時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

これだけで解決!妊娠後期のツライむくみ解消法

      2015/07/17

これだけで解決!妊娠後期のツライむくみ解消法

妊娠は、女性にとって嬉しいことばかりでもありません。

初めてだとしたら不安なことも多いでしょう。

また、体の辛さでよく聞くのが妊娠後期の足のむくみ。

そこで今回は妊娠後期に辛い足のむくみの解消法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


むくみの原因を知っておこう

ふくらはぎが特にむくみやすいのには、どのような原因があるのでしょうか。

ふくらはぎと“むくみ”の関係

心臓から送り出された血液は細胞に酸素や栄養分を届け終えると、今度は二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。

このとき、足に流れた血液は重力に逆らうことになるため、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液の循環を手助けします。人間の下半身には70%もの血液が集まっており、この血液を心臓に戻すよう働いているので、ふくらはぎは「第二の心臓」ともいわれているのです。そのポンプの働きをするためには筋肉の伸び縮みが必要になります。

ふくらはぎがむくむ原因はいくつかありますが、一過性のものと、血管の病気などによる危険なサインの可能性があります。

ふくらはぎがむくむ原因〈一過性のもの〉

慢性的でないむくみの場合、次のような原因が考えられます。

(1)長時間にわたって同じ姿勢でいる

ずっと同じ姿勢の状態でいると、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなります。筋肉の収縮によって作用するポンプ機能がうまく働かずに、血液やリンパの流れが滞ってしまいます。

(2)筋力の低下

運動不足によってふくらはぎの筋力が衰えると、ポンプ機能が低下して余分な水分を心臓へ送り戻すことができません。

(3)冷え性

手先や足先だけが冷たく感じるのが、冷え性です。

これは血行不良によるもので、足先の毛細血管まで血液がうまく循環できないために起こり、むくみを引き起こします。

(4)塩分過多

塩分には水分を抱え込む性質があり、体内に過剰な量を取り込むと余分な水分をうまく排出できなくなります。

引用元-−-スキンケア大学

血液やリンパなどの水分は、地球の重力によって下の方にたまります。

なので体の下の部分であるふくらはぎに血液やリンパが溜まりやすくなります。

引用元-−-全身のむくみの原因はこれだった

妊娠後期にむくみがひどくなる理由

むくみは妊娠後期になるとほとんどの妊婦さんが感じるマイナートラブルの1つです。デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢をとりつづけることの多い仕事をしている妊婦さんを中心に、妊娠中期からむくみに悩まされる方も少なくありません。

引用元-−-子育てハック

妊娠後期にむくみやすい原因は、血液量の増加

むくみは、体のなかに水分がたまって腫れてしまう現象で、塩分のとり過ぎや運動不足が原因になることが多いですが、妊娠後期のむくみは、血液量の増加が主な原因です。お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、妊娠30週をピークとして、血液量は妊娠前の約1.4倍になるといわれています。妊娠中は2人分の血液や水分を身体に抱えることになるので、むくみやすいのは仕方がありませんが、あまりひどいと妊娠高血圧症候群になるリスクもあるので、なるべくむくまないように日頃から気をつけてすごしたいですね。

引用元-−-子育てハック

もし、あなたが下半身だけでなく全身のむくみ(特に手や顔なども)を感じるなら腎臓の機能が低下している事が考えられます。

ここで腎臓の機能が低下していると聞くと「ひょっとして大きな病気?」などと心配されるかも知れません。

ですが、大げさに心配されなくても大丈夫です。
もし心配なら念の為に病院で腎臓の機能について調べてもらっても良いかもしれませんね。

それでは腎臓の機能はなぜ低下するのでしょうか?

腎臓の機能が低下するのは、殆どの場合、腎臓そのものが悪い訳ではありません。
腎臓の機能を低下させてしまうもっと根本的な原因があります。

では腎臓の機能を低下させてしまう根本的な原因は何かというと、体の歪みがあります。

体の歪み=腎臓の機能低下

とはなかなか繋がりにくいかもしれません。

ですが体が歪んでいると腰痛や肩こりが起こるだけでなく内臓の機能も低下します。

腎臓は、腰の辺りにあるのですが、腎臓の機能が低下している場合、腰周辺の背骨が歪んでいる可能性があります。

もしあなたが体全身のむくみで悩んでいるなら体の歪みを整えてくれるカイロプラクティック、整体、気功などの施術を受けることも検討されてみてはいかがでしょうか。

引用元-−-全身のむくみの原因はこれだった

むくみの解消、まずは運動を

ふくらはぎのむくみを解消するには「足を高くすること」が一番効果的です。

仰向けに寝そべって、ふくらはぎ〜足首にかけてクッションや布団などを敷き、その上に両脚をのせて10分でも寝ていると、ふくらはぎは細くなります。

もっと効果的なのは、空中で自転車こぎの動作です。

空中自転車こぎは、仰向けに寝そべって両脚を高く上げて自転車をこぐようにぐるぐる回す動作です。

この空中自転車こぎを行うと、ただ足を高くして寝ているだけよりもずいぶん足が細くなるのです。

マッサージももちろんむくみ解消に良いのですが、むくみは静脈のうっ血が主な原因なので、血管外の水分を排出させるリンパマッサージは補助的な効果と言えるでしょう。

静脈とリンパの関係を例えると、バスタブの排水孔と壁面の側孔に似ています。

排水管が静脈、即孔がリンパ系に当たると考えると、蛇口から出てバスタブに溜まったお湯のほとんどすべては、使った後に排水孔から流れていきます。

ですが、お湯を溜める時にバスタブが一杯になったら、側孔から排水されてお湯があふれないように保っています。

むくみは溢れたお湯にあたり、リンパ系はむくみが溜まると働きはじめてむくみを解消しようとします。

とはいえ、体液量に対して静脈に90%、リンパ系に10%しか流れていないので、リンパ系のマッサージの与える効果は意外と少ないのですね。

こう考えると、マッサージを念入りにして時間をかけるより足を上げることで静脈の血液を心臓に戻して循環させるほうが、即効性があるというのがよくわかると思います。

日常生活の中でも、机に座っているなら足元に高めの台を置いて乗せてみるとか、床に座る時は脚を投げ出してまっすぐ座るなど、なるべく足を下ろさないように過ごす工夫をすると良いでしょう。

お風呂上がりに空中自転車こぎをしてみたり、寝る時に足を高くして眠るなどすると、むくみが早く解消されますよ。

引用元-−-美脚の女神

なぜふくらはぎあたりがむくむ人とむくまない人がいるのでしょうか?

それは、ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉が活発に動いているかどうか?によって変わってきます。
ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉はポンプの作用があり下に溜まった血液(静脈血)やリンパを体の中心の方で押し上げてく入れます。
なのでふくらはぎや太ももの筋肉がしっかりしている人は下半身がむくみにくくなります。

もしあなたが下半身が浮腫みやすいなら太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えたほうが良いでしょう。

かかとを浮かせるつま先立ち、スクワットを毎日してみてください。

引用元-−-全身のむくみの原因はこれだった

冷え性対策でむくみを解消

08b78acd9cc77332cc96e33335e89162_s

むくみと冷えの関係とは

むくみというのは体内の水分コントロールができていない状態です。

水分のコントロールができずに細胞間に水分が多くたまってしまっています。

水分というのは、外気の温度に影響を受けやすいため、冷えやすくなってしまいます。

同様に、足元が冷えやすいと血流が悪くなり水分の排泄力が低下します。

むくみと冷えはどちらも同時に起こりやすく、またお互いがそれぞれの症状の原因になるのです。

むくみも冷えも同時に対処しなければ、なかなか改善しないというわけです。

引用元-−-iGotit

靴下などの対処法ではなく、根本改善を行うならやっぱり自前の筋肉を使うことです。

筋肉が動けば血流が良くなり、リンパも流れてきます。

ただし、ジョギングなどの激しい運動はNG!ジョギングを始めてむくみやすくなる人がいるように、過度の運動はお勧めできません。

やるならゆっくりしたウォーキングや、階段の上り下りなどの簡単なものを行いましょう。

ストレッチの代わりに、やさしくなでるだけでもかまいません。

それだけで、血流改善につながりますよ。

血流やリンパが流れ出せば、むくみは解消されていきます。

また、末端まで血液が廻れば冷えも改善していきます。

面倒でもお風呂に入ることがむくみと冷え改善のための最低限の生活習慣

むくみや冷えがある人は、シャワーを使う人が多いんです。

というのも、冷えがある人は疲れやすくて、すぐだるくなってしまいます。

自律神経が不調な証拠であり、やる気が起きないのでお風呂に入るのが面倒になるのです。

お風呂に入るどころか、お風呂を洗って溜めるという動作すら嫌がる人もいます。

これは、むくみや冷えがどれだけメンタルにも影響するかということを物語っています。

しかし、こんな風にお風呂が面倒な人でも、本や携帯を持ち込めばお風呂に入ることができるという人もいます。

これは自律神経を刺激しながら入浴することができるので、お風呂でだるくなるのを防ぐことができるからです。

本当は、何も持たずにゆっくりとお風呂を楽しむのが一番なのですが、まずはお風呂に入ることが最優先です。

面倒でもお湯をためてお風呂に入りましょう。

お風呂の後はかなりだるいかもしれません。

そのまま横になってしまえる環境を作ってくださいね。

入浴で芯から温めて、寝る前にホットミルクが飲めたらむくみと冷えに対する最高の改善方法になります。

引用元-−-iGotit

足先の冷えの対策法
1.冷えた足先を温める。
2.ふくらはぎをあたためる。
3.お腹を温める。
4.運動をする。

冷えてしまった足先を温めようとするのは、誰でも思いつく足冷え対策ですが、足の冷えている原因は、お腹やふくらはぎが冷えているのが原因である場合もあります。

お腹が冷えていると体はお腹を最優先にして温めようとし、足先まで十分な熱が届きません。

ふくらはぎの冷えや筋力の低下は、ポンプ機能が働かず足先まで十分な熱が送り出せません。

意外と知られていない、足冷えの改善法は、お腹とふくらはぎを温め、ふくらはぎの筋肉量を増やすことなのです。

そうすることで、足先まで十分な熱を送り込みことができるのです。

足冷え対策グッズは、足もとあったかグッズと腹巻き、レッグウォーマー、湯たんぽの併用がおすすめです!

引用元-−-ときめき暮らし研究所

妊娠後期にオススメの食事療法

身体が温まらないのはタンパク不足が原因かも

むくみの原因の一つに、タンパク不足があります。

これは食事からとったタンパク質から作られるアルブミンというアミノ酸が関係しています。

アルブミンは血液中の水分調整の働きがあり、不足することで水分が細胞間にもれやすくなるのです。

タンパク質はアルブミンに限らず、血液や血管、筋肉や内臓などから、目に見えない酵素まですべての材料になっています。

タンパク質不足になると代謝が低下し、筋肉を維持する能力も低下します。

これが冷えにもつながっているのです。

ダイエットするとむくみやすくなるのは、食事制限で肉や卵などを避けてしまうからです。

野菜に含まれるタンパク質ではアミノ酸スコアが低いため、どうしてもバランスが悪くなってしまうのです。

普段から菜食傾向にあったり、ダイエットで食事制限をしているとむくみと冷えの原因を作っているようなものですよ。

身体を温めると言われる根菜や生姜も良いのですが、こうした野菜類だけでは十分なタンパク質が摂れていない事を理解しましょう。

身体を冷やす食べ物を控えたらむくみも改善する

タンパク質の摂取によって、むくみや冷えの改善につながります。

しかし、同時に身体を冷やすものを飲食していれば、プラスマイナスゼロになってしまいますよね。

身体を冷やすものを断ち切ることこそ、根本改善のために必要です。

身体を冷やすものをチェックし、出来るだけ避けましょう。

・カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶・コーラ・栄養ドリンク・エナジードリンクなど)
・果物(特に南国のもの。マンゴー・キウイ・パイナップル・グレープフルーツなど)
・アルコール(一時的に身体が温かくなりますが、急激な冷えを起こします)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト)
・生野菜
・精製炭水化物(白砂糖、白米、精製小麦でできたうどんやパンなど)

ダイエットのつもりで、朝はコーヒーに砂糖を入れて食パンを食べ、食後にはヨーグルト。

ランチに野菜サラダと果物少量、間食にちょっとだけ甘いお菓子、夜はまた野菜中心…なんて食生活だったら、冷えてむくむのは当然かも。

痩せるかもしれませんが、体調不良を起こしてますよ。

注意してくださいね。

砂糖をやめるとむくみと冷えが劇的に改善する

砂糖をやめるだけで、むくみや冷えが劇的に改善するのは本当です。

甘いものが大好きな人は太りやすいと思われがちですが、単に脂肪が増えているのではなく、むくみによる影響もかなり大きいのです。

また、砂糖は身体を冷やす食べ物ですから、ますます代謝が低下し、むくみを悪化させるという悪循環を起こします。

砂糖を一週間だけやめてみてください。

できれば、精製炭水化物をできるだけ避けるとより改善が早くなります。

砂糖をはじめとする精製炭水化物は、体内で代謝する際に水を生成します。

甘いものを食べるほど、体内に水がたまりやすいのです。

水がたまりやすければ冷えますし、代謝が低下して水はけが悪い身体になるとむくみます。

むくみや冷えに悩んでいる人は、甘いものが好きな人が多いのです。

男性でもむくみや冷えに悩んでいる人は、甘いものやアルコールが大好きな人が多いんですよ。

1週間だけでかまいません。

むくみと冷えの改善のために、取り組んでみませんか?

引用元-−-iGotit

水分が余分だからと言って、水分を摂るのを控えたりしすぎるのもよくありません。
水分を控えすぎると、血液や細胞液の塩分濃度が上がってしまうので余計にむくみます。

体に余分な水分がたまるのは、塩分を取り過ぎていることが原因だからです。

むくみを解消するには、体の中の余分な水分と塩分を排出して、
体の内側の巡りを良くすることが大切です。

引用元-−-美脚の女神

■塩分を控えてむくみ予防

妊娠中にできる対策は、まずは塩分を控えることです。
特に妊娠後期は塩分をグッと減らして食事を取るのがおすすめです。

妊娠後期はいつもより体に水分が多いので、普通どおりに塩分を取ると
一気にむくみが加速します。
もちろん、妊婦になったときから塩分には気をつけていると思いますが、
それでも妊娠後期はすぐ体重が増えます!

加工食品や外食はどうしても塩分過多になってしまいますので、
できれば素材そのままの味を楽しむくらいにシンプルに調理して食べるのがいいです。

野菜や魚を何もかけずに食べるなど、とにかく塩分に注意しましょう。

塩分を控えると言っても、やはりゼロにはできません。
塩分の摂取を控えるとともに、カリウムを含む食品を取っていくのがオススメです。
カリウムには体内に含まれる塩分を、尿として排出する働きがあります。

カリウムは果物や野菜、豆類に多く含まれていますので、
積極的に取り入れていきましょう。

バナナやアボカド、納豆などは食べやすくてカリウムも多く含まれています。

カリウムは煮たりゆでたりすると溶けだしてしまうので、
生で食べるか、スープなどにして煮汁まで食べてしまうようにしてくださいね。

引用元-−-美脚の女神

twitterの反応


https://twitter.com/Pretty_UP_NO1/status/605373278153105408

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ