時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

メイクのチークは難しい…気が付いたら「おてもやん」だし!

      2015/10/10

メイクのチークは難しい…気が付いたら「おてもやん」だし!

メイクするとき注意が必要なのはチーク。

色っぽくしようとして、赤色のチークを使ってみたけれど、気がついたら「おてもやん」状態…

なんとしてもかわいくチークをキメたい!と言う方におススメの失敗しないチーク方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

スポンサーリンク


メイクのチークはする or しない?

ばっちり目化粧はしてもチークをしないというチークしない派がいます。

そして決して少数ではないところがこのチークの難しいところ。

アイシャドウや口紅のようにチークも自分に合う色合わない色があるのです。

これを知らずにチークをしたところ、出来上がったのは「おてもやん」か「田舎の女子高生」か。

野暮ったい印象ばかり残って、チークをしなくなってしまった女性は多いとと思います。

まずは自分に似合った色から探してみましょう。

チークの色にも流行廃りはありますが、ここは流行に左右されずにファンデーションを選ぶような感覚で、チークを選んでいきます。

チークの色は二つのグループに別れます。

「ブルーベース」と「イエローベース」、前者は青みが強い色、後者は黄色みが強い色となります。

簡単なのは、ブルーベースの色とイエローベースの色を左右に塗り分ける方法です。

肌に馴染んでいるほうは、血色が良いというか自然な感じがします。

馴染んでない方は、浮いているように見えます。

メイクに使うチークの色や種類と特徴

まずは色の選択。年代によって選択する色も変わってきます。

20代は、レッドやピンクなどかわいい感じの色がおススメです。

健康的でピュアに見えます。30代もぐっと落ち着いてきますので、上品な感じを目指しましょう。ピーチやローズなどがおススメです。

そして40代からは出来るだけ自然な色に見せるのがコツです。

いつまでもレッドやピンクなどでは「おてもやん」になってしまいます。

やわらかいピンクやオレンジなどを選びましょう。

また、一口にチークといっても、色の他にも色々と種類があります。

最も一般的なのがブラシを利用して肌に乗せるパウダーチークです。

パウダー状だけあって、仕上がりはサラっとしていて、テカリ防止にもなります。

混合肌やオイリー肌の人におススメです。

クリームチークは発色が美しいのが特徴です。

しっかりと色を乗せたい時に選びます。

リキッドチークは液状のため、肌そのものを利用して透明感を出します。

両方ともツヤ感のある仕上がりとなりますので、乾燥肌や混合肌の人におススメです。

脱「おてもやん」なチークの入れ方

まずはチークを入れる場所が重要です。

黒目の中央からまっすぐ下に向かって線をイメージします。

ここから外側でかつ、小鼻から耳の下のラインより上に入れるようにします。

大分場所が限定されてきましたね。後は個人の骨格に合わせていきます。

チークの基本は外側からです。

チークブラシは大きめの物をチョイス。

パウダーを付けたら、ティッシュで余計なパウダーを落としましょう。

ここでもったいないと思わない事!

粉を落とす事で、パウダーの均一性が保てます。

さて、最初にブラシを置いたところが基点となりますので、ここが一番チークが、濃くなります。

ほほの内側が濃くなる事、これが「おてもやん」の原因です。

ブラシは外側から内側に向けて動かします。

目尻、目頭の方向に軽く伸ばしていきます。

ラストは頬骨の下のラインに沿って、ブラシを往復させます。

普段リキッドファンデを使っている方は、パウダーのチークを使うとよれて見えます。

クリーム状のチークがおススメです。

もし「おてもやん」になってしまったら

何があっても、ファンデーションを上から塗ってはいけません。

厚塗りで別の意味で問題が発生します。

間違えた場所をコットンかティッシュで軽く撫でてオフしましょう。

場所はOKでも、濃くなり過ぎたという場合は、ファンデーションのついたスポンジで軽く落とすように撫でましょう。

チークをつけるメリットは、血色を良く見せて健康的な顔色にしたり、顔に立体感が出せるからです。

しかしメイクはメイク。

時間とともに少しずつ崩れていく運命です。

パウダータイプは初心者にもハードルが低く、上手に仕上がりやすいですが、その分、落ちてしまうのも簡単。

パウダータイプに慣れてきたら、クリーム状のチークを利用してみましょう。

量の加減が難しいですが、慣れると崩れにくく発色がいいのでおススメです。

ポイントは二つ、まずは手に付けて量の調節をしましょう。

いきなり頬にのせると「おてもやん」までまっしぐらです

そして仕上げにパウダーすることでメイクの持ちがよくなります。

メイクのチークはツールが決め手

パウダーチークで上手にメイクをしたい場合は、何よりもブラシが大切です。

付属している小さなブラシではどんな人でも上手にチークを入れるのは至難の業。

大きめのブラシを用意しましょう。

市販のブラシでぴったりするのが無ければ別の物から代替可能なのです。

それは「絵筆」です。

種類も豊富ですので、あなたにぴったりしたものが見つかるかもしれません。

「絵筆」をメイクブラシにする場合、大切なのは、その肌触りです。

メイクをする場合、顔はキャンバスと言われますが、肌はキャンバスよりもはるかに繊細です。

リスの毛を使ったものなど柔らか目でおススメです。

ただやはりもともとは肌に使うことを前提とされていまいので、特に肌の弱い方は慎重にご使用ください。

そして、筆先は丸筆や平筆など角を取ったようなものが使いやすいです。

ただし絵筆の難点はその筆の長さ。

メイクするには使いやすいのですが、ポーチに入れるには少々長いので、家用と使い分けるか、短めのものを探してみましょう。

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ