時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

内出血で痛みが出る時の原因はしっかり確認すべき!

      2015/07/28

内出血で痛みが出る時の原因はしっかり確認すべき!

内出血はちょっとしたことでも起きますが、痛みを伴う時は要注意!

原因をしっかり確認して早期に医師の診断を仰ぐ方が良いと言われます。

さまざまな原因で起こる、痛みを伴う内出血について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


その痛みを伴う内出血!痛みが続く場合に考えられることとは?

打撲による内出血で痛みが継続する時に想定できること

◆骨折

強い衝撃で打撲傷を負った場合、実は骨折していた…というケースは珍しくありません。軽度の骨折では、受傷後すぐにレントゲンを撮影しても骨折を発見できないこともあるでしょう。
 
骨折後に適切な処置をしないと、損傷した骨が周囲の組織を傷つけて内出血が続きます。痛みもなかなか引きません。
 
再度、レントゲン撮影をしましょう。
 

◆細菌感染

打撲傷でのダメージをきっかけに、皮下細胞組織が細菌感染を起こします。炎症などによって痛みや熱を生じるでしょう。
 
炎症を抑えるための抗生物質投与等、打撲傷とは別の治療が必要です。
 

◆コンパートメント症候群

打撲や骨折、脱臼などの外傷で内出血を起こすと、組織内部の圧力が急激に上昇して圧迫された細動脈が血行障害に陥ります。十分に血液が行き渡らなかった筋腱神経組織は壊死してしまい、不可逆的な障害に至ります。壊死した組織の機能は元に戻らないため、迅速な処置が必須です。
 
スポーツ中のケガや交通事故など、強い衝撃をともなう打撲で内出血を起こした場合は、その後の経過をしっかり観察しましょう。
 

引用元-打撲による内出血〜痛みとアザが長引く時に考えられる原因とは[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

Q:太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整形外科を受診しました。

太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整形外科を受診しました。

骨には異常がなく膝からくる痛みと言われ湿布と痛み止めを処方されました。
今朝足を見てみると内出血している場所が増えていました。

主に痛い場所は太ももです。

初めて行った医者だったのと膝部分しか診てもらえなかった為このままでいいのか少し不安です。
膝の痛みから筋のつったような痛み(足を少し引きずるくらい)と内出血はあるんでしょうか?

引用元-太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整… – Yahoo!知恵袋

A:太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整形外科を受診しました。というお悩みへの回答

基本的に内出血を起こす原因として以下の通りでしょうか。

・思い切り急激に伸ばされた。
・力の入れすぎ。
・強い外力(打撲、挟まれる)。
・飛び降りたときのような強い衝撃。
・血液をさらさらにする薬を内服している+衝撃。
・毒物や病気。

何か心当たりはありますでしょうか?骨折や筋の断裂がなければ、安静で治癒します。内出血も黄色っぽくなって、やがて薄くなって消えます。

膝の痛み=内出血はありません。何か別の(先に記述したような)原因があったのでしょう。
様子を見てください、もっとも、ひどくなったら即、整形受診をしてくださいね。お大事に!

引用元-太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整… – Yahoo!知恵袋

膝に痛みを伴う内出血が出来た場合の原因と治療法とは?

 

膝の内出血の7の原因

外部からの強い打撃、強い打撲
慢性的な障害
膝の使い過ぎる疲労
過度の運動
オーバーユース症候群
色素性絨毛結節性滑膜炎
血友病
 
 

膝の内出血の痛みについて

膝の内出血には、外部からの強い打撃などによる症状と慢性的な障害による内出血があります。膝の内出血の痛みからくる疲労や使い過ぎる内出血などですが過度の運動などでは、膝への負担を増大させ炎症の拡大を招きますので膝の負担の軽減を優先に意識することが大切になってきます。
 
 

膝の内出血の原因とは

膝の内出血の原因は外部からのものと内部からのものにあります。 膝の外部からの要因が原因のものは固いものをぶつけたときの打撲です。膝の内部の内出血の原因は継続的に膝の一部に負荷がかかりすぎるオーバーユース症候群によるものです。
 
 

膝の内出血の治療法について

スポーツなどをしていて膝を強く打ったり同じ姿勢をしていると、膝に内出血を起こすことがあります。 膝の内出血の治療は、ぶつけた直後などは氷などでアイシングをすることで早くなロいます。 少し時間が経ったときの治し方は、暖かいタオルで温める温熱療法です。

引用元-膝の内出血の7の原因

痛みが出る出ないに関わらず、原因が分からない内出血は甘く見てはいけない!?

「内出血」を起こす怖い病気

怖い病気といえば、「白血病」が思い当たると思います。

身体のあちこちに身に覚えのない「内出血」(青あざ)ができ、歯茎や鼻からの出血が起き、発熱が続く。こんな症状で病院へ行ったところ「白血病」と診断される。

ドラマや小説だと良くあるパターンなのですが、現実ではどうなのでしょうか。

「内出血」は、毛細血管が弱くなると破れやすくなり、ちょっとした事で発症してしまいます。これは、病気が原因となる事もありますが、ビタミンPの不足が引き起こす事もあるようです。

この、ビタミンPは、柑橘類(みかん等)の果皮に多く含まれており、毛細血管の強化・血中コレステロールの改善効果等、血液や血管などの健康に欠かせない栄養素です。「青あざ」の改善にも効果があるとされていますので、みかんの薄皮は剥かずにそのまま食べたいところですね。

「内出血」が広がるという事は、血液中の血小板の減少や血液凝固の因子が減るという事です。この症状は「白血病」が起因となる事が多いので、「青あざ」が出来やすい=「白血病」なんていう感覚が生まれてしまったのだと思います。

「内出血」は、脂質異常症(高脂血症)や免疫異常でも起きやすくなるようです。ピロリ菌の存在も少なからず関係してくるという説もあり、すぐに「白血病」かも?と考えるのは早計のようです。

ただ、あまりに頻繁に、痛みの無い「内出血」(青あざ)が現れるようでしたら、一度病院へ行ってみるのもいいかもしれません。

ちなみに、キスマークも「内出血」ですので、すぐに冷やせば目立たなくなる可能性が高いですよ。(時間が経ったら、温シップかな)

引用元-「内出血」が起きた時にやるべき処置とその理由 | 健康生活

内出血の一つ、血豆の原因を知って、上手く対処したいポイント3つ!

① 原因について知る

まずは血豆のできる原因についての理解を深めましょう。

原因を知らねば、何事も対処のしようがありません。

血豆の原因は内出血です。

文字通り皮膚の内側で出血しているのですね。

普通、強い衝撃を受けて血管にダメージを受けると出血します。

しかし、血管は傷ついても皮膚のダメージは少ないケースがあります。

その場合、血は体の外に流れて来ずに身体の中で滞留します。これが血豆の正体です。

ゆえに、タンスの角で足をぶつけたり、ドアの間に指を挟んだり、トンカチなどで釘ではなく指を叩いてしまった時にできるのです。

では、原因が分かった所で、具体的な対処法に話を移しましょう。

 

② 血を抜く

最もポピュラーな方法として、血抜きがあります。

血豆にしっかりと消毒した針で穴を開けて、血を抜いて処置する方法です。

針の消毒方法は、火(ライターなど)であぶる、または沸騰した熱湯につけ、滅菌ガーゼに消毒用エタノールを含ませて拭き取ります。

針を刺すときは痛いですが、効果が高く、早く治すことが可能です。

昔の方は大概この方法を取ります。

おじいちゃんやおばあちゃんに見せて、この方法で処置された方は多いのではないのでしょうか。

ただ、注意が一点。感染症のリスクです。

物理的に身体に穴を開けるわけですから、雑菌の侵入は一番にケアすべき問題です。雑菌への対処を怠ると、患部の化膿など、他の問題を引き起こし、より悪化するリスクもあります。

なので消毒は徹底的に行いましょう。

処置後も2〜3日はヨードチンキやマキロンなどの消毒薬を処方するのがベストです。

対処法として血豆をつぶしたまま放置だけは絶対に避けましょう。周りの細胞も徒(いたず)らに傷つけることになり、弊害が多いです。

 

③ 自然治癒力に任せる

次に一般的なのが自然治癒です。

血豆への対処は、血抜き派と放置派の2派しかないと言われるほど一般的な対処方法の一つですね。

この自然治癒力に任せて放置する方法、実は最も安全でリスクの低い治し方です。

人間の身体というのは大変良く出来ていて、大概のことは自然治癒します。

そのため余計な対処は行わずに、自然治癒に任せるのがやはり一番安全だと言うことですね。

つまり、スポーツの試合が近いなど緊急の場合を除いては、血を抜いたりせずに放置が良いでしょう。

引用元-血豆の治し方!一刻も早く痛い血豆から解放される5つの対処法 | Healthy Lifestyle

お年寄りに見られる痛みを伴う内出血「老人性紫斑」の症状や原因について知っておきましょう!

老人性紫斑とは?

老人性紫斑は高齢者に多くみられる病気で、腕や手の甲、顔面に紫色をした斑点が生じます。これはその部分が皮下出血していることで紫色の斑点のように見えます。人間の血管は年齢を重ねるごとに弱体化して脆くなっていき、ちょっとしたことでも皮下出血を引き起こすようになるので注意が必要です。

老人性紫斑の症状

老人性紫斑病は衝撃や刺激を受けやすい腕や手の甲に赤や紫色の斑点が現れます。最初は赤や紫色だったものが、次第に黄色に変色する場合もあります。稀に軽い痛みを生じますが、ほとんどの場合痛みは伴いません。

老人性紫斑の原因

老人性紫斑は他の病気のように、症状を引き起こす特定の原因があるわけではありません。強いて言えば、単に年齢を重ねることで皮膚が薄くなり血管が脆くなるためと言えるでしょう。

年齢を重ねると血管を保護しているコラーゲンや脂肪組織が減少します。そのことで皮膚はだんだんと薄くなり血管を守れなくなります。

また血管自体も脆くなるので、わずかな衝撃が加わっただけでも皮下出血が生じます。その皮下出血が薄くなった皮膚から透けて見えるので紫色の斑点に見えるというわけです。

引用元-軽い衝撃でもアザができてしまう 老人性紫斑の原因 | ヘルスケア大学

「ムダ毛処理」でも痛みを伴う内出血が出来やすいその原因とは?

内出血が発生しやすいムダ毛処理方法

どういったムダ毛処理の方法を選択した際に内出血が発生しやすいのかというと、毛抜きや脱毛ワックス、脱毛テープを使った場合です。毛抜きといえば、とても手軽なムダ毛処理方法として実践している人が多いですが、毛を引き抜く際には痛みを感じます。ですが、一瞬しか痛みを感じないためにアフターケアをしていないという人がほとんどのようです。

処理時のポイントとしては、毛の流れに逆らって抜くと毛穴にかける負担が大きくなってしまうので、毛の流れをよく確認しながら抜くことが大切です。そもそも毛抜きを使ったムダ毛処理の方法は肌を傷つける可能性が高いためおすすめできません。

脱毛ワックスや脱毛テープを使った方法も同じです。これらも処理の方法に違いはあるものの、ムダ毛を無理やり引き抜くという点では同じですよね。しかも毛抜きとは違い毛穴だけでなく肌全体にダメージを与えてしまうため、内出血以外にも様々な肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

引用元-内出血ができる原因とムダ毛処理時の注意点について | 美ボディプレス

関連記事はこちら

 - 病気

ページ
上部へ