時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

効果的な肉体改造のために、運動、食事…そして入浴が鍵!

      2016/02/28

効果的な肉体改造のために、運動、食事…そして入浴が鍵!

筋肉増強やダイエットなど、自分の体を健康的にしたいと考え、運動や食事の面で”肉体改造”に取り組む人は多くいます。

実はこの2つに絡み、普段何気なく行っている”入浴”に目を向け改善するだけで、更なる効果が期待できるのです。

入浴と運動効果の関係についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


運動、食事、そして入浴 肉体改造のためには欠かせない要素

もっと筋肉をつけたい・筋肉の質を高めたい・筋肉はともかくとにかく贅肉を落としたい――目標はそれぞれ違っても、性別に関わらず、自分の肉体を健康的に作り変えたい!と願う人は多くいます。

この”肉体改造”のため、あなたは普段、何を気をつけているでしょうか?

大抵の人は”運動”と”食事”、この2点に重きを置いていることでしょう。

勿論、どちらも肉体改造には必須の項目。運動で脂肪を燃やし、エネルギーを消費し、良質なタンパク質を中心にした食事をする。これこそ引き締まった体を作るのに適したルーティンです。

そこから一歩進んだ人は、この2点に加えて”休養”も重要視します。

いつも張り詰めていては、心も体(筋肉)も疲れてしまい、効果的なトレーニングができないからです。

ただ、肉体改造のためにはもう一点、付け加えるべき重要な要素が存在することをご存知ですか?

それが”入浴”です。

肉体改造に入浴?と疑問に思うかもしれませんが、考える以上に、入浴によって得られるプラスの効果が多いのです。

そもそも、入浴によって得られる効果とは?

まず、入浴がもつ効果がどんなものかを見てみましょう。

第一に、体の汚れを落とし、衛生的にする効果があります。これはシャワーも同等の効果では?と感じるでしょうが、そうではありません。

お湯に浸かることで、血行がよくなり、毛穴が開き、汗がでる。この流れが、毛穴に詰まった老廃物を排出し、肌をきれいに保つのです。一過性のシャワーでは、どんなに熱いお湯を浴びてもこの効果は期待できません。

続いて、体が暖められる温熱作用によって疲れや冷え性が改善します。日々の運動や緊張で張り詰めた血管や筋肉もほぐされ、コリの改善も期待できますし、内蔵や自律神経の働きもよくなります。

また、湯船から受ける水圧にも効果があります。この水圧と暖かさにより、血流が促進されます。特に女性に多い足元のむくみも、この水圧によって引き締められ、改善が期待できるのです。

他にも、リラックス効果やデトックス効果、免疫力のアップに安眠効果…と、入浴の有効性は挙げてもキリがないほどなのです。

では、”肉体改造”の面において、入浴が何故重要なのでしょうか?
実は、運動、食事、入浴の順番や時間が大きな鍵を握っているのです。

運動の後に入浴 ただし○○の時間が絶対必要なワケ

整理体操やクールダウンといった言葉を耳にしたことがあると思います。

これらは、運動を行った際に発生する筋肉内の熱や乳酸などの”疲労物質”をゆっくりと発散させ、体の働きを徐々に平常時に戻すための時間として、極めて大切な時間です。

このクールダウンの時間をおかず、早く汗を流したいからと入浴をすると、筋肉にこもった熱や疲労物質が発散されません。それどころか入浴の温熱効果により、さらに熱を加える状態になってしまいます。この状態が、疲労やつらい筋肉痛を起こす引き金となってしまうのです。

ですから、運動後は最低でも30分、このクールダウンの時間を取らなければなりません。つまり、”運動の30分後以降に入浴をする”のが効果的と言えるのです。

ちなみに、汗を流す・体を冷やすという意味では、シャワーも有効です。しかし、シャワーでは疲労物質の発散効果は期待できません。翌日以降に筋肉痛や疲労を残さないために、ぜひ入浴するようにしましょう。

また、入浴後には、激しい運動をするのは控えなければなりません。軽いストレッチに留めましょう。

食事と入浴、どちらを先にすればいい?

では、食事と入浴とは、どちらを先に行えばいいのでしょうか?
これはズバリ”入浴後に食事を取る”ことがベストです。

人は食事をすると、その消化吸収のため、腹部(胃や腸)に血が集まります。この状態で入浴をすると、脳に血が巡りにくくなり貧血を起こしてしまうのです。この予防のためにも、まず入浴を先にする必要があります。

また、入浴の効果に全身の血流の促進がありましたね。全身の血流が活発な状態では、食後にも胃腸に血流が集まりにくくなるのです。結果、消化がゆるやかになります。

食物をゆっくりと消化すると、血糖値の上昇も緩やかになります。この状態は、インスリンの分泌が緩やかになるばかりか、糖分や脂肪の吸収も抑えられる他、整腸作用の促進、内臓脂肪の減少、中性脂肪の抑制といった、体質の改善と生活習慣病の発症を食い止める効果もあるという、まさにいいことずくめだと言えるのです。

更に、入浴後は食欲が抑えられる効果もあり、特にダイエットという肉体改造時には、入浴を先に済ませることをお勧めできるのです。

肉体改造・健康維持のためにどんな入浴方法をとるべきか

”運動の後にクールダウンの30分を置いて入浴、そして食事”の順に行うことが、肉体改造時、ひいては健康のためにいいことがわかりました。

しかし、どんな入浴方法でもいいのか、というと、そうではありません。

運動後はクールダウンを行っても、熱を帯びている状態。ですから、熱いお湯に浸かるよりも、ぬるめの38度から40度程度の湯船に浸かるといいでしょう。もしジムなどの施設でサウナを利用するならば、筋肉がズキズキ痛むような場合は避けましょう。

そして、リラックス効果があるからと、のんびりゆったり長時間湯船に浸かるのも、お勧めできません。

入浴は疲労回復効果もありますが、体温よりも高いお湯に浸かり続けると、筋肉は再び熱を持ってしまいますし、体自体も逆に疲労し、湯あたりしてしまいます。浴槽に浸かるのは、長くとも20分ほどにするといいでしょう。

また、運動を行った後の休息も、忘れてはいけない要素です。

質のいい睡眠を取るか取らないか。それだけで人の健康は大きく左右します。また体を休めなければ、せっかく行った運動も意味のないものになってしまいます。

健康な体になりたいと願うならば、運動、食事、入浴、そして休養。この4つの要素を効果的に行いましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ