時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

これは覚えておきたい!会社の役職一覧と序列

      2015/07/17

これは覚えておきたい!会社の役職一覧と序列

会社にはいろいろな役職がありますが、あなたは課長と次長のどちらが偉いのかきちんと答える事が
できますか?

今回は会社の役職一覧と役割と序列についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


会社における役職とは?

役職とは、ビジネスにおける責任や職権を伴う役目や職務のことをいいます。例えば「部長職」であれば「組織内の部門を管理する」職務があり、「課長職」であれば「組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する」役目があります。一般的にはそう言われていても、企業規模や組織体制によって、役職の位置付けは様々です。課長が管理する「課」の規模が数名から百名近くまで幅があったり、組織内で重要度の高い部門を統括する「部長職」は、取締役や執行役員を兼務することもあります。そのため、組織内の役職の順番を理解しておき、商談などで相手の役職を確認したときに、社内でのおおよその位置付けがつかめるようにしておきましょう。

引用元-−-アンドプラス

会社の役職一覧と序列

会長

社長

専務
取締役、執行役の役職の1つですね。「専務取締役」、「専務執行役」といいます。

常務
株式会社などにおける取締役「常務取締役」のことです。

監査役
主に会社の会計に関わる方になります

本部長、事業部長

部長

次長

課長

係長

主任

リーダー

メンター(新人の教育がかりなどをメンターと呼ぶ会社もありますね)

引用元-−-冠婚葬祭、ビジネス の知っておきたいマナー学

公務員の役職一覧

国家公務員の代表的な役職は、

事務次官
省名審議官
官房長、局長、政策統括官
部長、総括審議官
次長、審議官
官房三課長
課長、参事官
室長、企画官、調査官
上席〇〇専門官、課長補佐、専門官
係長、主査、専門職
主任
係員

地方公務員の代表的な役職は、

次長、本部長、技監、理事
部長、担当部長
統括課長
課長、担当課長、専門課長
課長補佐
係長、主査、担当係長、次席
主任
主事

役職は組織における地位を示すものです。位置関係は覚えておきましょう。

引用元-−-グリーンサン企画

英語での役職一覧

肩書きは、組織の規模や、企業形態によって、表現が違います。係長や、主任などは区別がないケースもありますので、日本の肩書きよりも実際の仕事内容で判断する方が良い場合があります。

取締役会長 chairperson
取締役副会長 vice chairperson
取締役社長 president / representative of directors
副社長 executive vice president、senior vice president
(vice presidentはしばしば、アメリカなどでは、部長クラスで使われることもありますので、注意いたしましょう! 正確にはexecutive vice presidentです。)
取締役・役員 director(s)
専務取締役 senior managing director
常務取締役 managing director
監査役 auditor
相談役(顧問) senior adviser
部長・本部長 general manager/chief of a department
副部長 assistant manager
次長 deputy general manager
室長 chief / director/head of a section(division/department)
課長 manager / (section chief)
参事 associate director(chief)( of a section)
副参事 deputy associate director (chief of a section)
主幹 senior manager
係長(主任) chief clerk / (section chief)
主査 assistant section chief
課長代理 acting chief of a section
係長(主任) chief clerk / (section chief)
社員(部員) staff (member)
営業部長 chief of the sales department / business(sales) manager
工場長 factory manager / plant superintendent
PR担当 communications manager
秘書(幹事) secretary
支店長 general manager / branch manager
参与 counselor / consultant

引用元-−-All About

英語の役職の役割

CEO
最高経営責任者。日本では、代表取締役が偉いのでCEOは単なる冠になっていることが多い。

COO
最高執行責任者。日本では、組織のNO.2に付けられることが多い役職。単なる冠率高し。

CFO
最高財務責任者。COOと並ぶ執行役のNO.2。お金の管理が上手い。

CTO
最高技術責任者。IT関連の責任者として、最近はよく見られる役職。ITすごい詳しい。

CKO
最高知識責任者。会社で一番の物知り。長老タイプ。

CSO
最高戦略責任者。参謀タイプ。

CMO
最高マーケティング責任者。宣伝部長。

CRO
最高リスク管理責任者。リスクばかりを管理する人。

CIO
最高情報責任者。情報戦略とかをやる人。

CCO
最高顧客満足度(CS)責任者。CoCo壱番屋と混同されがちだけど別物。

引用元-−-自省log

役職に就いている人の呼び方

例えば、取引先の課長さんを呼ぶとき。名前だけで「●●さま」とお呼びするのも間違いではありませんが、なるべく「●●課長」や「●●部長」など、姓と役職名を付けて呼ぶようにしましょう。間違っても「●●さん」と呼ぶことのないように注意する必要があります。

仕事が終わり、プライベートの時間、外で課長や部長に出会ったときに何と呼び合うかは、きちんと上司と話し合う必要があります。例えば、プライベートの時間に「部長」と呼ばれると、周囲の人の目が気になるときもありますよね。大抵の場合は会社にいるときと同様に、「●●部長」と呼びますが、コミュニケーションが取れる相手ならば「●●さん」と呼ぶことを許してくれる場合も多いと思います。

同僚が出世して、上司になった場合でも、社内では役職名を付けて呼ぶのが基本です。馴れ合いのままではミスが起きてしまう場合も多いですから、普段から上下関係をしっかりしておき、ほうれんそうを忘れずにコミュニケーションを取りましょう。プライベートでは今まで通り「●●さん」と呼び合っても良いので、仕事での付き合い方と、プライベートでの付き合い方をしっかり分けておく方が賢い付き合い方です。

引用元-−-ビジネスマナー講座・電話応対とメール

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ