時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

マラソンの練習法 小学生のためのポイントと注意点

      2015/10/15

マラソンの練習法 小学生のためのポイントと注意点

大人でも大変なマラソンの練習を、ましてや小学生にさせようとするとなかなか上手く行きません。

無理やり練習させてもマラソンが嫌になるだけです。

では、何から始まれば良いのでしょうか?

今回は、小学生のための練習法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


小学生のマラソンで必要なのはメンタル

まず、小学生のマラソンで必要となるメンタルについて見ていくことにしましょう。

スポーツはよく、心技体が重要だといわれます。

小学生のマラソンでは、その中でも特に心、つまりメンタルを整えることが重要です。

マラソンのような長距離走は短距離走とは違って長時間走ることになります。

そのため、途中で気持ちが折れてしまったら、その時点で終わりです。

また、マラソンは団体競技ではなく個人競技です。

つまり、敵は自分であり、自分との戦いでもあります。

まずは、子どもに対してマラソンの楽しさを気づかせてあげましょう。

そして、子ども自らが目標を立てられるようにしてあげましょう。

では、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

マラソンが楽しく思えるようになるには、大人が一緒に楽しく練習することが大切です。

そして、毎日子どもをほめてあげましょう。

そうすれば、子どももマラソンを楽しく感じられるようになり、自然とメンタル面も整えられてゆくでしょう。

小学生がマラソンを走るときの基本

次に、小学生がマラソンを走るときの基本を見ていくことにしましょう。

まず、大切なのはゆっくりと走ることです。

いきなりスピードを出してはいけません。

そうすると余計なスタミナを使うことにもなり、長く走ることはできません。

膝は高く上げて、かかとから着地

膝を高く上げないと足が前に出ません。

また、かかとから着地して体の重さをしっかりと受け止めましょう。

腕は必要以上に力をいれずリラックス。

腕は自然体が良いでしょう。

腕に余計な力が入ってしまうとフォームが崩れてしまいます。

腕を90度以上曲げる

腕を伸ばした状態で走ると、腕を振るときに余計なエネルギーを使ってしまいます。

必ず90度以上曲げてコンパクトな形にします。

そうすれば、腕振りもスムーズにできます。

なお、当然のことですが、腕と脚は逆に出します。

このとき、腕は軽く握るようにします。

これも、腕を振るときに余計なエネルギーを使わないようにするためです。

いずれにしても、体に余計な力を入れずにリラックスし、自然な状態で走ることを心がけましょう。

マラソン練習法【ジョギング】

ここからは、具体的なマラソン練習法を見ていくことにしましょう。

ときどき、マラソンの練習として坂道ダッシュや筋トレなど様々な方法をする人がいます。

しかし、これは直接的にマラソンの練習にはなりません。

では、どのような練習をすれば良いのでしょうか?

おすすめは、ジョギングです。

1キロ以上のマラソンであれば、毎日30分程の時間をかけてジョギングをしましょう。

もちろん、早く走る必要はありません。

ゆっくりと自分のペースで走りましょう。

このときのスピードは、歩くより少し速い程度で十分でしょう。

この練習をしばらく続けていると徐々に慣れてくるでしょう。

そうしたら、少しずつ速く走るようにしましょう。

もちろん、無理して速く走る必要はありません。

この練習は持久力をつけるのに効果的です。

この練習以外にも、水泳がおすすめです。

週に1度だとしても、持久力をつけるのには効果的です。

この練習も、無理して速く泳ぐ必要はありません。

目的はあくまでも持久力をつけることだからです。

マラソン練習法【呼吸法】

次に、マラソンの呼吸法を見ていくことにしましょう。

先に説明したように、マラソンは長い距離を走ります。

極端なことをいえば、100m走なら息を止めても走ることができるでしょう。

しかし、マラソンはそうではありません。

正しい呼吸法が身に付いていなければ新鮮な空気を体内に取り組むことができず、スタミナを消耗することにもなるでしょう。

一般的に、マラソンの呼吸法は、鼻から2回吸って口から2回吐くのが理想的だといわれています。

しかし、人によって個人差があり、この呼吸法が合わないという人も少なくありません。

ただし、大きく息を吸って大きく吐くということは常に意識しましょう。

マラソンの最中に息が苦しくなってきたら、意識的に大きく呼吸をするように心がけましょう。

このときのポイントは、走っている足のリズムに合わせることです。

ゆっくり走っているのなら、4回吸って4回吐くのが良いでしょう。

少し速く走っているのなら、2回吸って2回吐くのが良いでしょう。

いずれも、自分の体とよく相談することが重要になってきます。

小学生の練習法のポイント

最後に、小学生のマラソン練習法のポイントを見ていくことにしましょう。

まず、ストレッチ。

マラソンを走る前と走った後には筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。

次に、走る速度。

慣れないうちは走る速度を1秒で2歩進むペースにするのが良いでしょう。

そして、歩幅は短くても良いので慣れてくれば歩数を増やしましょう。

次に、力を入れるポイント。

息を吐くときはお腹に力を入れましょう。

腕を振るときは、後ろに振るときに力を入れましょう。

膝を曲げて足を後ろに蹴り上げるときに力を入れましょう。

最後の注意点は姿勢。

猫背にならないように、肩甲骨を寄せて肩の力を抜いて走ることを心がけましょう。

まとめ

これまで見てきたように、小学生でも正しい練習方法をマスターすれば楽しくマラソンが走れるようになります。

もちろん、子どもだけでこれらをマスターできる訳ではありません。

できれば、身近にいる大人である両親が子どもと一緒に練習してあげるのが良いでしょう。

そうすれば親子一緒に市民マラソン完走も夢ではなくなります。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ