時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

パートを退職するために必要な期間は?

      2016/01/13

パートを退職するために必要な期間は?

いろんな理由によりパートを退職せざるを得なくなった。

辞めるための準備期間はどれくらいなんでしょう?

職場に負担をかけないように円満に退職するためにはどのようなことに注意をすればいいのか考えてみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


パートの退職はそれなりの準備期間が必要?

共働きが当たり前と言っても過言ではないほど、生活しづらい世の中であることはほとんどの人が思っていることと思います。

家庭の収入を増やしたいのが目的だったり、その道の仕事が根っから好きでパートの仕事をされている方も多いと思います。

しかし、せっかく苦労してようやくみつかった仕事でもなんらかの理由で退職せざるを得なくなったという人もいるのではないでしょうか。

まじめに仕事をやろうとしても、その職にどうしてもなじめなかったりあるいは職場の人間関係がうまくいかなかったり。

そうなるとどうしてもパートをしてきた期間に関係なく退職を余儀なくされてしまいますね。

ただし、パートだからと言って今日で退職します。明日からもう来ません。

とは普通なりませんね。

人間のマナーとして、そんなことしたら職場に迷惑をかけることはもちろん、自分の人格も疑われてしまうかもしれません。

そういうことは絶対してはなりません。

やはり余裕をもって退職するまでの期間というものを考えましょう。

パートを退職するために必要な期間とは

パートと言っても現実的な話を聞くと、ちゃんと雇用契約書をかわす職場もあれば口頭だけの約束だけでそれが雇用契約となるのも事実のようです。

本当は雇用契約書と平行して社会保険も完備していれば満足なのですが現実はそうではないようです。

私の話をしますと、自分の子供が就職をしたときにその会社は最初はパート扱いでその後数か月試用期間を経て社員となるものでした。

しかし、社員となっても社会保険が完備しておらず、国民健康保険の加入を余儀なくされましたがこの保険料が以外と高額で毎月の支払いがたいへんだったのを覚えています。

個人的な理由でパートを退職するには多少精神的な疲労を伴うのが普通です。

なかにはへいぜんと次の日から出勤しなくなったという人も聞きますが、少なくとも私にはできません。

やはり、職場のことを考え強制されてその職場にパートではいったわけではないと思いますのである程度の期間を経てというのが当たり前だと考えます。

パートを円満退職するために!

せっかくパートについても、職場環境や人間関係などの原因によって退職を辞さなければならなくなった。

こんなときは、急に辞めてしまったら職場に混乱をもたらしてしまいますので、計画的に退職を考えていきましょう。

通常、雇用契約に明記がないのであれば二週間前にその旨を知らせるのが普通ですです。

しかし、職場によってはギリギリで営業されてるところが多いというのが現状です。

もしその職場が人員に余裕があってあなたが辞めてもさほど支障が出ないというのでしたらいいのですが、辞めたことによって職場に大きなダメージを与えることになればたいへんな事態になってしまいます。

上げることによ自分のことだけを考えすに、やはりパートに従事した期間に関係なく職場の状況もよく考えて行動するのが人間としてのモラルだと思います。

あなたが退職したことで早急に人員の補充が必要な職場だと新たに募集するにしても時間と費用がかかってしまいますので、辞める一か月前に知らせるのがベターと考えます。

パートを退職するために注意したいこと

私たちがパートで働きたいと思ったときに何を情報源にするかと言えば新聞だったり就職情報誌だったりネットの情報だったりしますね。

その情報をもとに塔載した企業に連絡をとったりするわけですが、企業からみればこのいろんなメディアに情報を載せるのがけっこうな高額料金であったりします。

求人誌の搭載料はまちまちですが、一か月で5〜10万くらいではないでしょうか。

つまり、パートが一人退職したことで一人雇うのに上にあげた費用がかかってしまうということです。

退職する理由はいろいろだとは思いますが、お互いにいやな思いをしないようにやはり直前の告知ではなくいくらでも早い段階での告知がいいでしょう。

たかがパートではないのです。

たとえば退職したらまた次のところでパートにつきたいということであればなおさら、現職場と次の職場のかねあいもあると思いますので、早目に対応するのが心得です。

職場におけるパートの意味!

パートとはパートタイマーであり企業が決めた通常の労働時間でより短い時間帯を働く労働者となります。

パートとは言ってもピンキリで中には正社員を凌ぐつわものもいればそれ以上の働きをするパートもたくさん存在します。

副業でされてる方もいれば決められた時間しか働けないなど多種多様ですね。

特に職場に於いて重要な立ち位置にいる場合であれば、そこに欠員が出ると会社に損失を与えかねません。

たかがパートされどパートです。

企業のなかには従業員の9割がパートという会社も多数存在します。

つまりその会社はほとんどパートで支えれているということになりますね。

もちろん、パートだけでは会社経営が出来ないのは当然であり、あとの1割である社員との合体によって成り立つものです。

パートという形でしか働けないからパートなのであり、その存在意義というのも職場では大切なものであると思いますのでパートと会社、お互い尊重し合いながら働きたいものです。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ