時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

学校に行きたくないと思っている中3のみんなへのアドバイス

      2015/11/24

学校に行きたくないと思っている中3のみんなへのアドバイス

中3にもなれば見た目は立派な大人です。

しかし、心はそれに追いついていません。

高校受験を控え、勉強のことやクラスの人間関係に悩む子どもも少なくはありません。

今回は、学校に行きたくないと思っている中3のみんなへのアドバイスです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


学校に行きたくない中3生は友だちを作ろう

学校に行きたくなくなるのは、多くの場合クラスの人間関係に問題があります。つまり、クラスの友だちとの関係がうまく行かないのです。学生の場合、人間関係のほとんどはクラスの同級生が占めています。

その同級生との関係がうまく行かなければ、大げさにいえば人生の半分以上はうまく行かないことになります。そのため、いじめを苦に自殺する子どもが後を絶ちません。そんな状態で学校に行くのが楽しいと感じる子どもはいません。むしろ、学校に行くことがなによりの苦痛にもなってしまうのです。

では、どうすれば良いのか?

学校に行く楽しみを作れば良いのです。つまり、友だちを作るということです。確かに、中3にもなれば友人関係は固定されているかもしれません。そうなれば、新たに友だちを作るのが難しくなるかもしれません。しかし、行動を起こさなければ何も変わりません。いままであまり話す機会がなかった子に積極的に話し掛けてみてはどうでしょうか。もしかして、その相手も同じことを考えているかもしれません。

学校に行きたくない中3生は保健室に行こう

先に説明したように、多くの場合、学校に行きたくないという子どもはクラスとの人間関係に問題を抱えています。そのため、当人は行き場がなくなっているのです。そんな子にピッタリの場所があります。それは保健室です。

保健室には同じような悩みを抱えた子どもが集まります。同じ悩みをもつもの同士で情報を交換することもできます。さらに、気が合えば友だちができるかもしれません。学校に行きたくない、クラスでなかなか友だちが出来ないと悩むまえに、そんな保健室に行って見てはどうでしょう。

保険の先生は長年子どもたちと接してきて、同様の悩みをたくさん聞いてきたでしょう。そして、そんな子どもたちはどうやって問題を解決したのかも傍で見てきたことでしょう。そういったプロがあなたの身近にいるのです。この機会に話を聞いてもらいましょう。もちろん、その話を誰かに話すようなことはありません。安心して相談してみましょう。きっと親身になってあなたの相談に乗ってくれるでしょう。

どうしても学校に行きたくないのなら図書館に行こう

夏休みが終わって2学期に入るとき、子どもの自殺が一番多いといわれています。そんなとき、ある図書館は「自殺したくなったら図書館にいらっしゃい」とSNS上で発言して大きな話題となりました。図書館なら、平日の昼間一人でブラリと行っても、誰も何を言ってきません。もちろん、学校の先生や教育委員会、ましてや親御さんに通報することもありません。そういった理由があるから、図書館の職員はこういう発言をしたのです。

どうしても学校に行きたくないあなた、思いつめて自殺を考えるのだけは止めてください。万一、そんなことが頭の中をよぎったのであれば、近所の図書館に行きましょう。そこで、一人で考えごとをするのもいいでしょう。大好きな本を読むのもいいでしょう。本のなかには、生きる勇気を与えてくれるものも少なくありません。そうなれば、学校に行こうかなという気にもなるでしょう。

図書館は、どうしても学校に行きたくないというあなたを何も言わずに優しく迎えてくれるでしょう。

学校に行きたくないからといっても無理をしない

学校に行きたくないと親に言っても、多くの場合聞き入れてもらえないでしょう。多くの親は、「中学校くらいはちゃんと行きなさい」と励ましとも忠告ともとれる言い方をするでしょう。そのとき、頑張って学校に行こうという気になればそれはそれでいいでしょう。しかし、そうでないのなら無理をしてまで学校に行く必要ありません。

いじめが原因で自殺した子どものなかには、自殺の直前まで学校に行っていた子どもも少なくありません。それは、頑張って学校に行っていたのではなく、無理をして学校に行っていたのです。その間、当然SOSの信号は出していたでしょう。しかし、それの信号を周りの大人が見過ごしてしまい悲劇につながってしまいました。

このように、学校に行きたくなにのに、無理をしてまで学校に行っても問題は解決しません。むしろ、無理をして学校に行くと事態が悪化する場合も少なくないのです。心の奥底から、明日から頑張って学校に行こう、学校に行きたくなった、と思えるまでは学校に行く必要はないでしょう。

親がうるさく学校に行きたくないとき

親は学校に行けとうるさく言ってくるでしょう。そんな親が原因となって、学校に行きたくなくなる子供も少なくありません。そんなときは、周りの大人に相談しましょう。信頼できる先生に相談するのもいいでしょう。近くにいるのであれば、おじいちゃんやおばあちゃんという人生の先輩に相談するのもいいでしょう。また、第三者として児童相談所に相談するのもいいでしょう。そこは、子供の相談にのるプロが揃っています。

まとめ

ここまでは、学校に行きたくないと思っている中3のみんなへのアドバイスです。読んでみて何を感じましたか。学校に行ってみようという気になりましたか。それとも、学校に行きたくないという気になりましたか。いずれにしても、思い詰めないことです。

人生80年といわれる今の時代。これから何十年という長い人生が続くのです。そう考えると、いままで生きてきた十数年はいかにちっぽけなことだと思いませんか?

そう感じることができれば、しめたものです。子供のころに辛い思いをした人は強くなるといわれています。そのことを、これからの人生で証明して周りを驚かせてやりましょう。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ