時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

子供の頭皮にフケ! もしかしたらそれは乾燥が原因かも!

      2016/01/11

子供の頭皮にフケ! もしかしたらそれは乾燥が原因かも!

子供が何だか頭を痒がって、ポリポリ掻いている…。と、見れば頭皮にフケが!

ただ、このフケ、ただ不潔だから出るものだと思っていませんか?

大人にも言えることですが、そのフケの原因、もしかしたら頭皮の乾燥が元になっているのかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

受動喫煙の影響は?喫煙でどれくらいの人に迷惑をかけるのか

受動喫煙による影響を心配する人は多いですが、喫煙し...

食後に運動すると吐き気がする!気になる症状の理由と改善法

食事をしてからすぐに運動をしようとすると吐き気を催...

スポンサーリンク


子供の肌はスベスベツヤツヤ? 実はとってもナイーブ!

子供の肌といえば、キメが細かくてツルツル、ツヤツヤ、そしてみずみずしく弾力があってまるでゆでたまごのよう!という印象がありますが、実はとってもナイーブなものだということをご存知でしょうか?
それもそのはず、大人に比べて子供の皮膚というものは、表皮(皮膚の一番外側)の厚さが半分ほどしかありません。加えて皮膚の上に存在し、肌を守ってくれている善玉菌である皮膚常在菌の数も少ないため、ちょっとしたきっかけで、子供の肌はそのバランスを崩し、様々な肌トラブルを負いやすいのです。そのために、子供用のスキンケアアイテムもあるのですから、これらを有効活用して、子供の肌を守ってあげたいですね。

ただ、目に見える部分の肌だけに注意していませんか?一見して普通だからと、ついチェックを怠りがちになる部分が存在します。それが”頭皮”です。
何だか頭を気にする素振りがある・頻繁に掻いているようであれば、それは頭皮にトラブルが発生している合図かもしれません。

子供の頭皮にフケが! 乾燥のせい?それとも脂のせい?

子供の頭皮のトラブルとして多いのが、フケや痒みです。これらは決して大人だけのトラブルではありません。
このフケには2つの種類があることをご存知でしょうか?

一つ目が”乾性フケ”。名前の通り、頭皮が乾燥して出るフケです。
乾性フケは、一つ一つのかけらが細かいことが特徴であり、特に痒みを伴います。
空気の乾燥する冬場に特に多く、乾燥肌やアトピーなどの敏感肌の人に発生します。

二つ目が”脂性フケ”。頭皮の皮脂成分がシャンプーでしっかり洗えていない、流せていないことが原因で起きます。
脂症フケは乾性フケに比べてかけらが大きく、頭皮にはりついてしまっており、痒さで頭を掻くとポロポロ落ちてくるのが特徴です。
特に子供は新陳代謝が大人よりも活発であり、皮脂の分泌も多くあります。そのために毎日頭を洗っていても、上手に洗い・すすぎができていないと、このフケが発生してしまうのです。

ただ、生後半年までの赤ちゃんの場合は、フケではなく”脂漏性湿疹”による黄色いかさぶた状のベタベタしたもの(乳痂)が発生することがあります。これは絶対に取ってはいけません。ひどい場合や痛がる様子を見せた時は、小児科を受診しましょう。

子供の頭皮が乾燥する原因は何?

乾性フケか、脂性フケか、見分けるには頭皮の状態を見るのが一番です。
洗髪後、3時間〜1日経過した頭皮の状態を見てみましょう。頭皮がパサパサ乾燥していれば乾燥、じっとり湿っていれば脂症、と見分けることができます。

では乾燥肌ゆえのフケだった場合、何が原因なのでしょうか?
第一に挙げられるのが、洗髪する時の強さです。
”痒い=汚れている”、”フケ=不潔!”というイメージが強すぎて、親としては「頭をしっかり洗わなければ!」と、ゴシゴシ洗わそうとしてしまいがちですが、これは全くの逆効果です。
子供の皮膚が大人よりも薄いことには触れましたが、頭皮だって同じです。しかも大人よりも刺激に弱いのに、ゴシゴシガシガシ洗ってしまっては、余計に肌を傷つけてしまいます。
皮膚は一定の皮脂によってダメージを軽減するようになっています。この必要な分の皮脂まで洗い流してしまっては、更に乾燥に拍車がかかり、いいことは一つもありません。

また、シャンプーが肌に合っていない可能性も原因に挙げられます。
洗浄力の強いシャンプーは、時に肌への刺激も強く、皮膚の整っていない子供には強すぎる可能性があります。

正しいシャンプー方法で、子供の頭皮を健やかに保とう

では、正しい洗髪方法とはどんなものでしょうか?

1.シャンプー前のすすぎは念入りに!
 実は8割近い髪と頭皮の汚れは、シャンプーを付ける前のすすぎで落とすことができます。
 ただ濡らすだけではなく、しっかりと髪の根元にもお湯が行き渡るよう、頭皮を洗いましょう。

2.シャンプーはしっかり選び、しっかり泡立てよう
 洗浄力の強いものよりも、低刺激の子供用のシャンプーやアミノ酸系シャンプー剤を選びましょう。
 また、どんなに低刺激のシャンプーでも、原液のまま皮膚につくと、それが刺激になってしまいます。まずは手のひらでしっかりと泡立てましょう。

3.爪は立てずに指の腹を使って洗おう
 当然ながら、爪を使って洗ってしまうと、皮膚に傷がついてしまいます。しっかりと泡立てたシャンプーの泡を、頭皮になじませるよう、指の腹を使って優しくもみ洗いをしましょう。

4.すすぎは入念に行って!
 頭皮にシャンプー剤が残ると、フケ以外の頭皮トラブルも呼びこむことになります。十分なお湯でしっかりとすすぎましょう。

子供は洗髪に関わらず何かと自分でやりたがるものですが、フケなどの症状が出ている場合は、何度かに一度は親が正しいシャンプーをして教えてあげる・肌の状態をチェックするよう心がけましょう。

頭皮を乾燥から守るには、親のフォローが必須

シャンプー後の頭皮を乾燥から守るには、ドライヤーの使い方も重要です。
美容院などで髪の毛を乾かしてもらう時、熱風を感じたことはないでしょう。そう、つまりドライヤーを使う時、頭皮に熱さを感じるほど近くで当ててはいけないのです。”乾燥した風を当てることで髪を乾かす”のが、本来のドライヤーの役割です。少なくとも50cmほど距離を置き、風のみが当たるようにしましょう。
そして、乾かしすぎないよう、しっとりした状態に仕上げてあげましょう。

もう一つ、頭皮を乾燥させないために必要なものがあります。それは”帽子”です。
体の一番上にある頭は、一番紫外線を浴びやすい場所です。この紫外線は浴びすぎるとよくないことは周知の通りであり、頭皮の乾燥の原因の一つです。
ですから、四季を通して帽子を着用させ、紫外線から頭皮を守ることも重要です。

肌の質が落ち着き、子供が自分自身でケアできるようになるまでは、親が気をつけて見てあげないとなりません。健やかな肌や頭皮を守ってあげられるよう、肌トラブルにも十分な注意をしてあげましょう。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ