時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

クレジットカードの番号は危険です。管理を厳重に

      2016/02/29

クレジットカードの番号は危険です。管理を厳重に

今や多くの人がクレジットカードを所有しています。

その利便性は語ると長くなりますが、しかし、この利便性の高いものは、きちんと管理していないと、番号が盗まれる危険があります。

まずは自分でセキュリティを高めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


クレジットカードの番号が危険という事

クレジットカードは現金がなくても、買い物が出来ます。

ネット上では振り込み手続きしなくても、買い物が出来るので、多くの人に利用されています。

しかし必ず一定数、「クレジットカードは持たない」とクレジットカードを嫌う人がいます。

理由の多くは、「使いすぎてしまう」「番号を悪用される危険がある」という事です。

彼らのいう事は一理あります。

番号を悪用されて、多額の請求を押し付けられるんではという心配はあります。

何故なら、クレジットカードはその仕組み上、クレジットカード番号と有効期限があれば決済できます。

そうです。

「名前」は必要ないのです。

特にネット上で決済する場合、注文する人や発送先の人が、カード所有者とまったく関係のない第三者で、性別すら違ってもカードは利用できるのです。

そして、カード決済をしたお店の人も、カード所有者の個人情報を知る事が出来ません。

そのため、悪用されたかどうか知らないまま、悪意のある第三者に商品を発送してします。

そのため、クレジットカードの番号の管理はしっかりしないといけません。

第三者に知られてしまうと悪用される事は十分に考えられます。

実店舗でクレジットカードを利用しても危険?

実店舗というのは、つまりネット上ではなく、実際に存在しているリアルな店舗の事です。

ここで買い物をする事を、店の人と顔を合わせますので、対面販売と言います。

対面販売の場合は、クレジットカードカードを利用すると、サインもしくは、暗証番号を求められますね。

これで本人確認をしているのです。

この本人確認は正直、それほどの確実性があるとは言えません。

何故なら、サインは偽造可能ですし、暗証番号も知っていれば簡単です。

さすがに性別が違えば一発でバレますね。

ただ、現在の仕組みでは、必ずオンラインでカードの有効性を確認しているので、決済時にカードを提示しないと実際に決済は出来ません。

もしカード所有者がカードを紛失しても、すぐクレジットカードを発行した会社に連絡すれば、クレジットカードの利用は中止することができます。

そのため、クレジットカード番号と有効期限だけで決済されませんから、悪意のある第三者に利用される可能性も低く、また悪用されても気が付きやすいのが特徴です。

クレジットカード番号の危険性を理解したら

実店舗での利用よりも、ネット上での利用の方が、はるかに危険性が高いはご理解いただけたと思います。

まず、ネット上でクレジットカードを利用する場合は、必ず信用性の高いサイトを利用しましょう。

楽天のようなショッピングモールやアマゾン、大手の家電販売等、ある程度大手は皆対策をしています。

個人情報を入力する画面でセキュリティの懸かっていないサイトでは絶対買い物をしてはいけません。

また、クレジットカードの利用明細は必ず定期的に確認しましょう。

出来れば、請求が確定してから、実際自分の口座から引き落としされる前に確認する習慣を身に付けます。

利用明細に自分の利用覚えのないものがあれば、所有しているクレジットカード会社に連絡をして、質問してみましょう。

ネット上で決済しても店舗名を覚えていないこともありますが、買った商品名などをカード会社が店に連絡をして確認してくれます。

それで利用覚えがない場合は、その旨カード会社に伝えます。

利用覚えがない決済がある場合は、あなたのカードが第三者に利用されている可能性があります。

クレジットカードのセキュリティを理解する

クレジットカードには主に色々とセキュリティがあります。

これは前述した「クレジットカード決済で名前は確認されない」というある意味構造的欠陥を補うためですが、その違いが理解できていないと、決済時に戸惑いますのでご説明いたします。

まずは、対面販売で利用される4桁の暗証番号。

これはサインと同様に本人確認するためです。

サインは偽造可能ですが、暗証番号は本人以外知るすべがない情報なので、こちらの方が本人確認の信用性が高くなります。

最近はクレジットカードを発行してもらう際に申し込み用紙に記載します。

次に「セキュリティコード」です。

これはカード裏面にエンボス加工のされてない数字が3〜4桁印刷されていると思います。

その数字の事です。

ネット上の決済で利用されます。

これは、カード自体が手元にないと決済できないため、クレジットカード番号と有効期限を盗まれても、カード自体盗まれていなければ知られることがないと考えられています。

3Dセキュアという仕組み

「3Dセキュア」が現時点で一番セキュリティが高いと言われています。

よく誤解されるんですが、前述した「暗証番号」とは別物です。

これは発行したクレジットカード会社のサイトで登録をしますが、多くの場合はクレジットカード会社の管理画面に入る時のパスワードと同じものを利用させている事があり、3Dセキュアのパスワードと認識のないまま登録している人も少なく無いでしょう。

これはカード会員が3Dセキュアのパスワードを登録しており、店舗がそのセキュリティを導入している事によって、初めて利用可能になる仕組みです。

クレジットカード番号、有効期限などを入力した後に表示され、パスワードの入力を求められます。

そこで一定回数以上をパスワードを失敗すると決済できなくなります。

基本パスワードは本人以外知る事ができませんので、本人以外は決済不可ということです。

悪意のある第三者は出来るだけ手間のかからないカードを利用したがりますので、こういったパスワードを利用しないと決済できないカードは利用しない(悪用しない)傾向があります。

中々自分でクレジットカード番号を守るのは難しい時代ですが、危険度を避けることは出来ますので、是非実践いただければと思います。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ