時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

シングルファザーの再婚 子供や周囲の反対とどう向き合うか

      2015/07/17

シングルファザーの再婚 子供や周囲の反対とどう向き合うか

シングルファザーとして子育てと仕事を頑張っていても、パートナーがいないことに寂しさを覚え、再婚を考えることもあるでしょう。

ただ、初婚や独り身の再婚と違い、子供がいることによって再婚へのハードルは想像以上に高いものになります。

子供のことや、周囲の反対……。向き合うべき問題はたくさんあります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


残念ながら、子供のいる親の再婚には厳しい問題がある

再婚で大きなハードルがあります。
それはお子さんがいる場合です。
当然ながらお子さんがいる場合は、課題が多いです。

まずは、相手です。
バツイチでもいいけど子持ちはいやという人が多いです。
これは避けて通れない問題でしょう。

相手からすれば自分の子供を育てたいというのがあります。
また、いきなり大きな子供を育てるというのも抵抗があるかと思います。
特に中高生の場合は思春期ですのでお互いなじみにくいかもしれません。

悲しいことに再婚して新しい親が子供を虐待するというケースが増えております。
これは自分の子供じゃないから愛せないという理由があります。
もっとも暴力を振るう人は選ばないほうがいいでしょう。

子持ちに抵抗がある相手に対しては徐々に慣らしていくしかありません。
一番いいのは最初から理解してくれる人を探すことです。
それでしたら苦労は少なくなります。

次の問題はお子さんの気持ちです。
二人がいくら愛し合っていてもお子さんが再婚に反対のケースは少なくありません。
子供から見ればやはり本当の親が一番いいのは当然のことです。

子供が反対する理由として一番の要因は自分は新しい親に愛されるのか不安というのがあります。
その不安を解消させるには結婚するまでの頻繁に遊びに連れて行くしかありません。
子供に信頼されないうちは再婚しないほうがいいでしょう。

引用元-−-バツイチ再婚.com

親の再婚で子供はどんな気持ちになるのか

最近は母親でも父親でも『母と父である以前に、自分の人生を生きる』という考え方がはやっていますが、それはただの無責任です。母であり父であることを選んだのは自分です。子どもが産んでくれと頼んだわけではないのですから、自分の選択の結果くらい自分でしっかりと受け止めるべきです。

本当にその『再婚』は必要なのでしょうか。まずは子供の立場になって考えることを忘れてはいけません。ただでさえ様々な脅威から子どもを守ることは難しいことです、だから子供連れの再婚は難しいのです。

子供は必ず再婚に困惑する
子供は親の異性としての顔を見たくありません。女としての顔、男としての顔……もちろん大人の男女ならば誰もが持っていて当然なのですが、子供は親が自分の親でなく男や女という存在になってしまうことをひどく恐れますし、嫌がります。

また親の男女の顔は、見せるだけで子供を傷つけることすらあるのです。再婚というのは子供にそうした親の異性の顔をどうしても見せやすくなってしまいます。かなり気を使って話を進めて行かなくては、子供を傷つけてしまうことになります。

また新しい『お母さん』『お父さん』ができることは、大抵の子供にとって嬉しいことではありません。無邪気そうに喜んで見せても、心の中では自分の親が奪われるのではないかと不安に思っている子供も数多くいます。新しい再婚相手が子供を可愛がってくれたとしても、異母兄弟姉妹、異父兄弟姉妹ができたときに平等に扱うことができるのかは未知数です。

子供も一人の人間ですから、子供を自分の付属物のように扱ってはいけません。何の根拠もない希望的観測で子供は大丈夫だと思うのは危険です。再婚相手も自分も子どもの困惑を受け止め、どんなことがあっても子供と正面から向き合っていく覚悟を持った上で、再婚を決めるようにしましょう。

引用元-−-LOVE戦場

子供だけでなく、周囲から反対されることもある

身内の反対には、結婚にまた失敗して本人や子どもが傷つくのではないかと心配する場合と、再婚相手を信頼できずに心配している場合のパターンがあります。
前者の場合には、時間を掛ければ、いずれ解消されていくと思われますが、後者の場合には、なぜ相手を信頼できないか、理由を聞いてみると良いでしょう。
恋愛中には、冷静に相手の短所が見えにくくなっていることが多いので、第三者の意見を聞いてみると意外と再婚後を出てくる問題の予測できるものです。

また再婚すれば、子どもの祖父母としての両親の立場にも変化が生じます。
また、再婚相手の両親の反対にあっているという話も良く聞きます。
もし、あなたの娘や息子が「連れ子のいる人と結婚したい」と言ってきたら、心配しますよね?
そう考えれば当然のことです。
わが子が初婚ならなおさら心配になるでしょう。

子連れ再婚では、自分の親や相手の親からの反対は、当然起きる障害です。
たとえ再婚に賛成して新しい家族を歓迎してくれたとしても、心の中では複雑な思いであるかもしれません。
親の気持ちも色々と複雑です。
そんな親の気持ちを思いやることも必要です。

引用元-−-子連れ再婚を考えるサイト

子供を蚊帳の外に置くようでは、再婚は上手くいかない

24f9b54805bd329046e36e3bfccae6d1_s

子連れで再婚をしたいと思った時は子供の気持ちも大切にしましょう。
好きな人が出来て付き合う事になっても子供がその人をどう思うか、どう感じているかを気にしましょう。
2人だけで盛り上がって子供だけが蚊帳の外ではいけません。
子供も含めてのお付き合いをする事になるのですが、子供が相手の事をどう思っているかを自分の事以上に気にしないと、いざ再婚に踏み切っても子供が納得しないで再婚では子供に負担が掛ってしまいます。

子供には子供のペースがあるので大人のペースに当てはめずにじっくり待ちましょう。
答えを焦らせたり、急かしたりしてはいけません。
子供に直接相手への意見を求める事はあまりしない方がいいでしょう。
子供の年齢にもよりますが、子供が思春期の場合だと話にすらならない場合があります。
相手と子供との関わりを観察し子供がどんな態度を取っているかを観察して判断し、良好な関係であれば聞いてみてもいいですが、明らかに不機嫌だったりしたら聞かずにそっとしておくのがいいでしょう。
どうしてもその人と結婚をしたい場合は子供に相談してください。
そこで子供が不機嫌な原因を聞いてみるといいです。
自分たちばかりでは無く子供からも祝福される再婚を目指しましょう。

引用元-−-こいぴた

子供連れの再婚、適さない時期とは?

子連れ再婚では、何に気をつけなければいけないか。
それは、再婚する時期です。
子供が再婚を受け入れられる状況や気持ちになっていることが
確認できるまで子連れ再婚はしないという姿勢を忘れてはいけません。
子連れ再婚は、親にとっては新しいパートナー選びの
意味合いが強いのですが、子供にとっては新しい親が
現われるという状況が突然起きるわけです。

小学生や中学生ぐらいの時の子連れ再婚は、
子供の気持ちが混乱してしまうのが目に見えているので
避けたほうが賢明です。

子連れ再婚は新しいパートナーとの関係作りも大切です。
自分も相手も子連れ再婚同士であれば、
お互いの子供同士の関係も時に頭を悩ます種になるでしょう。
ただでさえ夫婦間は他人の関係なのに、
それらの子供たちも加わるとなると一層人間関係が
複雑になってしまうのはやむを得ないですね。

引用元-−-幸せな離婚マニュアル〜二度の離婚から私が学んだこと〜

子供と新しい妻、二人に対するの心のケアをあなたが行える自信はあるか?

シングルファーザーと初婚の女性が結婚する場合、夫が子供を優先して考える家庭では妻の不満が溜まってしまうようです。子供への愛情も持ちつつ、妻への気配りも忘れずにいましょう。そうでないと妻が子供へ嫉妬しかねません。継母と子供の関係が良好にいくかどうか、相性があっているかどうか、結婚前にチェックが欠かせません。

なにより初婚でいきなり子持ちの母親になった女性からしてみれば、夫の子供に対していきなり愛情が湧くことは難しいでしょう。年齢にもよりますが、場合によってはきょうだいのような関係で落ち着くかも知れません。親と子の本能的な愛情はなかなか生まれないかも知れません。さらに新しく子供が生まれると愛情のバランスをとるのは困難で、母親からかまってもらえない子供は孤独感を感じるかも知れません。そうした空気を察して父親が子育てに積極的に参加するよう務めましょう。子供の心としっかり向き合い、何らかの心の傷を残さないよう支えてあげることが大切です。

また、シングルファーザーが初婚の女性と再婚する場合、現実的な観点が必要になります。妻の両親を説得出来るのか、愛情だけでは納得しないでしょう。また、前妻との離婚後も子供と一緒に会ったりしているのかも問題になります。互いに気持ちを理解しあってよい家庭を築いて行く努力が必要です。

引用元-−-再婚するには

子供にペースをあわせ、ゆっくりと”家族”になっていこう

子連れ再婚の際に一番気を使うのは、子供の気持ちではないでしょうか?どんな年齢の子供でも、新しい環境や親の変化に敏感なものです。
しかし、ここで大切なのは、『子供には子供のペースがある』ということです。
家族を早く一致団結したい、新しい環境になじませたいという気持ちもわかりますが、『待つ』ことの大切さをまずは知って下さい。
考えてみれば、自分自身も相手の方と知り合い、恋愛関係に発展し、そして結婚に踏み切るまで色々な段階を経てきましたよね。
お互いを知るためにたくさんの会話をしたり、色々なことを一緒にしたり、また喧嘩もしてきたことと思います。人と人はそういう過程を経て距離を縮め理解していくものなのです。

ですから、子供にもその工程が必要だということを知っておきましょう。そして子供には子供のペースがありますので、ゆっくり時間をかけて、家族になっていきましょう。

無理に家族をまとめようとしない

それでも、親の立場からすると、早くみんなが仲良くなるように、馴染むようにと色々と試行錯誤するものですよね。遊びに行くことを提案したりなど、それは大変素敵なことです。
しかし、子供が新しい環境を十分に理解し受け入れられていないときには、無理強いしないことも大切です。

無理に距離を縮めようとすればするほど、子供は拒否反応を示す場合もあります。子供の様子をじっくり観察しながら進めていきましょう。
特に思春期の子供はそのような傾向がありますので、時には放っておくことも必要、自分の時間を与えてあげることも必要だと理解しましょう。

引用元-−-nanapi

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ