時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

子供の腹痛 食事の前後に感じる痛みの原因

      2016/02/16

子供の腹痛 食事の前後に感じる痛みの原因

子供がよく起こしがちな不調といえば、腹痛が挙げられます。

ただ、腹痛を引き起こす病気は数えきれないほど存在しますし、身体的な異常はなくても、食事の前後に腹痛を訴える、なんてこともあります。

子供が腹痛を訴えた時、どんな病気が考えられるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


子供はよく腹痛を起こすもの… 

子供には、いつも・いつまでも健康に育って欲しい。そう願わない親はいないでしょう。ただ、そうは言ってもまだ体の小さい子供は抵抗力や免疫が不十分で、ちょっとしたことで病気になりやすいもの。

特に子供に起きやすい体の不調と言うと、風邪、そして腹痛でしょう。

腹痛、と一言で言っても、その症状には違いがあることは、ほぼ全ての大人の人は、実体験で経験していることでしょう。具体的にお腹のどの当たりに痛みを感じるのか、その痛みはどんなもの(キリキリなのか、ズキズキなのか等)なのか、そしてその原因と思われるものは何か…と、自分で痛みについて説明が出来ます。

しかし、まだ言葉が未熟で、意思の疎通が上手くいかない子供の場合は、痛みについてはっきりとした説明も難しくなるため、その原因が何なのかを知るだけでも一苦労です。

もし、子供が腹痛を訴えた場合、どんな病気が疑われるのでしょうか?そして、親として気をつけるべきことは、どんなものがあるのでしょうか?

子供が腹痛を訴えたら、まず確認すべきは2つのこと

まず見極める必要があるのは、”それは本当に腹痛なのか”です。

本当は頭が痛いのに「お腹がいたい」と表現することは、小さな子供にとって珍しいことではありません。”体の調子が悪いこと=お腹が痛い”と表現する、と認識している場合があるのです。

ですから、子供からお腹が痛いと言われたら「ここが痛いの?」とお腹を優しく撫でてあげながら聞くなどの工夫をしつつ、聞き出すといいでしょう。

そして、次にチェックすべきは子供の状態です。

だんだんと時間を追うごとに苦しみだし、便に血がまじる、元気がなくなるようであれば、盲腸(虫垂炎)や腸重積、鼠径(そけい)ヘルニアといった、生命に関わる緊急事態が疑われますので、腹部や男児ならば睾丸の状態、便の状態や、熱、顔色から判断し、直ちに救急車を要請しましょう。

腸重積は特に1歳未満の乳幼児に、また虫垂炎は2歳以降の子供に起きやすい病気です。

特に乳児期の子供から症状を聞き出すことは不可能ですから、常日頃から、便の状態、普段のお腹の様子に注意を払っておきましょう。

子供に起こりがちな腹痛で、考えられるのはどんな病気?

そもそも無視をしていい腹痛はありませんが、上で触れた緊急性の腹痛を除いた場合、考えられるのは次のような状態です。

  • 便秘、ガス溜まり
  • 急性胃腸炎
  • 風邪
  • 心因性腹痛
  • 慢性反復性腹痛
  • アレルギー

やはり、一番多いのが便秘やガス、つまりおならが溜まってお腹が張っていることから起きる腹痛です。溜まっているガスが出るだけで痛みがなくなることも多いため、まず浣腸を勧められることもあります。

普段から便秘がちな子供の場合は、意識的に食物繊維の豊富な食事にする、排便間隔を親が把握しておくことが大切です。

続いては、急性胃腸炎や風邪です。特に前者は激しい嘔吐や下痢を伴う、ウイルスに起因する病気です。ロタウイルス、ノロウイルス等が有名ですが、感染力が高く、看病をする親も感染してしまうことが多々あります。もしも自分の子供がこれに罹った場合、家族内の二次感染の予防と共に、小学校や幼稚園・保育園などや、病院以外の外出も控えましょう。

下痢を伴っている時は水分を失いやすく、脱水症状を起こすと危険ですから、まず水分を与えることを優先しましょう。

食事の前後に腹痛を起こす場合、それは心因性のものかも

3歳以降から10代前半の子供に多い腹痛に”心因性腹痛”や”慢性反復性腹痛”というものがあります。
このような腹痛は、食事の前後や朝の登校前に起き、長期間――数ヶ月から、時に数年間に渡って、繰り返し腹痛を訴える、というものです。

主におへその周辺やみぞおちの辺りに痛みを感じることが多いですが、実際には心因性、つまりはストレスが原因となっているため、診察を受けても痛みのする部分に何の問題もないのです。

こう聞くと「結局仮病か」と思いがちですが、そうではありません。不安やストレスを感じると、神経が敏感になり、普通の腸の動きにすら痛みとして感じてしまうと考えられています。そう、実際に、子供は痛みを感じているのです。

もし、この病気が疑われる時は、まず子供が痛いと感じていることを認めてあげることが何よりも大切です。親に痛いことを信じてもらえない。それが子供にとって、一番のストレスになります。
その上で、その痛みを不安に思う必要が無いことを伝えてあげましょう。

そして、親子でよく会話をし、何がストレス源か見極め、解消していきましょう。

子供が腹痛を起こしやすいなら、食事内容を見なおそう

子供が普段から腹痛を起こしやすい場合は、食事内容を見直すことも必要です。

子供が好むからと、野菜よりも肉類の食事が多ければ、それだけ食物繊維が足らずに便秘になってしまいますし、何か特定のものを食べた時に腹痛を訴えるのであれば、食物アレルギーや、乳糖不耐症(牛乳や乳製品に含まれる糖を消化吸収できない体質)が疑われます。

普段から、食事に注意を払い、便の状態のチェックも行いましょう。そして特定の食品に対して反応があるならば、その旨を主治医に報告し、アレルギーの検査を行いましょう。

子供の年齢により、コミュニケーションの方法は変わっていきます。ですが、幼少期の子供に共通していることは、親子の会話とスキンシップに勝るものはない、ということです。

親にとっても子供の不調は不安ですが、何より子供自身も、普段と違う体調や痛みに不安を感じています。腹痛だけでなく、子供が不調を訴えた時は、まず抱きしめてあげて、少しでも不安を取り除いてあげることも、重要な”手当て”ですよ。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ