時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

幼稚園の行事にパパが積極的に参加するとこんなメリットが!

   

幼稚園の行事にパパが積極的に参加するとこんなメリットが!

幼稚園の行事は意外と多くて、参加するだけでも大変です。静かにしなければばらない行事では、下の子がいるとママはもうパニックになってしまいそう。

でもちょっと待って下さい。行事の参加はママだけとは決まっていません。

パパが参加することで、たくさんのメリットも生まれます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


パパが参加できる、幼稚園の行事もたくさんあります。

共稼ぎの夫婦が増えてきたので、幼稚園の行事も考慮されパパが中心になる行事も増えてきました。

幼稚園によっては、ママやお婆ちゃんではなくパパやおじいちゃんが中心になる園庭を使った行事などをする事もあります。運動会のパパリレーや竹馬大会、焼き芋や水遊びなどを休日に開催しているようです。

またPTAについても、ママだけにならないように必ずパパをメンバーに入れる幼稚園もあります。

パパの参加する行事が多くなると、パパ同士の会話も増えてきます。趣味が同じ釣りやキャンプなどの趣味で、新たなコミュニケーションが生まれるのは、パパにとっても楽しい事ではないでしょうか。子育てに参加することで、パパもまた仲間作りができます。

普段は会社と家の往復でなかなか地域に馴染めないパパですが、同じ年代のパパ友ができることはパパにとっても心配なく生活を送れるいい機会です。

幼稚園の年間予定表から父兄が参加する行事を抜き出して、パパが出れそうなものをチェックしましょう。

幼稚園の先生や、子供の友達の親と話ができるようになる

家族でお買い物をしている時に、ママが突然他の人に挨拶してパパは目を白黒という場面もよくあります。ママの紹介で初めて、それが幼稚園の先生や他の父兄だと知って少し気まずくしどろもどろに挨拶をかわす。

こんな状態が続くのでは、パパも幼稚園に行きたくなくなるのではないでしょうか。幼稚園に積極的に出向くパパと、サッパリ行かないパパではこの先の育児への影響も大きく変わります。地元の幼稚園で、そのまま同じ小学校に行くのであれば、なおのこと知り合いの少ないパパは孤独になってしまいます。

ですから子供の送迎なども、時間のあるときには一緒に行って先生や他の父兄の名前をママにおしえてもらって覚えることも大切です。行事に参加するときには名前をしっているだけでも、話しかけるキッカケになりますし親近感もわくはずです。

先生の立場からしても普段からしっているパパには、行事の際に力仕事などを頼みやすいのでとても喜ばれること請け合いです。

行事の参加はママと幼稚園の話にうなずけるようになり、会話が増える

それまではただひたすらママが、子供の幼稚園の話をしゃべるだけの生活でした。でもパパが幼稚園の行事に参加することで、パパもママの話にでてくる登場人物や苦労がわかるようになってきます。

パパも話に本気でうなずいたり、ママを励ましたりアドバイスしたりできます。ママはとにかく話を聞いてわかって欲しいのですから、パパが真剣に受け止めてくれれば頼りにするのは当然でしょう。

パパも普段の話からママの苦労もわかるようになるので、普段の家事をさりげなく手伝えるようになったり、休みの日は子供を連れ出して他のパパと公園で遊ばせるなどしてくれるかもしれません。

今までひとりでなんとか時間を作って奔走していたママにも、ゆっくり料理を作ったり部屋を整理したりする余裕もできるかもしれません。ずっと行っていなかった美容院に出向くことまでできたら、ママだってパパに対して新たな愛情がわいてくるでしょう。

夫婦の会話が増えるのは、それを聞いている子供にとってもとても良い環境になります。

パパの幼稚園の行事への参加は子供の自慢にもなります

もう1つ忘れてはいけないことがあります。子供の頃を思い出すと、そこには自分の行事に参加してくれた親や祖父母がいるのではないでしょうか。そしてその時あなたはどんな気持ちだったでしょう。一緒に食べるお弁当や、親の参加する競技などにも夢中になり、友達にも自慢したりしませんでしたか?

子供にとっては親が幼稚園に来て、一緒に何かをしてくれるというのはとても嬉しいことです。その上に子供の友達をパパが知っていて、一緒に園庭での遊具を使う時のサポートまでしてくれたらどれだけ鼻が高いことでしょう。

パパと一緒にお風呂に入った時も、おもちゃで遊ぶことも忘れて幼稚園で起こったことを話すようになるのではないでしょうか。幼児期からなんでも話せるパパになっておくことは大切な事ですし、家族で話をする習慣をつけておくことはとても重要です。

パパが幼稚園に来たときは、きっとパパの手をとって自分の描いた絵が飾ってある所へ連れていってくれたり、自分たちが植えた花壇の花をおしえてくれたりするでしょう。

幼稚園の行事では、幼稚園の方針を尊重して参加・行動しましょう

パパが幼稚園の行事に参加するときに、1つだけ注意しなくてはならない事があります。それは熱心になるあまりに、つい幼稚園を自分の会社と同じようにその方針に口を出してしまうことです。

パパが会社で人の上に立つ立場にある場合は、ついいつもの癖がでて、上からの物言いになってしまうこともあるでしょう。会社では仕事に対する知識や経験も、確かに豊富かもしれません。

でも育児に関しては、上の子がいたとしてもまだ初心者のようなものです。これまでに何百人・何千人という子供を見てきたベテランの園長先生や先生とは、パパの知識や経験は比較になりません。

またいつも必ず参加して幼稚園に関わっているママたちを差し置いて、仕切るのもよくありません。ママたちなりに役割分担やルールがあるかもしれなません。

幼稚園も1つの組織ですから、いきなりの新参者の指示は迷惑になりかねません。周りを良く見てどういう行動をとったらいいのかをきちんと把握しましょう。最初はあくまでサポーターのつもりで、謙虚な態度で協力することが信頼させる秘訣でもあります。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ