時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

夫婦喧嘩をすると子供の脳にはどんな影響が出るかご存じですか?

      2015/07/17

夫婦喧嘩をすると子供の脳にはどんな影響が出るかご存じですか?

夫婦の様子は子供にあらゆる影響を与えると言います。

特にしょっちゅう夫婦喧嘩している姿を子供に見せると子供の脳にも悪い影響が生じるとも。

どんな影響が出るのか調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


子供の前で夫婦喧嘩すると子供にはどんな影響がある?

夫婦喧嘩の影響でアダルト・チルドレンになりやすい
夫婦喧嘩は子供に悪影響を与えています。夫婦喧嘩を子供に見られたり聞かれたりするのは、なんとなく教育上良くないと漠然と感じてられる方は多いと思います。その通りで、夫婦喧嘩は想像以上に子供には悪影響を与えています。

その影響の一つに「アダルト・チルドレン」があります。「アダルト・チルドレン」とは、親からの虐待や家庭問題を持つ家庭で育った子供が成人しても、その心理的外傷(トラウマ)を持つ人のことを指します。

「アダルト・チルドレン」は、破滅的な考えや完璧主義者などになりやすく、人間関係の構築が苦手など多くの悪い特徴を持っています。

引用元-−-夫婦喧嘩.biz

夫婦喧嘩をみせられた子供の脳にはどんな変化が起こる?

深刻な虐待やネグレクトが子どもの精神面・心理面の発達に影響をおよぼすという研究結果は数々発表されているが、夫婦間のささいな口論なども子どもの前ではしないほうがいいようだ。

英国イースト・アングリア大学とケンブリッジ大学の研究者が17歳から19歳の少年少女58人の脳をスキャンし、さらに彼らの親たちに、子どもが生まれてから11歳になるまでのあいだに味わったであろう嫌な体験や試練を思い出してもらい、脳の発達との関連を調べた。

嫌な体験や試練とは、両親(夫婦)が子どもの前でささいなことで口論をする、両親の仲が悪い(緊張関係にある)、親に傷つくようなことを言われた、家族同士のコミュニケーションがない、愛情が欠けている、といったことだ。

すると、58人中27人は上記のような試練を体験しており、脳の画像を確認したところ、小脳が小さめであることがわかった。小脳は技能の学習、ストレスの制御、感覚運動のコントロール等を司る部位だ。脳の発達に影響があれば、それが後々、精神疾患へとつながるリスクも生じる可能性がある。

今回の研究により、(深刻な虐待ではなく)軽度の試練であっても、11歳頃までにそのような体験をしている子どもは脳の発達に影響が出る可能性があること、また具体的な脳の部位との関連も明らかになったことになる。

ただ、この研究では予想外の結果も出ている。14歳で上記のような経験をしている被験者の場合、脳の複数の部位発達しており、試練がプラスの影響を及ぼしていることが示唆された。主任研究者のニコラス・ウォルシュ博士によれば、ある程度の年齢になってから試練を味わうと、それにうまく対処しようとすることから、脳の発達につながったのではないかと考えられる。

これらの研究結果は学術誌『NeuroImage: Clinical』に発表された。

引用元-−-IRORIO

夫婦喧嘩が原因で、子供の脳が委縮するという怖いデータもある!

父母の不和、つまり両親の仲が悪い子供は子供の脳的にダメなんだそうです。
ホンマでっか!?TVに出演の澤口俊之先生曰く、両親の仲が悪い子供はIQが低下する傾向にあるのだそうです。
子供は親のケンカなど仲が悪いことを見ることで、脳機能障害率が上がるのだとか。思春期以降の脳画像を見ると、両親の不和の程度が高いと、脳の萎縮が進行していることがあるそうです。
確かに、両親の夫婦喧嘩は子供の頃、嫌でした。まさか、子供の脳に影響を与えるとは。
幸い、うちの両親の夫婦喧嘩は頻繁ではなかったので、自分の脳は普通に育っているとは思いますが。
夫婦喧嘩はやらない方がいいですが、喧嘩するほど仲がいいということもあるので、夫婦喧嘩するなら、子供の見ていない所でやりましょう。
また、子供は夫婦不和を無意識に感じるそうなので、気をつけていた方がいいですね。子供の前でお互いに無視し合うというのは子供の脳に悪影響を与えているかもしれません。
逆に、子供の前では夫婦ラブラブの姿を見せた方がいいそうです。今さら、ちょっと恥ずかしいですが、子供の脳のために頑張るのもいいかも。子供の脳に良いし、夫婦円満にもなり、一石二鳥です。

引用元-−-父母の不和は子供の脳が委縮する?気になる情報局

子供のストレスに繋がる悪い夫婦喧嘩トップ3!

Lisa88_sentakubasami20141018094617500-thumb-1000xauto-5877

■1:ヒステリックにお互いを罵り合う

感情のコントロールがきかず、まるで子どものように「バカ」「人でなし」などと夫婦で罵り合う。これは“話し合い”なんてものではありません。
親たるもの、子どもの前で口論する際は、“他者との意見の食い違いをどのように調整するのか”というお手本を示したいもの。親がヒステリックに喧嘩していては、子どもも何か気に入らないことがあると金切り声を上げるようになってしまいます。

■2:いつも勝ち負けが一方的である

夫または妻の立場が圧倒的に強く、いつも喧嘩の勝者が決まっているというのは、子どもにとって好ましい状況ではありません。
「お父さん(お母さん)かわいそう」と弱者を思いやる気持ちもある一方で、「いつも言われっぱなしで何て情けない親なんだろう」というネガティブな感情も沸き起こってしまうからです。
夫婦喧嘩はフェアに行うべし。そもそも、勝ち負けをはっきりさせることが夫婦喧嘩の目的ではないことも心にとどめておきましょう。

■3:子どもに関することが原因で喧嘩する

子どものしつけ、成績、友人関係など、子育ての方針をめぐって親が言い争う姿ほど、子どもにとって心が痛むものはありません。喧嘩の程度によっては、自分のせいで両親が離婚してしまうのではないかと罪悪感を覚えてしまいます。
もちろん、“子育て”は夫婦にとって最も関心の高いテーマですから、大いに話し合うべきです。ただ、子育てに関する議論では、いつも以上に穏やかな姿勢を心がけるべきでしょう。子どもを不安がらせるのではなく、「両親は自分のことを真剣に考えてくれているのだ」と感じさせることが大事です。

引用元-−-WooRis

夫婦喧嘩を見せるのではなく、子供がリラックスできる環境を作ろう!

子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まること

子供がリラックスできる居心地のいい空間を作る事で脳の発達もスムーズになります
植物でもそうですが、適度な柔らかい土で育った植物は健やかにスムーズに育っていきます
それと一緒で、リラックスできる空間で勉強したほうが勉強も覚えやすくなります

しかし、緊張するような空間で勉強をしてもなかなか頭に勉強が入っていきません
また、緊張するような空間で育つとストレスの影響で脳だけでなく身体の発達にも影響してきます
できるだけ、子供がリラックスできる空間で勉強や生活が出来る空間を作りましょう

子供がリラックスできる空間とはどういうものでしょうか?
まず、親が仲良しで笑い声があるような空間です
皆さんも経験があると思いますが、楽しい空間にいると自分も楽しい気分になりますよね?
それと一緒で、家の中が家族の笑い声があるような家庭が子供にとっては一番のリラックスできる空間になります
このような環境を作ることで、子供の精神・人格・脳は正常に育っていくでしょう
親の喧嘩が絶えず、重苦しい環境では子供も常にストレスを感じてしまい
脳や人格形成に大きな悪影響を与えてしまいます
この事を親はしっかりと認識する必要がありますよ、子供の前で夫婦喧嘩をしたり
重苦しい雰囲気を作るような事は控えてください
子供の事を最優先に考えて行動するようにしてください

もちろん、夫婦喧嘩をする事もあるでしょう
その時は子供がいない所ですること、そして、子供がいる場合は例え喧嘩中であっても仲良くする事です
お互いに無視したり、刺々しい雰囲気は出さないように気をつけてください
このようにする事で、子供の脳や人格の成長に悪影響を与える事が少なくなるでしょう

引用元-−-子供がリラックスする空間を作れば脳の発達が高まる

どうしても子供の前で夫婦喧嘩になってしまった時の対処法を知っておこう!

(1)夫婦ゲンカを見られてしまった後は必ず仲直りの場面も見せること

米国ノートルダム大学のカミングス博士の実験によれば、両親のケンカを見てしまった子どもたちのうち、3人に1人は大声で叫んだり怒り出したりと情緒不安定な反応を見せましたが、あることをしたところ、96%の子どもが冷静さを取り戻したといいます。
それは、両親が仲直りしている様子も目撃させることだそうです。
どんなに激しい口論やケンカでも、解決しさえすれば、子どもにとってはめでたしめでたしと気持ちを切り替えることができるのだそうです。ですから、もしも子どもたちにケンカを見られた場合は、必ず和解をする場面も見せることが必要です。
そうは言っても、旦那さんもしくは奥様と面と向かって仲直りがなかなかしにくい……という方は以下の方法もあります。

(2)普段から子どもたちに夫婦お互いの尊重姿勢を見せること

あるデータ(同カミングス氏実験)によると、夫婦のいさかいは、軽いものから重いものまで、平均して1日に8回はあると言われています。また、いくら隠れてケンカをしても子どもの45%は夫婦ゲンカに気付いてるとも言われています。
ですから、無理に隠そうとせず、普段から先手を打っておくといいでしょう。
お互い、相手がいないところで、子どもたちに、「パパはいつもママに感謝しているよ」「パパがいてくれるからママは幸せなの」など両親がお互いを信頼していることを子どもたちに伝えるといいでしょう。
子どもたちは、普段から両親の絆がしっかりあるとわかれば、たとえケンカを目撃したとしても、「ケンカするほど仲がいいんだね」と、案外あっさり受け流してくれます。

(3)家族でのイベントやお出かけをきちんと実施すること

子どもたちのイベントのみならず、パパやママの誕生日や結婚記念日など家族でのお祝いをしっかりしておくといいでしょう。
子どもたちは、少々のケンカをしても、家族での楽しい出来事が頻繁にあれば、「なんだかんだ言っても仲のいい家族」と認識してくれます。
また、旅行や買い物、外食などケンカの後のお出かけフォローをするのもいいでしょう。思い切って外に出てしまえば、子どもたちは親のケンカを目撃したことよりも、みんなで過ごした印象の方が強くなります。その際は、両親もケンカを持ち込まず、大人の対応で一緒に楽しむことです。

引用元-−-パピマミ

夫婦喧嘩はしない!良い夫婦仲が子供にもたらす効果!

1.家族と夕食を共にする子供は、非行に走りにくく、言語能力が発達する

1週間に3回以上家族と夕食を共にする子供(幼児〜青少年)は、肥満 及び 乱れた食生活をする確立が低いことが報告されています。
また、1週間に2回以上家族と夕食を共にする青少年は、麻薬やタバコに手を染めることがほとんど無いそうです。
そして、家族と食事を共にする中で、子供たちの言語能力は大きく発達するとのこと。

2.父親との関係が良好な子供は、成績が上がる

父親との関係が良好な子供は、授業 及び 課外活動などにおいて平均以上の点数を出しやすく、ストレスに打ち勝つ能力・自らを自制する能力・社会性に優れていることが報告されています。
一方、父親との関係が冷えきっていたり、離婚・戦死・病死などで父親のいない家庭で育った子供は、メンタルが弱く、学業成績も悪くなりがち。さらに、非行に走りやすく、結婚してからの離婚率も高くなる傾向にあるそうです。

3.夫婦関係・親子関係が良好な場合、病気から早く回復する

夫婦関係・親子関係が良好な人の場合、病気からの回復速度が早くなることが報告されています。
そして、夫婦関係・親子関係が冷えきっている人は、関係が良好な人に比べて、病気の回復速度が40%も遅いのだとか。。。

4.母親の愛を充分に受けて育った子供は、一生免疫力が高い

母親の愛を充分に受けて育った子供は 免疫力が高くなりやすく、その効果はなんと一生の間続くということが報告されています。
特に、母親と親密な関係を築いた子供は、炎症を誘発させるタンパク質の分泌が抑えられ、心血管障害・うつ病・喘息のリスクが低下するそうです。

引用元-−-HOTNEWS

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ