時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

彼女が嫉妬深いんです。怒る彼女への謝り方

      2015/07/17

彼女が嫉妬深いんです。怒る彼女への謝り方

デート中、なにげないあなたの一言で、彼女のご機嫌が悪くなったこと、ありませんか?

嫉妬深い彼女にとって、怒ることは愛情表現のひとつ。

ここは彼女の気持ちを察して、さらに仲良くなれるようきちんと謝りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


そもそも彼女が怒る原因って何

「彼女が突然キレる」なんてことは、間違いなのです。彼女は徐々に怒って最後に爆発しただけなのです。彼女はずっと前から信号を発していたのにあなたが気付かなかっただけなのです。

あなたは彼女の異変に気付いていないという事実を反省しましょう。彼女にもっと興味を持つべきです。彼女は、彼女が出している信号に気付かないあなたに怒りが爆発してしまっているのです。

多くの女性は、好きな男性との争いを好みません。特に付き合い始めの頃は、少しくらい「嫌だな」と思ったことは我慢してしまいます。でも、「今のはちょっと嫌だな」という気持ちを直接的ではなくニコやかにさりげなくちょっとだけ意志表示しています。

男性が気付かない場合も、初めは「まあ、いいか!」なんて思ってしまいます。それでも何度も何度も繰り返されれば、突然ムッとしたり、黙り込んだりすることもあるでしょう。それでも受け流されてしまったら、次に同じ事が起こった時には、男性から見て「突然キレる」現象となるのです。

そもそも女性はあなたの事を愛しているほど不安が怒りとして現れることが多いのです。「本心を言ったら嫌われる!」という気持ちの表れでもあります。さらに言葉と心が裏腹な事も多々あります。

だから、「怒った=ショック」だと思いましょう。そう思ったら、わからなくても「女性の心はデリケートなのだ」と理解し、どういう事が嫌なのかを学習しましょう。それが男の思いやりということです。

引用元-−-MEN-ZINE

彼女の嫉妬ってどんな時に爆発?

1.過去の女性遍歴

多くの彼氏には、過去お付き合いしていた女性がいるはずです。どんな出会いで付き合い始めたか、どのくらい一緒に過ごしたかなど、とても気になってしまうのが、女性特有の嫉妬です。

その理由として、また同じように女性と知り合って心惹かれ、振られてしまうんじゃないかという不安感があります。そして付き合った年数など、一緒にいた時間に対しての嫉妬は、今までの彼女の中で1番になりたいという理由から出てきてしまう嫉妬心です。

女性は、いつも彼氏の1番でありたいものです。それを感じられない場合、嫉妬心が過剰に出てきてしまうのです。

2.元カノとの思い出

男性は今を見つめ、女性は過去も含めて物事を考えるといわれています。

あのお店良かったよとか、あの場所の景色はとても綺麗だなど、過去に行ったことがある話を聞いてしまうと、元カノと行ったに違いないと勝手に決めつけ、会ったことがない元カノの姿が浮かんできて、彼氏と仲良くその場所にいるという厄介な妄想を繰り広げてしまうのです。

しかし中には、元カノを直接知っている人もいます。その場合の嫉妬は、彼氏には想像できない程大きな嫉妬があって、それを消し去るには、彼女一人ではどうすることもできないことが多いです。

元カノの存在を彼女から消し去るには、彼氏の協力も絶対に必要となるのです。

3.同棲してた事実

好きな人と、一緒に生活を共にするというのは、恋する女性にとって夢のような話です。

自分は彼氏と一緒に住んでいないのに、彼が過去に女性と住んでいたと聞いたら・・・彼女の中に嫉妬心は必ず芽生えてくるでしょう。

理由の一つとして、一緒に生活をすると、デートしているときには見られない表情や態度を見ることができるからです。自分が知らない彼氏を、ほかの女性は知っているというのは大きな要因です。

過去の事を割り切りたくても、たまに思い出してしまって嫉妬して・・・の繰り返しに、実は彼女自身が一番繰り返したくないと悩んでいるのです。

4.女友達の存在

女友達の存在をどこまで認めるかによって、嫉妬の気持ちに多少差がありますが、やはりほとんどの人が女友達の存在を気になるものです。

ちょっとしたメールや、仲間との飲み会ぐらいは良いけど、二人っきりで会うというのは避けて欲しいと願っています。

二人っきりというのは、二人だけの閉ざされた時間です。友達として彼氏が見ていても、女性が彼氏を男としてみていたら、友達関係は成立しません。そこで意気投合して気持ちが行ってしまわないかなど、彼氏のことを信じていても、余計な考えが出てきてしまうのです。

二人っきりという行為は、彼女に不安を与え、嫉妬心をより一層大きいものにしてしまうのです。

引用元-−-LOVEJOJU

嫉妬深い彼女とのつきあい方

AL009-kabedon500-thumb-815xauto-5361

嫉妬深い彼女の対処法は、その彼女をどれだけ好きかによって変わってくるものです。

彼氏が「もうこの彼女しかいない!」なんて考えているのであれば、そのカップルはちょうどいいバランスを保つことができますし、お互い幸せだと感じるでしょう。

注意が必要なのは「自由な時間はないのか」と不満を感じている彼氏です。

いくら彼女のことを愛していても、自分の時間がないのは我慢できない!という人もたくさんいます。

その時はきちんと相手に伝えることです。

どんなに親密な中でも、こういったことは言葉にしないと決して伝わらないからです。

態度や振る舞いで察してもらおうなんて甘い期待は絶対にするべきではないでしょう。

また、彼女のあら探しをするのもいいでしょう。

あら探しをした後に、それを追求するのではなく「〇〇はこうしているよね?それは問題ないんだけど、じゃあ俺も〇〇したいんだけど平気?」といった具合に、譲歩するような形で話を進めると相手も納得しやすくなるでしょう。

嫉妬深い彼女に悩んでいる人はこれらを意識してみると、もっと良好な関係が築けるキッカケになるはずですよ。

引用元-−-こいぴた

彼女が怒る前に〜言ってはいけないNGワード

1位:元カノの話(かなり最悪です)

たとえば・・・
「前の彼女は、手料理が上手くて~」
「前の彼女は、スタイルがよくてさ友達にうらやましがれたよ」
「○○ちゃん・・・あっごめん。元カノの名前と間違えた。」

けっこうやってしまう男性多いです。

特に
「前の彼女は○○か上手くて良かったけど、お前は○○がへただよなぁ~」
と具体的に”比較されて指摘されること”ほどいやなことはありません。

“即交戦状態に発展することでしょう!”

たまに、自分がもてるということを証明しようとして(彼女の気持ちを自分のほうへ向かせるため)過去の女性の話をされる方もいるようですがそれは、逆効果になるのでご注意を!

自分では意識していないかもしれませんが、女性はかなり傷つきます。気をつけてくださいね。

そして、自分とのことも次の彼女に言われるのではないかと自己防御の意識が働き・・・

“こんな男性とは、早く別れてやる”
と、なります。

自分も同じことやられたらいやじゃないですか?

2位:自分の母親の呼び方

うっかり、いつものように「ママ」なんていってはいけませんよ?

マザコンには、ドン引きします。(同性の友達も)

お母さんのことは
「うちのお袋が・・・」とか
「うちの母親はさ」とか
「うちの母は」など

いうように、普段からも心がけましょうね!

3位:容姿に対するからかい

男性は、ちょっとからかうつもりで

「あれ、最近ふとった?」とか「意外と足太いね~」
「今日の服いまいちだね」とか「この髪型おかしくない?」とかとか・・・

軽い気持ちで言ってしまいがちですが・・・
女性は好きな男性に容姿のことを言われるとかなり傷つきます。

そして、ずっと覚えていて気に病みます。

後でささいなきっかけで、ブチ切れることもあるので注意してくださいね。

男性は好きな子をついからかいたくなる習性があるのはわかりますが、それは小学生で卒業しておきましょうね。

引用元-−-nanapi

ケンカしてしまったら、どうやって仲直りする?

■取り返しがつかないケンカとは?

これまでのケンカで、取り返しがつかなくなった経験について聞いてみると、

「ケンカした勢いで婚約を破棄したいと言ってしまい、結婚が取りやめになった」(27歳/女性)、「殴り合いのケンカで相手の前歯が折れてしまった」(27歳/男性)というショッキングなものや、「ケンカの原因そのものより、ケンカ中の物の言い方で冷めてしまった」(31歳以上/男性)と、普段は隠されていた相手の本性を見てしまい、好きでいられなくなったことも。

また、「引くに引けなくて謝らなかったら、相手も謝らず、そのまま関係がフェードアウトした」(31歳以上/女性)、「何気ないケンカでそのまま別れてしまった」(27歳/男性)と、小さなケンカがきっかけで愛が終わってしまったケースもありました。

■ケンカを機にきずなが深まることも

しかし、ケンカをすることは必ずしも悪いとは限りません。

「ケンカをしたことできずなが強くなったことはありますか?」というアンケートに対して
「はい」と回答した割合は、

男性 46票(14.2%)
女性 148票(21,9%)

と少数派ではありますが、一定の割合で存在していました。

男女ともに、「結局お互いに好きということが分かった」(28歳/女性)、「いろいろ隠さずに話せるようになった」 (23歳/男性)など、それまではなかなか話せなかったことでもケンカを機に話し合うことができて、いい方向に向かうこともあるようです。

■男女別、効果的な謝罪方法は?

最後に、どのような言い方なら相手を許せるのかを見ていきましょう。

「回りくどい言い方をせずに、率直に謝るのが一番」(25歳/女性)、「普通に、一言謝られたらそれでいい」(31歳以上/男性)など、男女ともに「素直に謝られたら許す」という意見が圧倒的でした。

ただ、「ちょっと半泣きで」(29歳/男性)、「神妙な面持ちで、泣きながら」(26歳/男性)と、目をウルウルさせた謝罪に男は弱いのも事実のよう。

対する女性も、「何かプレゼントを買って『おわびのしるし』と言われたら」(28歳/女性)、「おいしいものやプレゼントを買ってきてくれれば許してしまう」(28歳/女性)と、プレゼントやスイーツ付きだと自然と頬が緩んでしまうようです。素直に謝るだけでは足りなさそうなときに使ってみるといいかもしれません。

引用元-−-マイナビニュース

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ