時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

とっても恐ろしい熱中症 病院を受診するなら何科に行くべき?

      2015/08/19

とっても恐ろしい熱中症 病院を受診するなら何科に行くべき?

厳しい暑さが続く中、連日ニュースでは熱中症にかかった人の数が発表されるなど、恐ろしい病気であることは認知されてきました。

しかし、いざ自分や周囲の人が熱中症になった場合の応急処置や、病院に行くべきかなど、知らないことも多いのが実情です。

もし熱中症にかかったら、何科を受診すればいいのでしょう?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


恐ろしい熱中症!でも、何科の病院を受診すればいいか、知ってる人は少ない…

熱中症にかかった場合、何科を受診すればいいのでしょうか。私は自分自身が熱中症になるまで、そんなこと考えたこともありませんでした。

それがある日、運動をしている最中に突然倒れてしまったときのことです。その時は知人が駆けつけて応急処置をしてくれましたが、その後数日間は軽いめまいや集中力の低下に悩まされ、病院を受診しなければいけないと思いました。しかし、そこで困ってしまったのです。自分は何科に行けばいいのだろうかと。

とりあえず、かかりつけの内科に行きました。結果的にその判断は正しかったのですが、熱中症の危険性についてはいやというほどメディアで発信されているのに、いざという時にどの科を受診すればいいのか知っている人が少ないのは問題だと思います。

調べたところによると、熱中症がどのくらい重症になっているか判断し、治療をすすめるには血液検査が必要なようです。そして、すぐに結果を出してくれる場所となると、やはり内科しかありません。あるいは、急を要する場合は救急外来ということになるようです。

この知識は、少しでも多くの人に広まるべきだと私は思います。熱中症で自分が倒れた時、あるいは知り合いが倒れた時、どのような対処法をするべきか知っていることによって、救える命もあるはずだからです。

引用元-子どもが熱中症に!何科に行けばいいの?!【Doctors Me体験談】

そもそも熱中症ってどんなもの?

「熱中症」は日射病や熱射病などの総称で、 「高温下での運動や労働のため、発汗や循環系に異常をきたして起こる病気。体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともある」とされている。
日差しが強く、気温がぐんぐん上昇する夏場は思いがけず症状の進行も早いので要注意だ。

熱中症のメカニズム

熱中症を引き起こすそもそもの根底には、ヒトの体温を調節するメカニズムがある。熱中症のメカニズムを体温調節の仕組みから見てみよう。

1. 皮膚の表面から空気中へ熱を放出する
2. 汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪うはたらき(気化熱)を利用する

体温よりも気温が低ければ、皮膚から空気中へ熱が移りやすく、体温の上昇を抑えることができる。また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができる。

しかし、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになる。ところが真夏日によくあるように、気温が高いばかりでなく、湿度も75%以上になると、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんどほとんど蒸発しなくなる。そのため、発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまうのだ。

また、体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとする。しかし、このとき体温がさらに上昇し、発汗などによって体の水分量が極端に減ると、今度は心臓や脳を守るために血管が収縮しはじめる。つまり、ここでも熱が放出できなくなってしまうのだ。

熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害だ。実は、炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こり得る。実際、高齢者が室内で熱中症になって倒れているのを発見されるというケースも少なくないという。

引用元-なぜなる!?熱中症のメカニズム|夏バテ|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

応急処置 レベル1:自分で対応できる場合

炎天下にいる時や、暑い部屋にいる時などに、吐き気や頭痛があれば、熱中症かもしれないと気付きましょう。自分で対応ができるなら、応急処置で回復できる程度です。また、熱中症のサインが見られる人を発見した時にも早急に対応しましょう。

涼しい場所に移動する

建物が近くにない場所なら木陰に移動、建物があるなら、エアコンが効いた屋内に入りましょう。まず日差しから遠ざかって、身体の外からの熱をシャットアウトしましょう。

衣服を緩める

服を緩めて風通しを良くします。また楽な状態になるようにバンドを緩めたり、ネクタイなどをしているなら、取りましょう。

身体を冷やす

タオルを濡らして顔や手足に当てたり、うちわなどで扇ぎましょう。また首、腋窩(腋の下)、鼠径(足の付け根)には大きな動脈があり、ここを冷やす事で体温を下げる事ができます。保冷剤など冷やせる物があれば、ここに挟んで体温を下げましょう。

水分を補給する

汗が大量に出ている場合は、水だけ補給すると、けいれんが起きたりする場合があるので、できるだけ、塩分も入ったものを飲みましょう。ただ、意識障害がある人の場合、誤嚥する可能性があるので注意が必要です。

引用元-熱中症のサインが見られたら?すぐ行える応急処置方法 | いしゃまち

応急処置 レベル2:こんな症状が出ているなら、人の手を借りて!

あなたの家族や友人・知人が熱中症になったときのことを考えて、ぜひ頭に入れておこう。

また、レジャーなどにでかけるときは、タオルや冷たい水を入れた水筒、スポーツドリンクや日陰をつくれるようなパラソル、レジャーシートなどを持参したい。

●筋肉がけいれんしているなら(熱けいれん)

けいれんしている部分をマッサージする。また、体の特定の部分(例えば脚など)が冷えているなら、その部分もマッサージしていこう。

●皮膚が青白く、体温が正常なら(熱疲労)

心臓より足を高くして、あおむけに寝かせる。水分が摂れるなら、少しずつ薄い食塩水かスポーツドリンクを何回にも分けて補給する。

●皮膚が赤く、熱っぽいなら(熱射病)

上半身を高くして座っているのに近い状態で寝かせ、とにかく体を冷却。首、脇の下、足のつけ根など、血管が皮膚表面に近いところを氷などで集中的に冷やす。氷がない場合は、水を体にふきかけ、風を送って冷やす。アルコールで体を拭くのも良い。このとき注意したいのは、体の表面だけを冷やしてふるえを起こさせないこと。

●意識がはっきりしない場合は

反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。こういった場合はすぐに救急車を呼ぶ。同時に、応急処置をしていこう。また、意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合の水分補給は厳禁だ。また、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう横向きに寝かせよう。

●症状が回復しても必ず病院へ

回復したつもりでも体内に影響が残っていたり、再発のおそれもある。熱中症になったら、回復した後でも必ず病院で診てもらおう。

引用元-知っておこう!熱中症の予防と応急処置|夏バテ|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

応急処置で改善しなければ、即病院へ! 何科が適切?救急車は大げさ?

症状の改善がなければ受診を
上記の対応で症状がよくならない場合には、医療機関への受診が必要です。

また、頭痛や吐き気、体がだるく力が入らないという症状がある場合や、集中力や判断力が落ちているという場合にも、医療機関への受診が必要です。

その際、かかるべきは内科の病院、または救急外来ということになります。少なくとも採血検査ができて、その場で結果が出るような病院であることが必須です。

熱中症の重症度を調べる上で、症状の他に肝臓や腎臓の機能が保たれているかを確認するためには、採血検査が必要になります。

小さいクリニックなどでは、採血検査がすべて外注で、結果が届くのが翌日以降というところもありますので、事前に電話で確認しましょう。

当然ですが一人で受診させるのは、途中で倒れる危険があります。必ず誰かが付き添って病院に連れて行くようにしましょう。

また、病院までの距離が遠いのであれば、途中で倒れるリスクを考えて、ためらわずに救急車を利用するべきです。

引用元-熱中症だと思ったら|何科にかかるか、いつ救急車をよぶか

症状が回復したら、病院には行かなくてもいいの?

は回復してしまえば終わりというものでは
 熱中症は回復してしまえば終わりというものではありません。

一説によると、熱中症になった経験のある人は熱中症になりやすいとも言われています。

また最近では、熱中症で体温が高くなると、大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出て、体温が正常に戻っても身体の抵抗力が弱まるという研究結果もあるくらいです。

何れにせよ熱中症になった後は、病院を受診して大事を取ると共に、暫くの間は身体を労る生活をする必要があります。

くれぐれも「もう大丈夫」とばかりに翌日からまた活発に活動を始めるなどという無謀なことをしないように心懸けましょう。

症状が回復しても必ず病院へ

 回復したつもりでも体内に影響が残っていたり再発の恐れがあります。

熱中症になったら、回復した後でも必ず病院で診てもらうようにしましょう。

引用元-ワンポイントアドバイス 怖い!熱中症

熱中症にならないために、どんな工夫をすればいい?

「水分を」こまめにとろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

「塩分を」ほどよく取ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。

大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。

ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。

体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

引用元-熱中症の予防・対策 | 熱中症ゼロへ

「気温と湿度を」いつも気にしよう

いま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。

屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

「室内を」涼しくしよう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。

過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

「衣服を」工夫しよう

衣服を工夫して暑さを調整しましょう。

衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

「日ざしを」よけよう

ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。

また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。

「冷却グッズを」身につけよう

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。

毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。

ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

引用元-熱中症の予防・対策 | 熱中症ゼロへ

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ