時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

仕事中に出る独り言 心理状態の改善がこのクセを治す鍵!

      2016/02/22

仕事中に出る独り言 心理状態の改善がこのクセを治す鍵!

仕事中、つい口をついてしまう独り言。

これを放置するのは周囲にとって迷惑になるばかりではなく、自身の心に更なる負担をかけることに繋がります。

独り言が出てしまう時の心理状態はどんなものか、このクセを治すためにはどんなことが必要か、見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

受動喫煙の影響は?喫煙でどれくらいの人に迷惑をかけるのか

受動喫煙による影響を心配する人は多いですが、喫煙し...

食後に運動すると吐き気がする!気になる症状の理由と改善法

食事をしてからすぐに運動をしようとすると吐き気を催...

スポンサーリンク


仕事中の独り言は周囲に迷惑! どうして独り言が出てしまうのか

皆が仕事に精を出している職場に、突然響く誰かの独り言。「よし」だとか「しまった」と言うような思わず口に出てしまう呟きは、誰もが聞いた経験と発してしまった経験、どちらも持っていることでしょう。

ただ、ある調査では、同僚の気になるクセ、迷惑だと思うクセの第一位としてこの”独り言”が挙げられています。

ほんの少し、咄嗟に出てしまうような独り言に対してまで、皆が眉を潜めているわけではありません。むしろ、そうした呟きは最初に触れた通り、万人が発するものだからです。

問題となっているのは、”独り言をしている時間の長さ”と”独り言の内容”です。

常にブツブツと呟く声がして、しかもその内容がネガティブだったり、他者への攻撃的なものだと、聞きたくないのに聞かされている周囲にとってはたまったものではありません。

ただ、この独り言、周囲にとって迷惑なものである以前に、本人の心が発している危険信号の可能性があります。
どういうことなのか、その理由を見ていきましょう。

心理学的にみた独り言の及ぼす作用とは?

そもそも、どうして独り言は出てしまうのでしょうか?

心理学的に、人は感情が高ぶるようなショックな出来事に遭遇した時、”自己の主観”を取り戻すために声を発するのだ、とされています。

つまり、自分の声という刺激により、ショック状態から現実に戻るのです。これは心身ともに健康な人でも起きる、通常の反応。びっくりした時に思わず出る短い悲鳴も、同じような作用があります。

他にも、自分の考えや状況を整理するために、独り言が出ることもあります。ただ頭のなかで考えているよりも、声に出すことで、状況の整理や認識がよりはっきりする効果があるのです。

かの天才物理学者のアインシュタインも、独り言が多かったという逸話があります。独り言により、自分の考えを頭のなかだけでなく口に出す、その声を耳で聞き取るという手順を踏むことにより、より自身の思考を深めていったのだと考えられています。

こうした独り言を有効活用する人を、私達は日常、テレビなどで目にしたことがある筈。それは試合を前にしたアスリートです。

彼等は独り言を自己暗示トレーニングとして活用し、身体能力を最大限に引き出しているのです。

こんな独り言は要注意!それは心の悲鳴です

独り言は、多くの場合、自分の心理を落ち着かせるための手段です。つまり、ストレスを発散するために、体が無意識に行っている動作です。問題は、それが仕事中に、頻繁に出てしまっている状況にこそあります。

仕事中に独り言が多い場合は、常に自分の声による”現実への引き戻し”が必要なほど、心がストレスによる重圧で悲鳴を上げている・慢性的にストレスを感じている状態だと言っても過言ではありません。

中でも、注意したい独り言というものがあります。

  • 自分に対するネガティブな内容の独り言
  • 他人に対しての攻撃的な独り言
  • 誰かと話しているような独り言や一人で笑う

こうした独り言が増えている時は、うつ病を始めとした精神的な疾患を発症している可能性があります。自分を否定するような独り言の場合は抑うつ状態である可能性が高く、逆に他人に対しての攻撃的な独り言の場合は、鬱屈された感情が爆発寸前である可能性が高いため、どちらの場合も早期に治療を行う必要があります。

特に誰かに話しかけているような独り言の場合は、統合失調症などを発症している可能性がありますが、本人は自分の異常さに気付いていません。
周囲が働きかけ、早急に専門医を受診させましょう。

仕事中の独り言を改善するには、まず心理状態を改善しよう

もし、自分で独り言が増えてきたな、と感じているならば、それはあなたの心が出している危険信号です。

この独り言を無理に抑えこもうとしても、今度は逆に独り言によってバランスを取っていた精神が崩れてしまい、より心に負担が罹ってしまいます。

ですから、まずはストレスを発散する。これが独り言をなくす一番近道で、確実な方法と言えるのです。

ストレスの発散には、やはり”休養”と”運動”が一番です。

心を動かすのは脳です。脳は十分な休養がとれないと、脳内物質の分泌に異常が出てきます。こうなると、日常の生活にも支障が出てきますし、何より脳内物質の分泌異常は精神疾患の一因とも言われています。ですから、休養によって脳をしっかり休ませてあげなければなりません。

休養のためには、運動も欠かせません。

人の体内には、交感神経と副交感神経が存在し、上手にバランスを取っています。副交感神経が働かないと、人はリラックスしたり、眠ることが出来なくなってしまいます。

運動によって交感神経が十分に働くと、振り子のように副交感神経も十分に働くようになり、質の良い睡眠に繋がります。

激しい運動をする必要はありません。軽いランニングやウォーキングから始めると良いでしょう。

自分に合ったストレス発散を選び、独り言をいうクセを改善しよう

ストレス発散法には、人によって向き不向きがありますから、自分に合ったものを取り入れましょう。

例えば女性ならば、アロマオイルを使ったマッサージを受けてみたり、一人でカラオケをしてみたり。男性ならばスポーツ観戦や筋肉トレーニングなどが効果的です。

ただ、てっとり早いストレス解消法として、飲酒や暴食、ギャンブルなどは、他の弊害を起こす可能性もありますから、避けたほうがいいでしょう。

普段の生活の中であえて独り言を呟くことでストレスを発散し、仕事中に呟かなくてもいい心理状態に持っていく、というのも一つの手です。

この場合は、あえて、自分を奮いたたせる・褒める・安らげる言葉を口にしてみましょう。そう、アスリートの行う自己暗示トレーニングを行うのです。

ネガティブな言葉が更なるネガティブな思考を生み出すのと同じで、ポジティブな言葉は、自分の心の栄養になります。

独り言に込められた自分の心の重しを放置せず、うまく解消できるようになれば、独り言のクセもいつしか改善されます。是非、試してみてください。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ