時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

固定資産税を決める新築の家屋調査はこうして行われます

      2015/12/02

固定資産税を決める新築の家屋調査はこうして行われます

家を新築すると各地方自治体から家屋調査の依頼がきます。

それは、固定資産税を決める家屋の評価を行うためです。

でも、多くの人はどのように家屋調査が行われるかを詳しく知らないのが現実でしょう。

今回は、固定資産税を決める新築の家屋調査について紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


新築の家屋調査とはなにか

市税である固定資産税は、その名の通り固定資産に対して課税されます。所得に対して課税される所得税は、当人の所得が高くなれば当然所得税も高くなります。これと同じように、固定資産に課税される固定資産税も、固定資産の評価額が高くなれば当然に高くなります。その固定資産の評価を行うのが、家屋調査です。

固定資産を持っているほとんどの人はこの固定資産税を各地方自治体に支払っています。新たに家を新築して固定資産を取得した人も、固定資産税を毎年払うことになるのです。もしこの固定資産税を払わないとどうなるのか。そうなれば、物件を差し押さえされて競売にかけられてしまいます。

ちなにみ、毎年同じ額の固定資産税を払うわけではありまん。固定資産の評価額が物価の変動や経済状況に合うように、3年後とに評価額の見直しを行っています。また、時間が経過すると建物などは老朽化してきます。そうなれば、固定資産としての評価額も下がってきます。その結果、支払う固定資産税もそれにあわせて安くなります。

固定資産税の対象となる新築をどうやって見つけるか

こちらから教えたわけでもないのに、役所はどうして家を新築したことが分かるのでしょうか。それは、担当職員が実地調査しているからです。

一般的にこの実地調査は、各市町村の職員や業務を委託された特別職の人が行います。後者は、NHKの集金人のようなものです。NHKの集金人がNHKの職員でないのと同じように、この特別職の人も市町村の職員ではありません。

家を新築すれば登記簿に登録することになります。彼らはこの登記簿に目を光らせているのです。そして、新たに登記さえた新築物件を見つけると、家の持ち主に対して家屋調査を依頼するのです。なお、彼らは航空写真を使って新築物件を調べることもあるといいます。

ちなみに、先に例としてあげたNHKの場合、営業担当者が街中を歩き回り新しく建てられたアンテナをチェックするということもあるそうです。そして、新しいアンテナを見つけたらその家を訪問して受診契約のお願いに行きます。

こうして見つけた新築物件に対して家屋調査を行うことで、家屋の評価を行い固定資産の額を決定します。それは、年度末である3月31日までに行います。

どうやって家屋調査で新築を評価するのか

家屋調査に来るの人はどうやって新築を評価するのでしょうか。もちろん、職人のようにカンと経験というわけにはいきません。恣意的な評価は許されないのです。そのために、ある基準に基づいて家屋の評価を行っています。それは、総務省の「固定資産評価基準」です。

たとえば木造一戸建ての場合、基礎、床、柱、内壁、天井、屋根などの項目が細かく分かれており、それぞれに点数がつけられています。この他にも、建築形式などにも点数があります。これらを全て合計した点数が新築の評価ということになります。

部屋を見るときなどは、その広さや数を見るのではなく構造を見ます。その時、安い輸入材を使っていれば評価は低くなります。一方、高い国産のヒノキ材を使っていれば評価は高くなります。同じように、奥の部屋に豪華な床の間があれば、その分点数も高くなるでしょう。これらは外から見ただけでは分かりません。そのため、家屋調査として実際に部屋の中にまで入って細部まで調べるのです。

どうすれば新築の固定資産税を安くできるか

できれば固定資産税を安くしたいと考えるのは誰しも同じでしょう。では、どうすれば固定資産税は安くなるのでしょうか。

孫子の兵法に「敵を知れば百戦危うからず」という言葉があります。それは、固定資産の評価についても言えます。それは、先に説明した総務省の「固定資産評価基準」です。ここに、固定資産の評価が載っています。固定資産税を安くしたいと考えるであれば、家を建てる前にこれを熟読しましょう。家を建ててしまってからは、対策の施しようがありません。

たとえば、固定資産の課税対象となる床面積に、吹き抜けは含まれません。しかし、内壁仕上げにすると課税の対象になってしまいます。つまり、吹く抜けではなく内壁仕上げにしてしまうと固定資産税が高くなってしまうといことです。

同じことは空調についても言えます。たとえば、エアコンが壁掛け式の場合は建物とは見なされません。そのため、課税の対象とはなりません。しかし、壁や天井に埋め込んでしまうと、それは建物と見なされてしまいます。そのため、課税の対象となり固定資産税は高くなってしまうのです。

新築の家屋調査を拒むとどうなるか

家屋調査はあくまでも任意で強制力はありません。市町村の職員にそのような権限はありません。強制力のあるのは、警察が行う家宅捜査ぐらいでしょう。そのため、家屋調査を拒むことができます。では、家屋調査を拒んだ場合、固定資産税はどうなるのでしょうか。

もちろん、家屋調査を拒んだからといって固定資産税を払わなくてもいいというわけではありません。もしそうなったら、みんな調査を拒むでしょう。

家屋調査を拒んだ場合、基本的に市町村の職員のいい値で評価が決まってしまいます。それを後になって文句をいうこともできません。もっとも、固定資産の評価は3年ごとに見直されているので、その時に調査をしてもらえば、適正な税額になるでしょう。

まとめ

固定資産税を払いたくないのは誰でも同じことでしょう。しかし、日本国民には納税の義務というものがあります。市町村から家屋調査の依頼がきたら積極的に協力しましょう。そうすれば、不必要に固定資産税を徴収されることもなくなるでしょう。

また、これから家を新築しようと考えている人がいれば、先に紹介した総務省の「固定資産評価基準」を一読することをおすすめします。ちょっとしたことで、固定資産税の額は違ってきます。しかも、それは何十年も続くことにもなります。

関連記事はこちら

 - ピックアップニュース

ページ
上部へ