時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

卓球ラケットを削る方法 あなたは間違っていませんか?

      2015/09/30

卓球ラケットを削る方法 あなたは間違っていませんか?

卓球のラケットは買ったままの状態では握りにくいと感じるひ人は多いでしょう。

そこで、自分の手に合うようにラケットを削ることになります。

しかし、自己流で削っていませんか。

そうしてしまうと、卓球の上達が遅れることにもなります。

今回は、卓球のラケットを削る正しい方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


卓球のラケットを削る理由

買ったままの状態のラケットは服でいうのなら既製服のようなもので、そのまま自分の手にフィットすることは少ないでしょう。

そこで、自分の手にフィットするようにラケットの一部を削ることになります。

特に問題となるのが親指の付け根が当たる部分です。

その角になっている部分に指に当たっているようでは気になって試合にも集中できないでしょう。

ラケットの一部を削って自分の手と一体化させると試合でのパフォーマンスもあがるでしょう。

あの水谷隼選手もラケットをよく削るそうです。

彼の活躍の一端はそんな理由があったのかもしれません。

また、手が小さくてラケットが上手く握れないときや、ラケットが重すぎると感じるときに自分に合うように削ることもあります。

卓球は感性が重要となるスポーツといわれています。

いずれにしても、ラケットを削る理由は本人が感じるものといえます。

つまり、それを感じないひとはラケットを削る必要性もないということです。

卓球のラケットを削るメリットとデメリット

先に説明したように卓球のラケットを削るメリットは、自分の手にフィットさせて試合のパフォーマンスをあげることや持ちやすくすることがありました。

でも、何事もメリットがあればデメリットもあるもの。

では、どんなデメリットがあるのでしょうか。

自分の手にフィットさせるのが目的なら、ラケットのごく一部しか削らないので特に問題は起こらないでしょう。

しかし、重いラケットを軽くするために削るときは問題です。

軽くすることだけを目的としてラケットを削ろうとすると、ラケットの大部分を削らないと軽くならない場合があります。

また、それによってラケットの重心が大きく変わってしまうというリスクもあります。

簡単に考えてラケットを削り後になって後悔することもあるので、事前によく考えてから削ったほうがいいでしょう。

なお、ルール上は打球面さえ加工しなければラケットのどこを削っても問題はありません。

つまり、打球面の裏側やグリップはいくらでも削れるということです。

ラケットを削る際の注意点

卓球のラケットに限らず、物を削るときには削り過ぎに注意しないといけません。

なぜなら、一度削ってしまったら元の状態に戻すことはできないからです。

ただし、自分の手にフィットさせるためにラケットを削る場合は、削り過ぎた部分にテープなどを貼って調整することは可能でしょう。

したがって、ラケットを微調整するために削るのではなく、重いラケットを軽くするために削るときやラケットの重心を自分に合うようにするためにラケットを削る際は削り過ぎに注意しなければいけません。

具体的には、少しずつ削ることです。

そして、その間に実際に試し打ちをしてみて感覚を確かめることです。

自分の思った感覚と違ったら、また少し削ればいいのです。

こうして、少しずつ仕上げていきましょう。

このときはカッターのような刃物でラケットの一部を削り取るのではなく、ヤスリのようなもので少しずつ削るといいでしょう。

そうすれば、削り過ぎる失敗もなくなるでしょう。

シェークハンドラケットを削る方法

ここからは、ラケットを削る具体的な方法を見て行くことにしましょう。

まずは、シェークハンドラケット

削るのが一番多いのは、グリップを持ってスイングした時に指や指の付け根に当たるブレードの下部です。

そこを滑らかになるようにヤスリを使ってなでるように少しずつ削ります。

その部分が指や指の付け根い当たって擦れると指が痛くなってしまいます。

これでは確かに試合に集中できませんね。

また、グリップも自分の手にフィットするように削ることもあります。

もちろん、まったく削らないという人も多くいます。

いずれにしても、ラケットの両面にラバーが貼られているシェークハンドラケットの場合はペンラケットに比べて削る部分は少なくなるでしょう。

結局は、好みの問題だといえるでしょう。

ラケットが自分の手にフィットしていれば削る必要はありません。

しかし、自分の手にフィットしていないようでしたら、結局はフィットするまでラケットを削ることになります。

ペンラケットを削る方法5

最後は、ペンラケット

シェークハンドラケットと違ってペンラケットの場合はラケットを削らないと人差し指の横の部分が痛くなってしまいます。

そのため、ペンラケットを削らずにそのまま使う人は少なく、多くの人が削って使っています。

まず、人差し指の第一関節と第二関節の間の指が当たるブレード下部の角の部分を削ります。

このときは、ヤスリではなくカッターナイフなどを使って角を滑らかにしていきます。

なお、加工時の怪我を防止するため、鉛筆を削るときのように刃の手前の部分を持ちます。

ブレード下部の角を削って指が痛くならないようになったら次は紙ヤスリを使います。

最初は目の粗い紙ヤスリを使い、最後は目の細かい紙ヤスリを使って仕上げます。

先に説明したように削り過ぎてしまうと元に戻せないので、卓球のラケットを削るときは途中で何度も握ってみて自分の感覚と合うかどうか確かめて少しずつ削ることが重要です。

なお、グリップ左側の親指が当たる角は、反対側の人差し指が当たる角ほどは削らない人も多くいます。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ