時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

今、40代が危ない!40代は自分の将来が不安?

      2015/07/17

今、40代が危ない!40代は自分の将来が不安?

40代は不惑の歳と言われます。

これは孔子の論語に由来するものですが、最近の40代は違うようです。

40代でも将来の不安を抱えた人が増加中なのです。

今、40代に何が起こっているのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

スポンサーリンク


40代の不安とは?

40代というのは、得体の知れない不安に苛まれる“お年頃”のようである。

「自分探し」とは、ちょっと違う。言葉にすることさえ難しい、内面の奥深くでうごめく得体の知れない自身への問いかけである。

自分はいかほどの人間なのか──?

“いかほど”を、何で評価するかは難しいことではある。

・今と同じだけ稼ぐことができるのか?
・今と同じように周りは自分に接してくれるのか?
といった基準になるのだろうか。

いずれにしても、「○×会社の山田太郎です」と言えば、「それなり」の扱いを受けられる。社会的に評価されている会社に勤めているがゆえの不安。

若い頃は疑問を抱くことなどなかったのに、40代になって自分を少しだけ客観的に見られるようになってくると、「○×会社の山田太郎」でしかいられない自分に、無性に気が滅入る。

転職したいと思っているわけでもないのに、「自分が今の会社を辞めて、転職したら、同じだけ稼ぐことができるのだろうか?」などと考えてしまうのだ。

引用元-−-日経ビジネスオンライン

40代が抱く将来への不安

内閣府の世論調査によると、日常生活の悩みや不安の第1位は「老後の生活設計」(57・9%)だ。なかでも、40歳代女性は66%、50歳代は74%と高い。「30年後の年金の試算では、今の3割程減ってしまいます」(シンクタンク研究員・中嶋邦夫氏)というからそれも当然だろう。三輪秀香アナが「子供達の教育費がいくらかかるのか、老後のお金使いすぎはどんなところか、身の回りチェックはどういうところかも見て行きます」と老後のマネーを解説した。何よりも人生のそれぞれの世代での出費や貯蓄を漠然と考えず、しっかりと具体的に計算することが大切だという。

引用元-−-J-CASTテレビウォッチ

30〜40代にもなると、男性も女性も、将来不安がむくむくと頭をもたげてくる。特に心配なのは、やっぱりお金のこと。周りの人はちゃんと貯金をしているのだろうか?

引用元-−-Livedoor News

なぜ40代は将来の不安を抱くのか??

40代になると、やはり老後が身近なものに
感じくるのではないかと思います。

それは、自分の体力や美貌が衰えていくのも
手に取るようにわかるし、自分の親たちが
まさに「老人」になり、それを目の当たりにするから。

今は、元気で若々しく楽しく過ごしていても
60代、70代になったら、どうなんだろう?
そういう漠然とした不安がよぎるんですよね。

引用元-−-40代からの美しく挑戦する生き方

平均寿命まで生きるとして、まだあと40年。年金だって、支給されるのか、あやふやだ。
そんな将来の不安を抱えて生きている40代、独身の女性たちのつぶやき。
「いつまで働いたらいいの」の声に迫ってみた。

男女雇用機会均等法の第1世代は、現在46歳から50歳。今なお働き続けるアラフォーシングル女性たちは、責任を背負わされ、超多忙な日々を送る。彼女たちの頭をよぎるのは「いつまで働かなければいけないの」という疑問だ。働かなければ生活していけないのは分かっているのだが……。

引用元-−-東洋経済オンライン

40代独身の不安感

女性に限らず男性にも言える事ですが、会社で仕事をしながら食べていく、生きていくには、それ相応のスキルや手に職をつける、というのが基本中の基本です。会社にとって必要な人材になる事が、女性が仕事をする上で最も大切なビジョンのはずです。

が、これに気づかず、一人暮らしで、仕事は派遣やパートで休日は孤独、貯蓄も少ない、あるいは貯金なし、で40代独身の女性というのは、もう、
・崖っぷちで突き落とされる寸前
と、突きつけられた現実をしっかり受け止め、40代で未だ独身である女の自分の人生を、しっかり振り返るべきでしょう。

引用元-−-あんりあ

数十年前に比べ、独身・単身世帯の数が急激に増え続けている日本。
このままでは男性の2人に1日が、女性の3人に1人が、生涯独身になる可能性があるというデータがあるほど、現在は未婚者が増えています。

このような背景で、多くの方は2つの対策を講じるでしょう。
1つは、一刻も早く結婚したい
2つは、一生独身であった場合の不安除去

という2つの選択肢です。

1つ目の、結婚したいというニーズが多いは周知の事実です。
ほぼ毎日開催される婚活パーティーや結婚相談所の広告を見れば、その需要の多さがうかがえます。

では2つ目の、老後の不安をどのように対処してゆくか?というものに関しては、案外処方箋が少ないのが現実です。
ネット上には「副業のすすめ」や「老後に苦労しない貯蓄額」など、様々な情報があふれていますが、これらは皆、推測の域を出ていません。
なぜなら、ここまで晩婚化・未婚化が進んだのはここ十数年。
国民の大半が未婚のまま生涯を終えるという状況を、まだ国民全体として経験したことがないからです。

引用元-−-敗北研究所

40代の仕事の不安

相談者は40代の独身女性。派遣で事務のデスクワークをしているのですが、将来を考えると、このままで良いのかと不安を感じているそうです。長く働ける仕事に転職することを考え始めている相談者。そこで、今の年齢からでもチャレンジできる職業はないかと相談しています。

引用元-−-教えて!ウォッチャー

なんと7割近い女性たちが、「40代〜50代で仕事を失うかもしれない」と感じていることが分かる。「一つの会社で定年まで働きたい」とは思いつつも、「この先、仕事を失ってしまうかもしれない」という不安を抱える女性たちの姿が浮かび上がってくる。「会社が無くなってしまうかも」「自分が必要とされなくなるかも」と考えている人が多いのだろうか。将来的にいまの仕事を失っても働いていけるように、具体的なリスクヘッジを行っている女性もいるようだ。

引用元-−-ウーマンタイプ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ