時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

夫が仕事で悩みをかかえているとき妻には何ができるの?

   

夫が仕事で悩みをかかえているとき妻には何ができるの?

ストレス社会といわれる現代の日本。

外で仕事をして一家の大黒柱として家族を支えるという役割が期待されている夫は仕事で悩みを抱えることはすくなくありません。

いや、仕事で悩みを抱えない夫は少ないと言えるでしょう。

ではそんなとき妻は何ができるのでしょうか?

今回は、そんな妻へのアドバイスです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


夫は仕事の悩みを誰に話すのか

夫は仕事の悩みを誰に話すのでしょうか?

会社の同僚でしょうか?、友人でしょうか?、両親でしょうか?、兄弟でしょうか?、それとも妻でしょうか?

多くの場合、夫は仕事の悩みを誰かに話すということはありません。

なぜなら仕事の悩みというものは、そもそも誰かに話せば解決できるというものではないからです。

男性はプライドが高い生き物です。

自分の問題は自分で解決することによって、自らの能力の高さを周りにアピールしようとします。

これとは逆に、誰かに相談するということは、自分で問題を解決することを放棄することを意味します。

それは、自分は能力が低いということを自ら告白するようなもので、男性にとっては耐えられないことなのです。

では男性は仕事に関することは誰にも話さないのでしょうか?

確かに、誰かに悩みを相談することは少ないでしょう。

しかし誰かに話を聞いてもらいたいとう気持ちがあるのは誰でも同じことです。

そんな男性はよく愚痴をこぼします。

会社帰りに同僚や友人を捕まえてお酒を飲みながら仕事の愚痴をこぼすことはよくあることです。

それは、ただ話を聞いてもらいたいとう気持ちのあらわれでもあります。

夫が抱える仕事の悩み【平社員の場合】

ここから、具体的に夫はどのような悩みを抱えることになるのか見ていきましょう。

まずは平社員から。

平社員が抱える仕事の悩みの多くは、上司との関係からくるものです。

平社員は会社の歯車の一つとなってがむしゃらに「回る」ことが期待されています。

そこには本人に意思や意向はほとんど反映されません。

そして、それを回すことになるのが本人の直接の上司です。

上司は部下である平社員の出す結果で評価されます。

そのため、どうしても部下に対して厳しく当たることになります。

時にその要求が本人の能力を超えることは少なくありません。

それは最近ニュースになった大手企業の不正会計事件を見ても明らかでしょう。

しかし、それを拒否できないのが平社員でもあります。

そんな時、平社員は究極の選択を迫られます。

このまま会社に残って上司からの無理難題をこなして行く。

あるいは、今の会社を辞めて、新しい職場に移る。

もちろん転職先でも同じ状況になることも十分考えられます。

このように平社員は、行くも地獄、行かぬも地獄という状況に追い込まれるのです。

夫が抱える仕事の悩み【管理職の場合】

管理職になれば、平社員のときとは違った悩みを抱えることになります。

それは部下の管理です。

部下を抱えることになる管理職にも当然上司がいます。

管理職はその上司からの評価を受けるのです。

そして、それは多くの場合自らが抱える部下の業績によって評価されます。

だからと言って部下の仕事を手伝うわけにはゆきません。

部下が自らの意思で積極的に動くように仕向ける必要があります。

これが上手くいって当人のパフォーマンスが上がり結果を出していれば何の問題もありません。

しかし、当人のパフォーマンスが上がらす結果を伴わないと問題が発生します。

管理職は、上から降りてきた予算の達成を厳しく求められます。

時にそれは達成困難な予算である場合が少なくありません。

そんな時は逆に部下からの突き上げに合うこともあるでしょう。

こうして、管理職は上からのプレッシャーと下からの突き上げという板ばさみに合うのです。

これはある意味平社員よりも悩みは深いと言えるかもしれません。

もっとも、それに見合った給料をもらっているので文句は言えないかもしれませんが。

夫が抱える仕事の悩み【経営者の場合】

経営者と社員の一番の違いとは何でしょう?

仕事の内容、仕事の仕方、優先順位のつけかた等々、色んなことが考えられるでしょう。

そんな中で一番大きいのがお金です。

社員は給料をもらう立場にあります。

一方、経営者は社員に給料を出す立場にあります。

カネをもらう社員と、カネを出す経営者。

これが一番の違いです。

そのため、経営者が抱える仕事の悩みで一番多いのが、このお金に関することでしょう。

特に中小企業の経営者の場合、毎日の支払いの工面に駆けずり回ることも少なくないでしょう。

中にはお金が原因で自殺に追い困れる経営者も少なくありません。

この他にも人に関する問題も抱えています。

会社が成長を続けるためには、優秀な人材を確保することがなりよりも重要です。

確かに、大企業には何千人もの就職希望者が殺到するでしょう。

しかし、知名度の低い中小企業はそうではありません。

優秀な人材を確保するために経営者は走り回ることになります。

このように、経営者が抱える仕事の悩みは、管理職は平社員のそれとは性質が異なってくるのです。

夫の悩みに妻ができること

夫が仕事で悩みを抱えているときに、妻には何ができるのでしょうか?

先に説明したように、基本的に夫は仕事の悩みを誰かに相談するということはありません。

妻に対しても同じことが言えるでしょう。

仕事のことを家に持ち込みたくはないからです。

夫が会社でどんなことをしているのかを詳しく聞かされていない妻も珍しくはないでしょう。

では、夫の悩みに対して妻は無力なのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

夫の話を黙って聞いてあげれば良いのです。

このときのアドバイスは、無責任な応援は禁物だということです。

夫の能力を信じ、夫が自らの意思と能力で問題を解決できるように応援してあげれば良いのです。

まとめ

今回は夫が仕事で抱えることになる悩み、そして、夫を支える妻ができることについて見てきました。

いずれにしても積極的に夫とのコミュニケーションをとるようにしましょう。

悩みを抱えている夫は何らかのシグナルを発しています。

そのシグナルを見逃さないよう注意し、黙って話しを聞いてあげましょう。

そうすれば夫は自ら悩みを解決できるようになってくるでしょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ