時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

パソコンの資格を取得するには効率的な勉強が必要です

      2015/11/09

パソコンの資格を取得するには効率的な勉強が必要です

パソコンの資格を持っていると就活や仕事に役立つと考える人が増えてきました。

特に仕事をしながら資格を取得しようとするのなら、限られた時間で効率的に勉強する必要があります。

今回は、パソコンの資格を取得するための効率的な勉強方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


パソコンに関する国家資格

パソコンに関する国家資格にはいくつかあります。ここでは、代表的なものを紹介しましょう。

基本情報技術者

これは昔からある国家資格なので、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。問題は、システム設計からプログラミング等に関するソフト面とパソコン内部に関するハード面から出題されます。主に、システムエンジニアやプログラマーが取得する資格なので、難易度は高くなっています。

ITパスポート

最近はじまった資格なので、初めて名前を聞く人もいるでしょう。問題は、パソコンに関するソフトとハードから出題されます。パソコンに対する広い知識が求められるので、資格取得の勉強を通して自分の持っているパソコンの知識の棚卸しができるというメリットがあります。

ここにあげた2つ以外のも、パソコンに関する国家資格はいくつもあります。資格取得を考えているのであれば、まずは自分のポジションとスキルに合った資格を探すと良いでしょう。

パソコンに関する民間資格

国家資格以外にもパソコンに関する民間資格があります。国家資格は、当人がそのスキルを持っていることを国家が認めた資格なので、就活や仕事でも評価されることが多いでしょう。しかし、民間資格はそうとは限りません。この点に注意して、資格の取得を検討しましょう。

MSオフィススペシャリスト

仕事で「オフィス」を使っていない人はまずいないでしょう。これは、そのオフィスを作っているマイクロソフトが主催している資格です。この資格は広く認知されているので、就活や仕事でも評価されないということは少ないでしょう。難易度も比較的低くなっています。事務作業でパソコンを使うことの多い人にはおすすめです。

日商PC検定

最近できた資格なので、残念ながら日商簿記検定ほどの認知度はありません。ただし、簿記検定と同じように実践的な問題となっているので、認知度があがるにつれて資格に対する評価もあがってくるかもしれません。簿記検定と同じように、3級、2級、1級と分かれているので、自分のスキルに合った試験を受けると良いでしょう。

ここにあげた以外にも民間資格はいくつもあります。国家資格と同じように、自分のポジションとスキルにあった資格を探すと良いでしょう。

資格の勉強のための参考書選び

資格の勉強をはじめるにあたって、多くの人は基本テキストや参考書等を買い揃えるでしょう。このとき注意したいのは、欲を出して厚い本を買わないことです。本が厚いとたくさんの知識が習得できて、資格取得にプラスになると考える人がいるかもしれません。確かに、そういうメリットはあります。しかし、デメリットも多いのです。

本が厚いと途中で挫折しまうことがあります。途中で挫折したのは、自分の実力不足だと自分を責めることにもなってしまいます。自分が悪いのではなく、選んだ本が悪かったのです。まずは、出来るだけコンパクトにまとまった一冊を選ぶようにしましょう。そうすれば、途中で挫折することも少ないでしょう。

その一冊を読破して、まだ物足りないのであれあば必要に応じて買い足せば良いのです。もちろん、このときも厚い本を選んではいけません。先に買った一冊より少し難しい本を買うと良いでしょう。

いずれにしても、実際に読んでみて内容が理解しやすい本を選ぶのがポイントだと言えるでしょう。

資格取得のための勉強方法

資格取得のための勉強方法もいくつかあります。自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

用語先行型

パソコンに関する専門用語は多々あります。そして、それが理解できないと勉強も先に進めません。逆にいえば、専門用語が理解できれば勉強も進みやすくなるということです。そうい人は、パソコンの用語辞典から攻略するのが良いでしょう。用語をひたすら暗記するのです。このとき、必ず意味も合わせて理解しましょう。「聞いたことがある言葉」では試験に合格できません。

問題先行型

先の例とは逆に、ひたすら問題集を解くのです。そうすれば、自分がわからない問題や苦手とする問題、内容を理解できていない用語が明らかになります。それを重点的に勉強するのです。資格取得というのは限られた時間で勉強する必要があります。その限られた時間を、自分の弱点克服にあてましょう。

ここまで勉強してある程度実力がついてきたら、最後は過去問題集をひたすら解きましょう。新しく試験を作る人も必ずこの過去問題集を参考にしているはずですから、解いておいて損はしないでしょう。

パソコンは資格か実務経験か

パソコンの資格を持っていることを評価する人がいれば、当然、それを評価しない人も出てきます。そんな紙切れを持っているより、パソコンの実務経験を積んだ人の方が仕事ができると考える人です。

では、パソコンの資格取得は無意味なのでしょか。

そんなことはないでしょう。実務経験を積んだ人でも、最初は誰でもパソコン素人。まったくのド素人よりも、ある程度のパソコンに関する知識があれば、実務経験を積むにしてもよりスムーズに仕事に取り込めるでしょう。そう考えれば、パソコンの資格を取得することにも意味があるでしょう。

まとめ

今後もパソコン操作に関するスキルは求められてくるでしょう。いずれにしても、まずはいまの自分のポジションやスキルに合った資格を探しましょう。

そして、その資格が本当に取得する意味があるのかを自らに問い掛けましょう。そうすれば、自分にとって無意味な資格を取得して後悔することは少なくなるでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ