時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

ウォーキングを毎日1時間するとダイエットに効果があるのか

      2015/11/14

ウォーキングを毎日1時間するとダイエットに効果があるのか

ダイエットのためにウォーキングをはじめる人が増えてきました。

なかには、毎日1時間歩く人もいます。

でも、それで本当にダイエットに効果があるのでしょうか?

今回は、ダイエットのためのウォーキングのコツを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


毎日1時間のウォーキング効果

毎日1時間のウォーキングでどのくらい痩せられるのでしょうか。

多くの人が気になるところでしょう。

ここでは、実際に痩せた人の体験を紹介することにしましょう。

その人は、なんと1ヵ月で2kgも痩せたそうです。

1週間あたり500gのペースです。

これはリバンドの心配もない、自然で理想的な痩せ方だと言えるでしょう。

ただし、そのためには陰で努力をしています。

ウォーキングをはじめる前、この人もご多分に漏れず不規則な生活を送っており、運動をする機会もなかったそうです。

そこで一念発起、ウォーキングをはじめたそうです。

その結果、朝昼晩の1日3食をしっかり食べるようになり規則正しい生活になったそうです。

もちろん、ウォーキングという運動もはじめました。

一番難しかったのは、続けることだったそうです。

それを乗り越えることで、1ヵ月で2kg痩せることができました。

この人の場合、ウォーキングが痩せた直接の原因というよりも、ウォーキングをはじめたことで規則正しい生活になったことが大きいようです。

毎日1時間のウォーキングでも痩せない原因

毎日ウォーキングしても、なかなか痩せないと嘆く人がいます。

しかし、それにはいくつか理由があります。

まず、ダイエット効果があらわれるのには時間がかかるということが挙げられます。

実は、ウォーキングで消費するカロリーは意外と少ないのです。

普通に歩いた場合、1時間に消費するカロリーは約120kcal。

早歩きでも約270kcal。

そして、最大でも約400kcalです。

1kg痩せるのに必要はカロリーは7,000kcalといわれています。

したがって、普通に歩いて7,000kcal消費するには約2ヶ月かかる計算になるのです。

次に、消費する以上にカロリーを摂取していることが挙げられます。

これはダイエットの基本です。

どんな新しいダイエット方法が登場しても、この法則を変えることはできません。

なかなか痩せないと嘆いている人は、摂取したカロリー以上のカロリーを消費できていないということです。

そういう人の多くは、ウォーキングしているから多少食べても良いと油断しているのでしょう。

1時間でも効果があるウォーキングのコツ

ここで、1時間でも効果があるウォーキングのコツを紹介しましょう。

多くの人は自分に適した散歩コースというものをいくつか持っていることでしょう。

また、時には気分転換のためにそれ以外のコースを歩くこともあるでしょう。

そのときのポイントは、歩く時間を決めておくことです。

確かに、スマホのアプリを使えば歩いた距離を測ってくれるでしょう。

しかし、アプリをいちいち起動するのは面倒です。

時計を見れば一目で分かります。

これ以外にも歩き方にコツがあります。

それは、大股で歩くことです。

歩くときは意識的に腕を大きく振りましょう。

そうすれば自然と歩幅も大きくまります。

大股で歩いて全身の筋肉を使うことで消費カロリーも多くなりダイエット効果も期待できます。

また、これに加えて筋トレを行うと良いでしょう。

残念ながら、ウォーキングをいくら頑張ったところで筋肉の量は増えません。

筋トレで筋肉の量が増えると基礎代謝量が増えて太りづらい体質になり、ダイエット効果が期待できます。

ウォーキングするなら毎日の食事にも注意しよう

ダイエットは、規則正しい生活を送ることからはじまります。

毎朝決まった時間に起きて、決まった時間に寝るようにしましょう。

そして、朝昼晩と1日3食はしっかりととりましょう。

よく、ダイエットのために朝食を抜く人がいますが、それは逆効果になってしまいます。

また、間食は控えましょう。

いや、間食を食べなくても良いように3食はしっかりと食べましょう、と言った方が良いかもしれません。

もちろん、腹8分目が良いのは言うまでもありません。

この他にも、食事の栄養バランスにも注意しましょう。

好き嫌いのある人はどうしても食べるものが偏ってしまい、栄養バランスも崩れてきます。

自分の嫌いな物でも積極的に摂るようにしましょう。

炭水化物はダイエットの敵だ、といって炭水化物を摂らないというのもよくありません。

炭水化物はエネルギーのもとです。

人間の体はエネルギーが不足すると脂肪ではなく筋肉をエネルギーに変えます。

痩せたように見えても、脂肪が減ったのではなく筋肉が細っただけなのです。

毎日のウォーキングはいつすれば良いか

先に説明したように、ダイエットは規則正しい生活からはじめます。

毎日のウォーキングも同じです。

できれば毎日同じ時間に歩きましょう。

では、いつが良いのでしょうか。

朝が強い人は朝に歩くのも良いでしょう。

しかし、忙しい人などはそういう余裕はないでしょう。

そういう人は夕食後がおすすめです。

ただし、食事後すぐは体によくありません。

食後に30分ほど休んだ後ならウォーキングをしても体の負担にはならないでしょう。

まとめ

メディアでは、手を変え品を変えて新しいダイエット方法を紹介しています。

これは逆に考えれば、どのダイエット方法でも効果がないから次々と新しいダイエット方法を編み出しているともいえます。

ダイエットに近道はありません。

規則正しい生活に、栄養バランスのよい食事、そしてウォーキングを毎日続けること。

これこそが、ダイエットの王道だと言えるでしょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ