時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

インフルエンザの症状を軽減! ワクチンの真の効果とは

      2016/02/23

インフルエンザの症状を軽減! ワクチンの真の効果とは

インフルエンザワクチンには、発症そのものを100%抑える効果はない――そう聞くと、このワクチンの接種は無駄ではないかと考える人は多くいることでしょう。

しかし、このワクチンには、症状を軽くする効果が期待できるのです。

その理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


インフルエンザワクチンを接種したのに発症してしまうのは何故?

毎年冬場になると、国内でのインフルエンザの流行がニュースで取り上げられるようになります。こうしたニュースを耳にすると、「ああ、今年もインフルエンザのワクチンを接種しないとな…」と考える人もいらっしゃるでしょう。
しかし、本来インフルエンザと一口に言っても、その種類には違いがあり、かつ通年で感染する可能性のある”型”も存在します。
ただ、感染力が強く、症状も強く出るものは季節性のインフルエンザと呼ばれ、これが日本国内で爆発的に流行するのが冬場であることから、”インフルエンザ=冬の疾患”というイメージが強いのです。
そのため、インフルエンザワクチンの接種が一般の病院で受けられるようになるのは、秋の終わりの10月から11月頃になっているのです。

しかし、ワクチンを接種したのにインフルエンザに罹った!という体験や話を聞いたことがあるでしょう。
痛い思いとそう安くない費用を出したのに罹ってしまうのは、何だか納得がいきません。
そもそも、インフルエンザのワクチンとはどういったものなのでしょうか?

インフルエンザと一口に云えど、実は複数の型と症状がある

まず、インフルエンザには、複数の型が存在します。
A型
主に38度から40度の高熱、強い寒気、全身の関節や筋肉の痛みを引き起こす(全身症状といいます)
150種近くの種類が存在し、人間以外の生物(豚や鳥など)に感染する種もあり、変異しやすい
重症化しやすく、主に冬場に流行する季節性

B型
高熱が出る場合と微熱(38度以下)で済む場合があり、熱での判断がしにくく、感染に気付かない場合がある
下痢・腹痛などの消化器系の症状が現れやすい
ウイルスの種類は2種類で、どちらも人間にのみ感染し、主に冬場に流行する季節性

C型
普通の風邪と似たような症状であり、主に鼻水がよく出る症状
5歳以下の子供の感染が多く、一度罹ると免疫が長期間続き、大人の発症は少ない
人間と豚が感染し、通年性、つまり1年を通して罹る可能性がある

どのウイルスも、感染後1日〜3日の潜伏期間を経て発症します。
感染経路は、感染者のくしゃみや咳で放出されたウイルスを含んだ飛沫を吸い込んでしまう”飛沫感染”と、感染者のつばなどがついた物に触れ、更にその手で鼻や口を触ることで感染する”接触感染”の2系統です。

そもそもインフルエンザワクチンは症状を軽くするためのもの

インフルエンザのワクチンの働きとは、一体どういったものなのでしょうか。
まず、多くの人が誤解していることに触れておきましょう。
ズバリ「インフルエンザワクチンを接種しても、インフルエンザの発症を完全に防げるわけではない」のです。

人間の体の中には、健康を脅かす外敵に対して防衛する機能が存在します。これが”免疫”というシステムです。ウイルスや細菌などの”侵入者”(抗原)に対して、この免疫が働き、軽症に抑える・重症化を防ぎます。
ただ、この免疫システムが働くには、”一度体の中に同じウイルスが侵入したことがある”のが前提条件です。
ここで登場するのが、ワクチンです。化学処理により無感染化・無毒化された抗原を体内に取り入れることで、免疫を作り出し、本当のウイルスが侵入してきた時に備えるのが、ワクチンの本来の狙いです。

つまり「インフルエンザワクチンは発症を完全に防ぐことは出来ないが、発症後の症状を軽くする効果が期待できる」ものであると考えるべきです。
実際、1回のワクチン接種で発症を防げる割合は大人でも6割程度だとされています。

インフルエンザワクチンの接種で期待できることとは?

こう聞くと「じゃあワクチンの接種は無駄じゃないか!」と考えるかもしれませんが、これも誤解です。
インフルエンザの恐ろしいところは、感染力が高いことに加え、重症化した時のリスクが重いことが挙げられます。が、ワクチンを接種することで、確かに発症後の重症化率・死亡率が低下した、というデータも存在します。ですから、特に、体力が少なく重症化しやすい高齢者や子供にとって、これを防ぐワクチンの接種は有効だと言えるのです。

2015年/2016年の冬から、インフルエンザワクチンは、これまでの”3価”から「A型のウイルス2種類+B型のウイルス2種類の4種のウイルスに対応した」”4価”へと代わりました。つまり、対応するウイルスの種類が増えたことで、発症・重症化のリスクがさらに軽減されたと言えます。
そして近年は、その年に流行するであろうインフルエンザウイルスの予測精度も高まっていることから、ワクチンの接種は、決して無駄ではありません。
インフルエンザウイルスに対しての免疫が働き出すのは、接種後2週間から5ヶ月程度の間です。毎年、流行する前に接種を呼びかけるのは、こうしたわけがあります。

冬場だけでなくなってきたインフルエンザの流行

近年は新型のインフルエンザの発生や、世界中の人々の行き来がさかんになったことを受け、夏場にもインフルエンザが流行することは珍しくなくなってきました。もう”インフルエンザ=冬の病気”とは言えない状況になってきているのです。
ですから、インフルエンザに罹らないためには、季節に関係なく、普段から感染を予防するのが重要だと言えます。
うがい、手洗いは勿論のこと、マスクをして他者からの飛沫感染を防ぐのも効果的ですし、もし自分がインフルエンザに罹っている可能性がある場合は速やかに病院を受診し、自分が感染元にならないよう配慮をしましょう。

また、自身の免疫力を高めることも、重要なポイントです。
普段から栄養バランスの取れた食生活をする、睡眠をしっかり取って体力の低下を防ぐ、スポーツなどで体を動かして健康的な体を維持する――そういった心がけで、インフルエンザのみならず、様々な病気を遠ざけることは可能です。普段の生活習慣を、この機会に是非見直しましょう。

関連記事はこちら

 - 病気

ページ
上部へ