時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

夫婦が別居する時、住民票はどうしたらいいの?

      2015/07/17

夫婦が別居する時、住民票はどうしたらいいの?

夫婦が別居するってことは当然、住まいが別々になる訳ですから、住民票も分けなくちゃいけませんよね?

そのままにしている人もいるんでしょうか?住民票の扱いについて調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


別居の理由は様々。でも住民票の扱いには注意が必要?経験者のコメントを参考にしよう!

別居経験者です。
現在の状況での住民票の件ですが、お子様がいる(→質問者様だけならなれる)ので実家のご両親の(ですよね?)扶養にはなれないです。離婚後も、質問者様が筆頭者となり子供との新たな戸籍を作ります。
別居中、子供が病気になっても(国民保険証でした)この頃から保険証が個人別になったので、特に不便ではありませんでした。
私も違った県の別居でしたが、別居期間が半年程度でしたので、住民票は離婚後でも特に問題はありませんでしが、期間が未定であるなら、やはり役所に相談した方が良いと思いますよ。
説明が下手でごめんなさい。

引用元-−-教えて!goo

別居することになった!?住民票の移動に関して知っておくべき事!

どんなタイプの別居にしても1年以上の別居をするなら、
住民票も移した方が望まれます。
例え住所が別々であっても、夫から生活費をもらっていれば、
夫の扶養家族から外れることはありません。

また別居していると保険証が困ることがあります。
もし夫の保険が組合保険なら、遠隔地、扶養家族用の保険証の発行を
するように、会社に別居の旨を伝え健康保険組合に発行してもらう
ようにしましょう。

幼稚園や学校に通う子どもが一緒に別居する場合は手続があるので、
すぐに住民票の手続をしましょう。
単身赴任と同じ手続になるので、特に面倒なことなく移すことが
できます。

それと同じに郵便局にも手続をして、郵便の転送なども手続も
忘れなくするようにしましょう。

しかしこのように、最初は軽い気持ちで別居を始めても、
だんだん回りのことが動きだすと本当に離婚になりやすいようです。

離婚を避けたいなら、別居はしない方がいいのではないでしょうか。
そしてもし別居しても住民票まで移してしまうと、
戻ることが難しくなります。

引用元-−-幸せな離婚マニュアル

別居して住民票を移動した場合、離婚するとなったら何か影響はあるの?

住民票を動かしたときに離婚に影響するか

別居して住民票が別々な場合、調停や裁判のときに、「別居の証拠」となります。別居期間が長ければ、婚姻関係が破綻していることを立証する一つの材料になります。もし、住民票が一緒のままで、ときどき家に帰っているようなことがあれば、どちらかが別居していないと主張すれば、別居を立証するのに一苦労です。
以上のように、別居の際の住民票を移動するかは単に手続き的な問題にとどまらず、新たなトラブルの発生の原因となったり、離婚の成否に影響を与えたりすることもありますから、迷ったら弁護士の意見を聞いておくとよいでしょう。

引用元-−-平間法律事務所

離婚を前提に別居する場合に知っておくべき事トップ3!

3700720687_4901fc0755_o

1、別居には正当な理由が必要

まず、知っておきたいことは、民法は752条で、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」と定め、夫婦には同居義務があるとしています。
また、民法上定める離婚原因のなかに「悪意の遺棄」(770条1項2号)というものがありますが、相手方の意向を無視した一方的な別居はこの悪意の遺棄に該当する場合があります。
したがって、別居にあたっては、①同居義務違反と評価されないため、②悪意の遺棄と評価されないための正当な理由が必要になります。

2、どのような理由であれば認められるか

では、どのような理由であれば、正当な理由といえるのでしょうか。抽象的にいえば、「別居するのはやむを得ない」と客観的に言うことができる理由です。たとえば、相手方に法律上の離婚原因(民法770条1項各号)があるような場合です。
具体的には、次のような理由であれば正当といえるでしょう。

1.相手方のDVやモラハラを避けるため
2.相手方が生活費を渡してくれない
3.相手方の不貞を原因とする別居
4.相手方がなかなか家に帰らないなど家庭を顧みない 等

また、5.別居について同意が得られたような場合にも、お互い納得の上なのですから同居義務に違反したとも遺棄したとも言えません。

反対に、単に相手のことが嫌いになった等の理由であれば同居義務違反と評価されてしまう可能性があります。別居にあたっては上記のような理由があるか十分に確認しましょう。
闇雲に別居を急ぐと、あなたの別居は、「同居義務違反」や「悪意の遺棄」とされ、あなたは一方的に離婚原因をつくった悪い配偶者だと評価されてしまい、後に説明する婚姻費用を減らされたり、むしろ慰謝料を請求されたりすることがありえます。

3、別居にあたって準備すべきこと

理由の点についてはクリアできるとしても、別居にあたって準備すべきことはたくさんあります。
具体的には、次のようなことを準備しましょう。

1.経済的に自立できるように準備
2.別居後もらえる可能性があるお金について知っておく
3.相手方へ金銭を請求するための準備
4.仕事を確保しておく
5.住まいを探しておく

別居となると、これまでどおり相手方に経済的な依存を続けることはできなくなります。経済的な自立が必要になりますが、そのために1〜4のような準備が不可欠です。また、そもそも、別居する場所を見つけなければいけませんので、「5.住まいを探しておく」の通り具体的な別居先についても、良く考えましょう。

引用元-−-LEGAL MALL

別居だけでなく、離婚も考えている夫婦が直面する困ったこと3つ!

1 住む場所を確保する事

住む場所を確保できなければ生活が始まりません。私の場合は前にも書いたとおり、離婚前に別居しました。
私は、別居後すぐにビジネスホテルに行きました。家からは遠く離れた場所です。ビジネスホテルに着いた私は子どもと一緒に泥のように眠りました。夫が家を出た事に気づいて追って来ると思っい緊張していたので、その緊張がほどけたんでしょうね…。その後、空腹を満たしてから考えました。『さて、これからどうしよう』。
数日、悶々と考えた結果、恥を忍んで実家に連絡をしました。ビジネスホテルにずっと滞在する事はできませんからね。実家の両親は、快く私達を迎えてくれました。現在は、子どもと社宅に住んでいますが、私のように、一時的にしても実家が受け入れてくれる人は幸せだと思います。今でも両親は私たち家族を支えてくれています。
しかし、実家が受け入れてくれない場合。ご両親が他界しているなど身内がいない場合などあると思います。その場合は、取りあえずの間、泊めてくれる友人宅を探すなどしましょう。ここで大切なお金をたくさん使うことはできません。
安いアパートなどでも良いです。とにかく住む場所が確保されたなら、一安心です。他に困ることと言えば…
働く場所・子どもの事・世間体・各種証明氏名変更手続きなどなど

2 働く場所

元々職を持っている人は、この点は安心できますね。私の場合も手に職を持っていましたのでこの点は問題なかったんですよね。職を持っていない人。躊躇しないで前へ進みましょう。やる気があれば何でもできますよ。自分の未来の為に1歩踏み出したのですから、しっかりと働いてください。離婚や別居する前に、何か資格を取っておくのも良いかもしれませんね。

その3 子どもの事

離婚や別居をして一番被害を受けるのは、子どもです。あなたにとってはひどい夫(妻)かもしれませんが、子どもにとっては優しいお父さん(お母さん)かもしれません。片親しかいない寂しさに加え、学校まで変わってしまったら。
仲の良い友達と別れることになったら可哀想ですよね。子どもを引き取った親が一番考えなくてはいけないのは、子どもの事だと思います。でもね。離婚や別居をする時って、両親が自分達の事で精一杯で、本当の子どもの気持ちを汲み取ってあげられないんですよね…。うちもそうでした。結局、住む地域が変わってしまったので、特に学校に行っていた子どもにはさみしい思いをさせてしまいました。

引用元-−-暮らしの小箱

新しい結婚のスタイル「別居婚」を選択する夫婦も増えている?そのメリットとデメリットとは?

別居婚のメリットとしては、何と言っても自分の生活環境を維持できることでしょう。かつての結婚生活というと、お互いの習慣をすり合わせていったり、亭主関白の家庭なら妻が夫に合わせたりしていたものの、そのような考え方はすたれつつあります。また、晩婚化が進んだことで、一人暮らしの期間が長くなり、自分なりのスタイルを確立してしまうと、どうしても他者との共存が難しくなる一面もあるでしょう。

その反面、デメリットとして子育てを行いづらかったり、相手が浮気をしていても気付くのが難しい、実質的に助け合うのが難しい、2箇所に別れて暮らすために生活費が余分にかかるといった要素が挙げられます。

引用元-−-夫婦の別居マニュアル

夫婦が別居する時、住民票で「世帯分離」を選択するという方法もある!

「世帯分離」というのは、今ある世帯を分ける「住民票上の手続き」のひとつのことです

それでは、「住民票」とは何かということですが、住民票は「住民基本台帳法」に基づくもので、「戸籍」とはまったく別のものです

戸籍と一緒に考えている方も少なくないようですが、法律も管理している場所も別々です
「住民基本台帳法」には、目的として、「住民の利便性」や「行政の合理化」とあります
つまり、住民票があることで、行政に関する手続き、事務について、住民も管理する行政も簡単、便利で間違いのないように行うことができるわけです

「戸籍」とはまったく目的、意味が異なるものです

住民票上の構成をどうするのか、ということについては、「この場合はこれ」というような確固たるものはありません

一般的には「こうであろう」という程度のものです

税金上どうなるとか、保険料にどう影響するなどの話は、住民票上の構成を決めた後に、それぞれのルールの中で決めることです

税金や保険料の負担が不公平になるから、住民票はこうするべき、というのは順番が逆な話です

「住民票をどうするのか」については、住民票のルールの中だけで決めることで、どのような構成にするか(世帯を分けるかどうかを含めて)を決めるのは住民です

引用元-−-世帯分離専門サイト

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ