時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

厳しい?当然?仕事をクビになっても仕方がない理由

      2015/11/26

厳しい?当然?仕事をクビになっても仕方がない理由

仕事で急にクビを宣告された!という経験がある方もいるかと思います。

法律では合理的な理由がない限り容易にクビにすることはできないと決められているとはいえ、なかにはクビにされても仕方がないと思えるような理由も見受けられます。

そこで、今回は仕事をクビになっても仕方がない理由を紹介します。

これを見て、自分がクビだと宣告されてしまわない為の教訓にしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


仕事ができない事を理由にクビにされた

労働契約法の第16条には解雇についての規定されています。

そこには、客観的に見て納得できる正当な理由がない場合の解雇は無効であるとされています。

しかし、労働基準法では会社が従業員の採用について自由に行ってよいことが認められているため、解雇する自由も認められていることになります。

そして、仕事ができない事は解雇をしてはいけないという禁止事項の中には入っていないので、仕事ができない事によってクビになってしまう可能性はあります。

会社側には一定の給与を支払う必要があるため、最低でも給与に見合った分の仕事ができるだけの能力が求められます。

給与に見合った仕事ができなかったり、ミスばかりで周りの足を引っ張り、時にはそのミスが原因で会社に損害を与えてしまったりするような事を頻繁に引き起こすようでは、会社がクビを判断する可能性は高まる事でしょう。

給与は労働の対価だという事を自覚し、会社にとって有益な業績を上げていけるように努力しましょう。

リストラはクビになっても仕方がない理由

昨今の不況のあおりを受けて業績が悪化し、リストラを断行する企業も増えてきています。

経営統合や合併したり、大手の企業でも倒産してしまうのが珍しくなくなってきた今の社会では大規模なリストラが行われることも珍しくありません。

全社員の賃金を何パーセントかカットすれば何とかなるんじゃないか?と考える人もいるかと思いますが、雇用するからには一定の基準を満たした給与を支払う必要がありますし、現実はそう簡単にはいかないと言えるでしょう。

会社と多くの社員を守るために一部の社員をクビにするという行為はクビにされる側にはたまったものではないですが、どんなに苦渋の決断であったとしてもクビになってしまう人が出てきてしまう事は仕方のないことなのかもしれません。

会社の経営が傾き、業績が悪化した時に、リストラ候補に名前が挙がらないようにするためにも、日頃から有能で必要な人材だと上司に思われるように仕事を努力している必要があるでしょう。

勤務態度の悪さもクビの理由になる

仕事ができるから自分は安全だと言えるかというと、必ずしもそうだとは言い切れません。

どんなに仕事ができていても、社会常識が欠けているようではクビを宣告されてしまう可能性が高まります。

それはどういうケースかというと、例えば寝坊して遅刻したり無断で欠勤するなど、勤務態度が悪ければ、どんなに仕事が有能でも問題児としてマークされてしまう事は間違いないでしょう。

また、会社の同僚や上司に対しての言葉遣いやコミュニケーションがきちんとできていない場合も要注意です。身近な人と適切なコミュニケーションが取れない者は、取引先の人間とトラブルを起こしかねないと判断されてしまいます。

最初のうちは勤務態度に対しての注意勧告をされるくらいで、いきなりクビを宣告をされるということはないにしても、あまり反省や改善が見られなかっ場合は、リストラ対象者に名前が挙がる事は覚悟しておいた方がいいでしょう。

今から自分の勤務態度を見直して、心当たりがあるなら早急に改善するようにしましょう。

就業規則違反はクビになっても仕方ない

会社と雇用契約を結んで仕事をするわけですから、就業規則は遵守しなくてはいけません。

会社の決めたルールを守らないのであれば、クビを宣告されても文句は言えません。

最近では不況だという事もあり、副業を認める企業も増えてきましたが、まだまだ副業を認めていない企業はたくさんあります。

就業規則に副業禁止が盛り込まれているにもかかわらず、副業をしているのが見つかれば、クビになっても文句は言えません。

また、社外秘の資料を勝手に持ち出したり、情報漏えいや社内の備品を勝手に持ち帰ったりするような行為も同様にクビの対象となります。

情報漏えいなどの就業規則違反は、裁判沙汰になり損害賠償を請求される可能性も高く場合によっては逮捕されることだって考えられます。

ただクビになるだけなら、再就職をして再スタートを切る事も可能ですが、裁判ともなればもう同じ業界で働くことは絶望的になってしまう可能性も高くなりますから、どんなことがあっても就業規則は遵守し、会社に損害を与える事がないように注意しましょう。

クビになる理由は仕事以外でもある

クビになる理由は何も仕事関係だけとは限りません。

社内外での暴力行為や暴言などで問題を起こせばクビになっても仕方がありません。

特に上司や先輩など、社内の目上の人間に一方的に暴力を奮ったのであれば何も言い訳できません。

元々熱くなりやすい性格で、学生の頃からアルコールが入るたびに何かしら失敗をしている経験がある人は特に注意が必要です。

また異性問題もクビを言い渡される原因になり得ます。

上司が部下の女性に対してセクハラ発言をしたり、権力を使ってデートや体の関係を強要したりするような行為は、クビはもちろんですし犯罪行為として訴えられる可能性も高くなります。

これらの行為は頭を下げて謝ればすむというような軽い話ではなく、裁判沙汰や刑事事件などの大きな問題にもなりうる事が考えられるため、事実が発覚した際は注意勧告などといった猶予はなく速やかにクビになってもおかしくありません。

余計なトラブルを起こさない為にも、暴力行為や異性問題トラブルには十分気を付ける必要があるでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ