時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

名古屋観光を日帰りで楽しもう!

      2015/11/26

名古屋観光を日帰りで楽しもう!

たった1日で名古屋周辺の観光を楽しむとしたら?これは悩んでしまいます。

見たい!食べたい!買いたい!体験したい!が満載。日帰りでは回りきれません。

そんな中でもお勧めをチョイスしてみました。朝から夜まで名古屋周辺をゆったり満喫いたしましょう。

さて、貴方は朝何時から出発できますか?できれば、名古屋駅を7時に出発したいものです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


モーニングから始めたい名古屋の日帰りツアー

名古屋の早朝と言えば、モーニング。喫茶店の数もたくさんありますが、そのメニューは個性あふれるものが多いです。名古屋のモーニングの特徴は、ドリンクを頼むだけでいろんな物がついてくることです。

代表的なお店は、コメダコーヒー。チェーン店であちらこちらにお店があります。日帰りツアーも出発点は名古屋駅!駅から1番近いのはコメダ珈琲エスカ店。駅に隣接してるエスカの地下にあります。

モーニングは朝7時から11時までやっています。朝から行列なんてこともよくあります。ドリンクを頼むと、トーストとゆで卵がついてきます。

1番普通のモーニングですが、サイドメニューにあずきがあります。名古屋のモーニングはあずきがつく所が多いです。

そして、コメダの特徴は量が多いことです。大きいサイズを頼むととんでもない量がきたりします。カップなどすべてコメダのお洒落なマークが入っています。

これで朝から、テンションが高くなること請け合いです。

名古屋の歴史を知るうえで名古屋城の観光ははずせない?

名古屋といえば「金のシャチ」が有名です。名古屋城の5層の天守閣に「金のシャチ」が輝いています。このお城はさかのぼること江戸時代!1612年(慶長17年)に徳川家康の子供に当たる義直の居城として築城されました。

残念なことに、戦争で焼失してしまいましたが、小天守閣と一緒に再建され現在に至ります。お城の中には展示物などがあります。

名古屋の歴史を楽しみながらお城も満喫できる贅沢な観光の名所です。

ここで忘れてならないのが、武将隊ブームを引き起こした「名古屋おもてなし武将隊」です。毎日門の所で観光客のお出迎えをしています。休日には演武も披露しているので、チェックしてみるといいでしょう。

名古屋城ブランドのお土産もあります。「金のシャチ」のいろいろなお土産がありますので、何かひとつ記念に買っておくと良いかもしれません。

名古屋には他にも歴史を感じさせる建造物や美術館がたくさんあります。歴史や古い町並みが好きな人は、それだけでも1日回れます。

名古屋観光で、食べておきたい「ひつまぶし」

味噌煮込みうどん、エビフライ、味噌かつ、てんむす、手羽先といろいろありますが、食べておきたいのは「ひつまぶし」です。

名古屋城周辺で「ひつまぶし」といえば、しら河 浄心本店 です。名古屋は「ひつまぶし」のお店はどこも行列ができるので、必ず事前に予約をとっておきましょう。

昭和28年の創業という老舗中の老舗です。伝統の味はやはり秘伝のたれにあります。鰻はもちろん炭火焼です。中はふっくら、外側はカリっとしていてなんともいえない歯ごたえがあります。

「ひつまぶし」はその食べ方に特徴があります。お勧めの「ひつまぶし」は、おひつの中のウナギは2重になっています。なんとも贅沢。ウナギは短冊切りに細かくカットしてあります。これを3つの味わい方でたべます。

最初は普通にウナギとご飯をお茶椀によそっていただきます。このまま全部食べてしまいたいような美味しさです。でもじっとこらえて2杯目をよそい、薬味とわさびをのせて食べます。このわさびで味がしまって全く別の味わいになります。

ラストは出し汁をかけてお茶漬け風にします。薬味とわさびと海苔をお好みでいれます。これがまたたまりません。どこのお店も大概、薬味・わさび・のりの追加はサービスになっていますので、足りなくなったらお店の方に声をかけてみましょう。

熱田神宮で名古屋の日帰りも後半に突入!

熱田神宮を聞いたことがない人でもこの人の名前は知っているはず。ここには、日本武尊(やまとたけるのみこと)の“草薙の剣”が祀られています。“草薙の剣”は三種の神器の1つとも言われています。

熱田神宮は、とても広く敷地面積は約6万坪あります。「ひつまぶし」でいっぱいになった腹ごなしにちょうどいいウォーキングにもなります。

まずは熱田神宮へ参拝に行きましょう。ここは、“草薙の剣”のあることから、パワースポットとしても有名になりました。ここで不思議な力が宿るといいですね。

本堂をはじめ、歴史的資産でもある信長塀があります。名古屋で1番古い橋といわれている二十五丁橋も見ておきたいですね。

また、面白いことに敷地の中で名古屋コーチンが放し飼いになっています。観光客に慣れているので、近くによっても大丈夫です。

お腹に余裕があればきしめん屋もありますが、あまり長い時間を滞在してしまうと次の観光場所に行けなくなってしまうので注意しましょう。

1900年以上の歴史を深く感じ、心も澄みきったところで熱田神宮を後にしましょう。

名古屋の観光はノリタケの森で終了!

子供から大人まで楽しめるノリタケの森。ここは、食器メーカーのノリタケによって作られた公園です。入口から入ってすぐに、ウェルカムセンター・ミュージアム・ギャラリーがあります。ここで終わり?と思ってしまう人が多いのですが、この奥に近代化産業遺産(赤レンガ建築・6本煙突モニュメント)などがります。

ノリタケの森だけでも、工場見学や絵付け・レストランの食事などを入れると1日楽しめる内容になっています。森の中には綺麗に植物が植えられ鳥や虫もいるので、時間があれば散策して自然を満喫するのも良いでしょう。

クラフトセンター・カフェ・ミュージアムは押さえておきたいところです。そして最後にアウトレットコーナーに寄ってみましょう。思わぬ掘り出し物がでていたりします。かなりお安くなっていますので、優雅なおうちレストランを味わえる食器を買っていくお客さんも多いです。

ノリタケの森を後にして、出発点の名古屋駅に戻ります。時間があるなら、名古屋の手羽先の居酒屋山ちゃんへ。手羽先でビールを飲みながら、今日の1日を振り返っての話も弾みます。手羽先だけではなく、他のメニューも豊富です。料金もリーズナブルなので嬉しいです。

名古屋の観光の日帰り旅行、満喫していただけたでしょうか。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ