の周期が明確になります。

一般的に、28日と言われていますが、個人差があり、25〜35日くらい一つの生理周期です。

生理周期は卵胞期、排卵期、黄体期、月経、の4周期で構成されています。

基礎体温で分けると、低温期と高温期のニ相に分かれています。

月経の後、卵胞期が1週間程度あります。

月経期と卵胞期は基礎体温が低い低温期にあたります。

卵胞期は女性ホルモンの一つである、エストロゲンが分泌され、卵巣の中で、卵胞が成熟する時期です。

卵胞が成熟しきると、卵胞は破裂し、その中から卵子が飛び出します。

それに合わせて基礎体温が低下し、排卵期がスタートします。

この時期が最も妊娠しやすく、それ以外の時には妊娠の可能性はなくなりますので、妊娠希望の方は基礎体温を測って排卵期を把握しましょう。

卵胞から飛び出す卵子は一つだけで、大きさは約0.1mm程度。

卵子が飛び出す時は卵巣に大きな負担がかかるため、腹痛や食欲不振を訴える方も多いでしょう。

その後、基礎体温が上昇するにつれ、黄体期が訪れます。

おうたいきは、受精した卵が着床する時です。

排卵期から黄体ホルモンが増え始め、卵胞ホルモンは減少していきます。

黄体期は2週間程度続き、その後、着床しなければ再び月経期が訪れるという仕組みです。

排卵の周期と心身の変化

排卵の周期が4つの時期に分かれていることは先ほど説明しましたが、この周期にそって、心身の浮き沈みが見られますので、むやみに落ち込んだり影響される前に、どういった変化が起こりやすいのかを把握しておきましょう。

まず、月経中は頭痛やむくみ、子宮の痛みなどで貧血になったり、体の抵抗力が落ちます。

また、気分的にも憂鬱になりがちです。

肌荒れも起こりやすい時ですので、油っぽい食べ物や刺激物は避けたほうが無難です。

排卵期になると女性ホルモンとも言われる卵胞ホルモンが多く分泌されるため、心身の状態は良好で、自律神経も落ち着きます。

また、制欲が高まる時でもあります。

肌のつやも良くなりますので、この時期は快適に過ごせます。

排卵期が終わると黄体ホルモンの分泌が増えますので、下腹部に不快感を覚える人もいます。

脂肪が燃焼されにくくなり、感情の起伏が激しくなることも。

月経の前になると、ホルモンのバランスが変動しますので、PMSと言われる月経前症候群の時期を迎え、イライラしたり、憂鬱な気持ちになる方も多いです。

また、不安定な精神状態をごまかそうと過食になる人もいます。

血行が悪くなり、むくみが出ますので、クマやくすみが目立つ場合があります。

体温が最も低下する日が排卵日?

基礎体温の周期を見ると、排卵期は低温期ですがそれでもガクッと基礎体温が低下する日があります。

その日を排卵日だと思われている方が多いですが、実は、この日が排卵日である確率は約30%程度。

その翌日、体温が少し上昇を始めた日が約40%と言われています。

何れにしても、排卵日を挟んで1週間程度は排卵期と呼ばれ、妊娠の可能性が最も高くなります。

ですので、妊娠を考えている方は、基礎体温を毎日計り、グラフにして基礎体温の変動やリズムを把握することが有用です。

また、妊娠を望まない方も、排卵期を避けることで、妊娠を回避できます。

計り忘れたり、これからつけるけどその前に今すぐ知りたい!という方には、インターネットで過去の生理開始日などを入力すれば排卵期を予測してくれるサイトや、産み分けの最適日を算出してくれるサイトもありますので、それを利用するのも一つの方法です。

基礎体温とは別に、卵子は通常、黄体形成ホルモンの濃度が上昇して36時間後に放出されると言われています。

黄体形成ホルモンは子宮内膜を保つためのホルモンです。

放出された卵子が受精する期間は12時間程度とかなり短いので、妊娠は奇跡的、赤ちゃんは天からの授かりもの、というのは間違いありませんね。

妊娠しても基礎体温が低下する?

排卵期に受精し、黄体ホルモンによって形成された子宮内膜に受精卵が着床すると妊娠となりますが、この場合、基礎体温は、黄体期の高温期に入っているため、そのまま、高温を保つのが一般的です。

ところが、ホルモンの関係で着床時に基礎体温が一時的に低下する現象があります。

これはインプランテーションディップと言われるもので、妊娠をして、高温期の中頃、7〜10日目頃に1〜2日だけ、基礎体温が下がります。

また、着床した際に出血をしたり、茶色いおりものが出る場合もありますので、注意が必要です。

ところで、すでに妊娠がわかってからも基礎体温が低下する場合があります。

これは胎盤の形成が完成し、黄体ホルモンの分泌が下がったことが原因の場合が多いです。

中には、妊娠後のホルモンバランスの変化や体調の変化による基礎体温の低下もあります。

この2つが原因の場合は特に心配をする必要はありませんが、この基礎体温の低下が1週間以上続く場合には他の原因も疑われますので、病院での受診をお勧めします。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ