時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

さっそく実践しよう!白髪を予防する食事、積み重ねが大事!

      2015/07/17

さっそく実践しよう!白髪を予防する食事、積み重ねが大事!

少し前までは数本しかなかった白髪が、気づいたら増えており落ち込んでしまったことはありませんか。

白髪は一度できたらもう治らないと思われがちですが、正しく改善させれば、黒髪に戻すことができるのです。

白髪の改善には内側からのケアが大事です。

まずは食生活を見直し、白髪を改善・予防していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


白髪を改善させるには、食事を改善しよう

生野菜の「豊富な栄養」と「クリーンな水分」で細胞を活性化

生の野菜は、食物中の栄養や水分を、丸ごと取り入れることができます。人間の体の70%は水分ですから、良質な「水」を摂取する事は私達の体にとって、とても大切です。けれど、加熱する事により、野菜本来の水分が失われてしまいます。さらに、野菜には様々な栄養素が含まれていますが、加熱調理をすることで、食物中の栄養素のバランスが崩れていきます。

できるだけ生のまま野菜を食べて、体中にクリーンな水分を取り入れましょう。栄養素がバランスよく保たれたまま、体の中に取り入れることができるので、質にいい栄養をメラノサイトに送ることができ、白髪を改善しやすくなります。

調味料は自然のものを使う

調味料は、カタカナのものではなく、日本の伝統的なものを使いましょう。砂糖・塩・酢・しょうゆ・味噌が基本です。カタカナで記された原料は、糖類や、人口甘味料、化学合成調味料、保存料、香料、酸化防止剤など、体によくない添加物の原料が多く含まれています。

裏面の原材料を確認して、記載品目が少なく、昔ながらの伝統的な食材が使われているものを選びましょう。添加物の使用を少なくする事で、血液をキレイに保つことができ、頭皮にも質のいい栄養を送ることができます。白髪改善は、栄養たっぷりのきれいな血液から始まります。

体のリズムと食事をあわせる-

排泄・消化・吸収体の1日のリズムは、「食べ物の消化」「栄養の吸収」「老廃物の排泄」の3つの時間にわかれています。このリズムと食事をあわせることで、栄養を取り入れ、いらないものを排泄する作業の効率がアップします。メラノサイトが若々しくなり、色素を作る命令が伝わり、白髪を改善しやすくなります。

4:00〜12:00「排泄モードになる時間」

朝は、体働きが排泄モードになっています。朝はご飯を食べることが常識ですが、排泄モードになっている体の働きを邪魔してしまいます。なので、体の働きを考えると、本来は何も食べないことが理想ですが、それだとエネルギー不足になるので、できるだけ消化に負担のかからない、「フルーツ」がおすすめです。フルーツは、栄養や水分が豊富なので、頭皮を健康にするのにも効果的です。

12:00〜20:00「消化が活発になる時間」

フルコースディナーを消化するのに、フルマラソンを走るのと同じくらい体は疲労します。消化活動というものは目には見えない働きですが、想像以上に体力を奪います。消化活動が盛んになっているこの時間帯に食事をする事で、消化に余分なエネルギーを使うことがなくなり、効率よく消化できるようになります。消化にエネルギーが使われなければ、メラノサイトの修復に体力を使うことができます。ランチは、12:00以降にして、ディナーは20:00までに済ませるようにしましょう。この時間帯に食べるものの目安として、体の7割が水でできているように、食べ物もそれを見習うことが理想的です。水分が多く含まれている野菜類を7割、その他の穀類・肉・魚を3割の割合でいただくと、細胞を作る際に必要な栄養素を、食事から取り入れることができます。

・野菜類=7割
・穀類・肉・魚=3割

20:00〜4:00「栄養を吸収する時間」

栄養を吸収し、その栄養を使って、体中の細胞の修復が行われる時間帯です。質のいい睡眠で、メラノサイトの機能の低下を、修復をすることができます。この時間帯に食事をしていると、栄養の吸収や、細胞の修復にエネルギーを使うことができません。新陳代謝が低下して、細胞の修復にも時間がかかるようになります。細胞を修復する力を最大限に活用するためにも、この時間帯はできるだけ体を休めましょう。どうしてもおなかが減っている時は、できるだけ消化に負担をかけない、「フルーツ」がおすすめです。

引用元-−-Zigen

栄養不足は白髪の原因になる

栄養素とは一般的にタンパク質、脂肪、炭水化物と呼ばれる3大栄養素のほかビタミンやミネラルなどを指しますが、体内に取り込まれると必要に応じて様々な物質に合成されて活用されていきます。

過剰に取りすぎると健康を害していくことにもつながりますが、逆に枯渇とまではいかないにしても偏った食事を取り続けることで必要な物質を体内で合成することが出来なくなること(栄養不足)で発生してしまうトラブルがあるようなのです。

これに白髪も症状のひとつとして名を連ねているわけです。

栄養不足、すなわち健康の維持に必要な物質が無ければ健康は維持されることはないわけですから、やがて何らかの形(白髪もそのひとつ)で症状が現れてくるのは自然なことではないでしょうか。

引用元-−-白髪のまとめ.com

白髪の予防方法

PAK86_torinosumunouyakusarada20130825-thumb-autox600-16892

(1)バランスの良い食生活

まず、髪の毛の主成分となる、良質なタンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。メラノサイトが正常にメラニンを生成するためには、あらゆるビタミンやミネラルが必要です。

ヨード(ヨウ素)を多く含む海藻類を摂ったり、銅を含む豆類などをバランスよく食べるようにしましょう。ただし、ヨードの過剰摂取は甲状腺の病気の原因にもなりますので、あくまでもバランスのとれた食事が大切です。

また、ビタミンCやビタミンEなどは活性酸素を取り除き、全身の老化を遅らせる作用があります。毛母細胞を若々しく保つため、これらもあわせて摂るようにすると効果が期待できるでしょう。

引用元-−-スキンケア大学〜お肌の正しい知識を医師が解説します〜

(2)規則正しい生活を心掛ける

髪の毛はデリケートなので、心身の不調の影響が出やすい部分です。ストレス性の白髪や若白髪を予防するためには、日頃から規則正しい生活を心掛けておくことが大切でしょう。

まずは、しっかりと睡眠をとることです。それによって自律神経のバランスが保たれ、代謝や血行を改善することができます。運動不足の場合は軽い運動を習慣づけることも重要です。

引用元-−-スキンケア大学〜お肌の正しい知識を医師が解説します〜

(3)ストレスを上手に解消する

上述の通り、ストレスは自律神経を乱し、血行不良や新陳代謝を妨げる要因となります。とはいえ、ストレスの多い現代社会では、ストレスを完全になくすことはほぼ不可能です。

上手にストレスと付き合うことで、白髪や若白髪の原因となる自律神経の乱れを防ぎましょう。

引用元-−-スキンケア大学〜お肌の正しい知識を医師が解説します〜

(4)マッサージで頭皮の血行を促進

ストレスを軽減したり血行を改善したりするためには、頭皮マッサージも効果的です。少しの空き時間やシャワー中などに気軽に実施することができますし、気持ちよいので効果を実感しやすいという面もあるでしょう。

引用元-−-スキンケア大学〜お肌の正しい知識を医師が解説します〜

白髪の予防にサプリメント

白髪予防のためのサプリメントというものがあります。
白髪は食べ物でもある程度の予防ができ、髪の毛の色を保為には毛根に十分な栄養を届ける必要があるのですが、その為に血流を良くする成分が入っている白髪予防のサプリメントというものがあります。

髪の発育にはアミノ酸、リジンが欠かせないのですがこうした栄養は普通の食事でも摂取できますが、忙しい毎日だと必要な栄養素を取るのは難しいのが現実ではないでしょうか。
バランスの良い食事をと思っていても、つい忙しくて外食なんてこともあるとおもます。
そうしたときに便利なのがこうしたサプリメントであり、できるだけバランスの良い食事を取って足りない分をこうしたサプリメントを取るようにして白髪を予防してみてはいかがでしょうか。

白髪予防にはアミノ酸、リコジンのほかにミネラルの亜鉛、セレン、甲状腺ホルモンの元となるヨードも髪の成長には欠かせません。
こうした成分の含まれているサプリメントを上手に使い、白髪予防に心がけたいですね。

サプリメントというのは薬ではないので、飲んだからといってすぐ効果が表れるものではありません。
ですが、白髪予防にとサプリメントを使うのであれば飲み続けてじわじわと効果が出てくるものなので、しっかりと補給していきたいですね。なかなか効果がでないといって、やめてしまってはもったいないですからね。

サプリメントにはいろいろな種類がありますが、自分にあったものを見つけたいですね。

引用元-−-白髪の予防には何がイイ?

黒髪維持のために摂るべき食事

メラノサイトを活性化する“ヨード”

ミネラルであるヨードは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にする効果があります。ヨードが不足することでメラノサイトの働きが鈍くなり、色素が作られなくなってしまいます。

ヨードはワカメや海苔、昆布をはじめとした海藻類、ひじきなどに豊富に含まれます。コンビニの食事が多いという人は、お味噌汁や海藻サラダなどを食事に加え、意識的に摂取するようにしてみてください。

ただし、白髪予防のために海藻類やひじきばかりに偏った食事はおすすめできません。他の栄養素が不足してしまったり、また、ヨードは過剰に摂取し過ぎると甲状腺の病気を招く可能性もあります。偏りのないバランスの良い食事が理想です。

メラニンの原料“チロシン”

チロシンとは、アミノ酸の一種である非必須アミノ酸であり、肌や髪の毛のメラニン色素の原料となります。その他、ストレスの緩和や集中力を高める効果などもあります。チロシンの量が減少すると、メラニン色素の生成が妨げられ、白髪につながってしまいます。

チロシンは、チーズや納豆、豆腐、バナナなどに多く含まれます。また、チロシンは銅ミネラルと一緒に摂ると効果的です。納豆、豆腐には銅ミネラルも含まれるので白髪予防にはピッタリの食材です。その他、レバー、桜エビ、ほたるいか、いいだこ、ごま、ココア、紅茶なども銅ミネラルを多く含みます。

ヨード同様、白髪を予防するためにチーズや納豆ばかり過剰に摂取するのではなく、栄養バランスを考えて摂取することが大切です。

引用元-−-Yahoo!ヘルスケア

白髪予防に効果のある栄養素と食事

1.タンパク質

肉、魚、卵、牛乳、豆類など
髪の毛の約8割はたんぱく質でできているのでまずは、良質なたんぱく質を取ることで健康な髪を作るのに役立ちます。

2.ビタミン

ビタミンE
ウナギ、アーモンドなど
ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれるほど、抗酸化力が強いです

ビタミンC
赤ピーマン、アセロカ、ブロッコリーなど
髪にとって、タンパク質から細胞同士を結びつけるコラーゲン作成に役立つ

ビタミンB郡
水溶性のビタミンBは髪や頭皮のためにいろいろ役立ちます
B2:レバー・うなぎ
B6:バナナ

3.ミネラル


カキ・ホタテ・豚レバー・高野豆腐・納豆・牛肩赤身肉等
髪を作るタンパク質の合成に必要不可欠。

カルシウム
乳製品、小魚、大豆製品、海藻類、モロヘイヤなどに多く含まれています。
メラノサイト(髪の毛を黒くする細胞)を活性化。マグネシウムと一緒にとるといい。

亜鉛
牛肉や豚肉や鶏肉、牡蠣(カキ)、ゴマ、卵、納豆、ホヤなど。
皮膚や毛髪を形成する亜鉛は髪を黒くそめパサツキをおさえる健康な髪をつくるアミノ酸の合成に必要です


鶏レバー、牡蠣、納豆、アーモンド、甲殻類など
メラニン色素を活性化

4.その他 良質な油・水

オリーブオイル
動脈硬化を防ぐオレイン酸を70%以上防ぐ

エゴマ油
αリノレン酸は体内で合成できない必須脂肪酸。高血圧の予防やアレルギーの改善にも効果があり。

コラーゲン
うなぎ、豚足、ゼラチンなど
頭皮をやわらかく健康に保つのに役立ちます。

良質な水
健康な髪は通常12%〜13%の水分を含みます。水分が足りないと髪がパサツキます。

引用元-−-女性白髪.com | 女性白髪の年代別原因・予防・防止対策

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ