時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

夜中にトイレに行きたがる子供。いつまで続くの?

      2016/01/02

夜中にトイレに行きたがる子供。いつまで続くの?

夜中にトイレに起こされるのはつらいですね。

でも子供がトイレ行きたがるのであれば、ついていくしかありません。

でも毎日はつらい…

どのくらいになると子供は朝まで寝てくれるのか?

そんな疑問を含めた子供のトイレ事情について解説いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


子供のトイレトレーニング

最近の子供は早い子は2歳半ぐらいから、普通は3歳過ぎるとトイレトレーニングが完了して、おむつが取れます。

トイレに行きたいと自分で表現が出来て、かつトイレまで我慢できるようになります。

多少の失敗はもちろんありますが、自分一人でトイレを済ませることができればトイレトレーニングは完了です。

でも、夜は?と疑問に思う人が多いと思いますが、これはトイレトレーニングと別物です。

子供の生理機能の問題だからです。

昼間のトイレトレーニングが完了しても、夜はおむつを付けている子はたくさんいます。

おおよその目安となりますが、5歳〜6歳ぐらいになると生理機能が整って、夜のおむつが外れるようになります。

それまではおむつをつけて寝ても問題はありません。

子供によっては「パンツで寝る」と意思表示をする子もいます。

その場合は、その意思を尊重してあげましょう。

おねしょが心配でも子供が自分で起きない限り、夜中にトイレに起こしてはいけません。

子供が夜中にトイレに行く理由

子供が夜トイレに行くのは、色々理由があります。

まず、子供の膀胱はまだ未発達です。

朝まで尿をためておく大きさが無いのです。

そのため、膀胱が一杯になると、トイレに行きたいと目を覚ますのです。

尿意を感じて目覚めるというのは、夜のおむつはずれも完了が近いということです。

それを感じられなければいつまでもおむつを付ける必要があるかです。

そして子供の「おねしょをしたくない」という意思の表れでもあります。

毎日はつらいと思いますが、付き合ってあげましょう。

いずれ夜中に起きなくなります。

さて何故夜中起きなくなるかというと、夜間の尿の量を半分にさせるホルモンがあります。

これを「抗利尿ホルモン」といいます。

これが発達してくれば、夜に出る尿の量を体が自然に減らしてくれます。

それと併せて膀胱も大きくなれば、朝までトイレに行かなくても済むようになります。

ちなみに高齢者が夜中にトイレに何度もたつようになるのは、この「抗利尿ホルモン」が年齢とともに減少していくからだと言われています。

夜中に子供がトイレに行かないようにするには?

前述した通り体の発達を待つ必要がありますが、昔から言われているおねしょ対策が有効です。

つまり、寝る前にあまり水分と取らない、寝る前にトイレに行くことを習慣づけるの2点です。

また、体が冷えるとトイレは近くなるというのは大人も子供も変わりません。

夏場はお腹を守り、冬は体を冷やさないようにして就寝させましょう。

また親がおねしょを警戒して、夜中に子供を起こすのは、子供の排尿機能の発達を遅らせますので注意が必要です。

深い睡眠が子供の「抗利尿ホルモン」の分泌を促して、膀胱の無意識の抑制が膀胱の量を増やすことになるそうです。

つまり子供が自然に自分の体のコントロールを学んでいるのです。

子供の自然の機能を阻害すれば、発達が遅れてしまいます。

自然にさせるのが一番の早道です。

また子供に過度のプレッシャーは逆効果になります。

トイレトレーニングの鉄則は「叱らない」です。

おねしょにしても夜中のトイレにしても、小学生に入る頃にはほとんど落ち着く子が多いので、その間頑張りましょう。

夜中にトイレに行く子供

トイレトレーニングの完了は一人でトイレに入って、下着と服を自分で身に付けられることと言います。

昼間は出来るのであれば、夜に一人でトイレに行ってくれれば楽なのにと考える人も多いと思います。

では何故子供にとって、夜一人でトイレに行くのが怖いのか?それは暗いからです。

静かだからです。

いつもと違うからです。

昼間と夜では家の雰囲気すら違います。

もしどうしても子供が一人で夜もトイレに行ってほしいのであれば、子供がトイレに行く動線は、電気をつけてあげるしかありません。

それでも一人で行くのは心細いという子が多いでしょう。

そのため徐々に一人で行く習慣をつけいきましょう。

始めはトイレが終わるまで待ってあげて、少ししたらトイレまで送ってあげて、先に寝室へ戻っています。

その次の段階では部屋の入口までとステップアップしていくのです。

最終的には一人で行けるのを目指しますが、もしかしたら、夜中に起きなくなる方が早いかもしれません。

最近の子供のトイレ事情

日本のトイレは先進国でも有数のサービスの良さでしょう。

便座の蓋が自動で開く、ウォシュレットで洗ってくれて、乾かしてくれる。

水も自動で流してくれる。

家のトイレでもこのような機能がついている家庭があるでしょう。

そういうトイレになれていると、水の流し方が判らないという子供が増えています。

トイレの水の流し方は、古いのだとチェーンを引っ張るという形式から、レバーを押す、ペダルをひねる、ボタンを押す、自動という形で千差万別です。

トイレは出来るだけいろんなトイレを子供に体験させた方がいいでしょう。

ある程度の年でトイレの流し方が判らないと思っても人を呼ぶことができないからです。

最近の家庭トイレが和式なのは少数でしょう。

その和式トイレの使い方が判らない子が多くいて、学校のトイレに入りたがらないので話を聞く事もあると思います。

学校に入っても子供が困らないように和式トイレのある場所に子供を連れて練習させるなんて事をしている親もいるくらいです。

学校のトイレの洋式化も進んでいるそうです。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ