時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

会社を退職すると決めた時、何日前に会社に言えばいいの?

      2015/07/28

会社を退職すると決めた時、何日前に会社に言えばいいの?

会社を退職する時、有給休暇の消化や、

転職などを考えて退職時期を決定しますが、

何日前に会社に言えばスムーズに退職できるのか?

他に注意すべき点はない?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


会社の退職は何日前に伝えればいい?

法律上、14日前までに退職の意思を申し出れば退職は可能です。

就業規則でどう定められていたとしても法律が優先されます。

もし会社側がゴネたり、退職日を引き延ばそうとしたり、受理しなくても関係ありません。労働者が退職の意思を会社に通告した時点で効力を発揮するので、もし会社が全く動かなければ「法律上〜云々・・・」の話しをだせば、途端に退職の処理を進めるはずです。

それでも動かない場合はハローワークに相談しましょう。

ですが、上記は会社側がゴネた場合の最終手段としてください。

通常の会社であれば、円満退社をした方がいいはずです。
入社1、2年目での退職なので、引き継ぎ事項などはそれほどないと思いますが、それでも退職の意思を告げてから実際に退職できる日までは1ヵ月〜2ヵ月程度かかると見込んでください。

次の転職先の会社も、その辺の事情は考慮済みのはずですので、現会社、転職先の会社双方とよく相談しながら、実際に退職する日程を決めていきましょう。

引用元-退職は最低何日前までに伝えればよいのか?

期間の定めのある労働契約だと…

そもそも労働契約には、「期間の定めのある契約」と「期間の定めのない契約」に分かれます。

「期間の定めのある契約」とは、パートタイマーや契約社員などの非正規雇用の従業員に多く見られる契約形態で、契約期間が1年とか3年とか予め定められているものです。「期間の定めのある契約」は、あらかじめ使用者との間で契約期間をいつまでと約束してあることなので、途中における解約は、やむを得ない事由がない限り、原則としてできません。(民法第628条)

それに対し正社員などは、「期間の定めのない契約」であることが多く、民法の規定により一定の条件に従えばいつでも解約(退職)の申し出を行うことができます。

なお、定年制については、その途中での退職や解雇が禁止されているわけではないので、契約期間を定めたことにはならないということになっています。

つまり、民法第627条の規定に従えば、自己都合退職の場合に、会社に退職の申し出をして2週間が経過すれば、会社側がこれを拒否したとしても退職が自動的に有効に成立するということになります。

引用元-退職・解雇と社会保険手続きガイド

休みの少ない月に会社を退職しよう

・日給月給制

月の出勤日数に関係なく同じ額の月給がもらえます。
欠勤などがあれば、減給式で減らされます。
1日休めば1日分給料が減ります。

・月給制

月の出勤日数に関係なく同じ額の月給が貰えます。
欠勤、遅刻、早退による減給はなしです。

で、どちらの体制でも、出勤日の少ない月は得なんです。
つまり15日出勤日の月と20日出勤日の月はどちらも貰える給料が同じなんです。

なので、出勤日の少ない月の締日を狙ってやめるのが一番得なんです。
5月のGW、8月のお盆休み、12月の年末年始の正月休みなどの締日を狙うのがお得ですね。

この事からぼくが損をしたというのは1月15日にやめていれば(僕の会社が15日締めのため)出勤日が少ないのに満額もらえて辞めれていたのですが
ぼくがやめるのは12月31日です。

さらに、締日ではなく中途半端な日に辞めてしまった場合の計算方法があるのですが、それが損の原因です。

・締日前に辞めた場合の月給計算方法

これは、出勤した日給で払われます。つまり、出勤日20日の月と15日の月で5日間出勤してやめた場合は貰えるお金は同じです。

日給は基本月給÷(年間出勤日÷12か月)×出勤日数で計算されます。

つまり、1月の出勤日の平均が20日であれば出勤日数が15日の月に締日一日前にやめると14日分の日給になり、6日分の日給を損します。

僕は退職後に年始の6連休があるのでその分損しているってことです。

以上のことから休みの多い月はできるだけ避けるのをおすすめします。

引用元-損しない退職方法

退職は何日前に言えばいいのか?

転職する方は、転職時期で頭がいっぱいで、できる限り早く移りたいといったことから、まずは「民法では2週間前に伝えればいい。」のように、法律的なことを考えがちです。

しかし、自分の転職時期のことばかり考えていては、あまりに自分本位です。こうした考えは、自分の業務範囲を固定して、狭い視野での仕事しかできないなどの形で、転職先でも顔を出すかもしれません。

転職先を探すときも、「内定を受けてから2か月後」というように、引継期間を考慮して転職可能時期を伝えましょう。早く転職したいばかりに、自分の都合だけで転職時期を指定することは避けなければなりません。

円満に退職して、次の職場に気持ち良く送り出してもらうことは、次の職場での成功の必要条件ともいえるでしょう。会社からの必要以上の期間にわたる引き止めに応じることもありませんが、引継ぎまで責任を持ってやる姿勢が、次の職場に行っても半端な仕事をしない業務姿勢へとつながるのではないでしょうか。

引用元- [転職のノウハウ] All About

会社の上司に退職を報告する時

退職が決まった場合、真っ先に報告する事となるのが直属の上司です。通常は会社の規定により、退職希望日の何日前までに退職する事を報告しなければいけないというのが決まっています。
もちろんその期日には報告しなければなりませんが、職場の仕事量や人員の配置を考える立場にある上司にとっては、できるだけ早く伝えてほしいという場合がほとんどです。

職場によっては大きなプロジェクトを抱えていて人が抜けるのは手痛い場合もありますし、たとえ退職する人がそのプロジェクトなどに加わっていなくてもその人が行っていた業務について引継ぎをしなければならず、それに対して誰を配置するべきかを考えなければなりません。

また会社全体で年度末や年度初めといった忙しい時期に突然報告されても、他の業務で手いっぱいで、なかなか退職者の事務的要件を進めにくい、といったこともあります。そういった点を考えると、退職の報告は早めに聞いておきたいというのが良くわかるのではないでしょうか。

上司に退職報告する際は細かい計画を立てよう

上司へ報告する際の注意点としては、以下が挙げられます。

・退職の理由が現職への不満であっても正直に告げず、「一身上の都合」「家族の都合」などにする
・退職希望日だけは明確に伝える
・有給消化などをしたい場合はそれを踏まえた引き継ぎの計画を立てる

このタイミングで遠慮しても仕方がありませんので、後々首を絞めてしまわないよう、余裕を持った退職スケジュールを立てましょう。

引用元- 転職のことならキャリアパーク

退職する際の有給休暇消化について

有給休暇(年次有給休暇)は法律上、「労働関係の存続を前提としたものである」という取り決めがあります。

つまり、退職して会社との関係が無くなってしまえば、労働としての契約もなくなり、有給休暇は自動的に消滅してしまうというわけです。

だから絶対に使ったほうが特!というか使わないとそれだけ損をしてしまうのです。

有給は予定を立てて消化を

自分から退職を申し出る場合、労働者には退職の自由が認められているわけですから最短で2週間あれば辞める事が可能です。

そしてこの2週間を全部有給休暇に指定することも、法的には問題がない事になります。

しかしどうせ自分の意思で退職できるのなら、仕事の引継ぎなどを考えて、十分に有給休暇を消費できるように予定を組むのが理想でしょう。

引用元-退職と有給休暇の消化 | 労働基準法違反を許すな!労働者

会社が有給休暇の代わりにお金を支払う、つまり有給休暇の”買い上げ”は法律で認められていないからできないと説明する会社が多いようですが、これは必ずしも正確ではありません。

会社がお金の力で労働者から休む権利を奪う事が禁じられているので、法律で与えられた日数に関しては金銭との交換ができないというのは事実です。

しかし、例えば勤務開始から数日間の有給休暇を与えられた場合など、法定日数を上回る分に関しては双方の同意によって「買い上げ」が可能です。

また、退職時に消滅してしまう分の有給休暇を一部買い上げの形にすることも問題は無いとされています。

引用元-退職と有給休暇の消化 | 労働基準法違反を許すな!労働者

退職時の引き継ぎを巡るトラブル

この事件は、退職する従業員がそれまでとれなかった有給休暇の取得(34日分)を、退職前にまとめて申請したのに対し、会社が退職日まで引き継ぎ業務をすることを命じて有給休暇の取得を拒否した事案です。

この従業員は会社の引き継ぎ業務の命令に従わず、出社しませんでした。

そこで、会社がこの従業員が出社しなかった期間については給与を支払わなかったところ、従業員は「有給休暇の申請をして休んだのに会社が給与を支払わなかったのはおかしい」として、給与の支払を求める裁判を起こしました。

この事件で、裁判所は、会社が従業員の有給休暇の取得申請について「時季変更権」を行使したことは適法であるとして、この従業員の請求を認めず、会社を勝訴させました。

従業員が有給休暇を請求してきたとき、会社は原則として「従業員が希望する日」に有給休暇を取得させなければなりません。ただし、従業員が希望する日に有給休暇を与えることが「事業の正常な運営を妨げる場合」は例外的に会社は従業員が希望する日を変更することができ、これを「時季変更権」と呼びます。

この裁判では、会社が退職前の引き継ぎ業務に従事させるために時季変更権を行使したことが認められるかどうかが問題になりました。

この問題については、退職日より後に有給休暇をとることはできない以上、退職前の有給休暇申請については、会社に時季変更権はなく、会社は従業員の希望する日に有給休暇をとらせなければならないという考え方が一般的でした。

しかし、この事件で、裁判所は、会社が退職前の引き継ぎ業務に従事させるために時季変更権を行使することはできると判断しました。

もちろん、退職前の有給休暇申請のすべてを断ることができるわけではなく、原則として申請があれば取得を認めなければなりません。退職日までまだ期間がある場合は、有給休暇の希望期間より前に引き継ぎを終わらせもらい、有給休暇を取得させなければなりません。

しかし、従業員が希望する退職日がせまっていて、退職日まで引き継ぎ業務を行わせる必要があるようなケースでは、会社が有給休暇の取得を断って業務に従事するように求めることができます。

引用元-弁護士事務所咲くやこの花法律事務所

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ