時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

いよいよ結婚!結婚式や披露宴、招待のマナーって?

2015.10.29

大好きな彼からのプロポーズ!

両親からの承諾をもらったらいよいよ結婚に向けての準備。

結婚式や披露宴ってどんな種類があるの?

招待するのに気をつけなければいけないことって?

意外と知らないしきたりや今どきの結婚式・披露宴事情をご紹介します!

結婚式の種類と目的

結婚式の種類は大きく分けて4種類あります。

神前、仏前、教会、人前式。

神前と仏前、教会は宗教式。

人前は無宗教式。

結婚を決めた2人の家庭環境などで決まりますが、基本的には嫁ぎ先、婿養子先など主となる家の方針に合わせます。

無宗教の場合は結婚式を挙げる2人の希望で選ぶことが出来ます。

神社や教会、ホテルや結婚式場などが多いですが、今ではテーマパークやプラネタリウム、船上、海中など特殊な場所で挙式をする人も増えてきました。

結婚をする2人にとって人生の節目となる結婚式ですから、思い出に残る素敵なスタイルを選びたいですね。

とはいうものの、結婚は家と家との結びつきでもあります。

2人の希望も大切ですが、家の意見を取り入れるのも、結婚から始まる新しい家族との関わりにとっても重要なことです。

また、コストや時期についてもしっかりと考えなければいけません。

結婚はゴールではなく、新たな人生のスタート。

結婚式は、お披露目ではなく2人の決意と誓いを皆に宣言する儀式でもあります。

2人にとって、双方の親や家にとっても円満かつ神聖なものにしたいですね。

披露宴の種類とスタイル

結婚式は結婚を誓う儀式ですが、披露宴はその名のとおり、2人の結婚を御披露目するもの。

最近では親族だけでお披露目宴会をおこなったり、海外で挙式をあげ、親しい友人とパーティーをするなど形式にこだわらないスタイルも増えています。

ですが、やっぱり華やかにみんなにお祝いしてもらいたいしてもらいたいのが花嫁心、親心。

仕事の関係でも、形式を重んじることが必要な場合もありますので、両親の意見も取り入れるのがベター。

面倒なようですがこれから始まる結婚生活には節目節目に両親や家がついてくるということをお忘れなく。

最近では披露宴を2部制にして、第1部では親族・職場の関係者を主とした固めの披露宴。

第2部は友人が中心のリラックスをしたお披露目パーティー。

おめでたい場ですので、お酒を飲んではしゃぎすぎてしまう方がでそうな時にも、あらかじめ場を分けておくと安心です。

披露宴の会場はホテルやレストラン、結婚式専門の施設を選ぶ人が多く、お料理や季節、時間、スタイル、コストなど、希望に添った場所を選びましょう。

披露宴でのお食事はフランス料理や和洋折衷料理を選ぶ方が全体の7割を占めています。

季節は春と秋、暑すぎず、寒すぎず、比較的安定した気候が好まれています。

結婚式・披露宴のスタイルが決まったら招待する人を選出!

結婚式・披露宴の決めごとで最も問題になるのがこの招待客選出かもしれません。

コストや準備にも密接に関わってくるのが招待客。

招待状の作成から会場の座席、コストに到るまで、その人数、グループなどによっても大きく影響が出てきます。

招待状は結婚式・披露宴の3ヶ月〜半年前にだすのがマナーですので、日取りが決まったらなるべく早く、リストアップをはじめましょう。

親族、友人、職場の関係など、結婚式・披露宴に対する新郎・新婦のイメージを基に、メインとなる客層を決めるとスムーズです。

招待する人数には限りがあります。

新郎側・新婦側の招待客の割合によっても、選出が違ってきますので、あらかじめ共通の招待客、それぞれの招待客の人数を決めておきます。

その上で、上司、恩師など主賓となる人、親族や親密な友人、お世話になった方など招待を外せない人、出来れば招待したい人というようなカテゴリーを作り、まずはざっくりとリストに揚げて優先順位を決めていきましょう。

話を進めるうちに、親の面目やしがらみなどがでてくることもあります。

親の希望はもちろんですが、当の2人が結婚式・披露宴に本当に招待したい人に来ていただかなければ意味がありません。

納得いくまで考慮し、事前に打診をして参加の可能性の高い方をチョイスするなどの工夫も必要です。

ご招待のマナー

招待客リストが決まれば、まずは電話やメールで相手に打診をするのがマナー。

いきなり招待状が届いても戸惑われる方が多いでしょうし、招待された側の都合もあります。

参加の有無で人数を再調整しなければいけないこともあります。

遠方の方であれば出席するための交通費や滞在費などの負担も気になるところです。

お金のことは招待する方、される方、どちらが負担するのかなど悩むことに繋がりますので、事前に詳細をきちんとお伝えし、招待するようにしましょう。

次に気をつけたいのは招待客に喜んでもらえるおもてなし。

当日は大勢のお客様が一堂に集まります。

ご出席くださる方1人1人が大切なお客様。

多数の中の1人、ではなく、大切な方が集まって大人数になったという意識を持ち、心を配る、伝える工夫をします。

例えば、食事、空調、香り、時間など、年齢や好き嫌いなどもあらかじめ把握しておき、心地よさを優先すること、また、来てくださったことへの感謝の思いが伝わる演出や心遣いを添えると、参加した方にとっても印象に残る素敵な時間になります。

その為には前日まではホストとしての細やかな心尽くしを、当日は主役としての華やかで幸せな姿を披露するのがマナーです。

結婚式と披露宴、気になるコスト

結婚式も披露宴もご招待のおもてなしも、わくわくすることばかりですが、喜んでばかりはいられないのがそのコスト。

挙式だけを単独で行う場合、神前式は3〜10万円、仏前式は10〜20万円、教会だと10〜20万円が相場だと言われています。

が、衣装や装飾その他、それ以外にかかる費用もチェックが必要です。

披露宴は招待人数や演出、引き出物などによって差がありますが、平均は招待客70〜80人で300万円前後。

この内、当日いただけるご祝儀が180万円だとすると、自分たちの負担金は120万円になります。

コストダウンのヒントは10個。

1.オフシーズン(夏・冬)を選ぶ。

2.仏滅を選ぶ。

3.平日または連休のお中日を選ぶ。

4.開始時間を夕方にする。

5.紙もの(招待状・座席表など)は手作りで。

6.引き出物は持ち込み料と比べてみる。

7.衣装が持ち込めるなら都民共催などのレンタルを利用する。

8.ゼロ婚やすぐ婚などのプログラムを利用する。

9.ビデオは自作で。

10.お支払いはポイントが貯まるカードで。

とは言うものの、コストと共に質が下がるのは台無しです。

お客様にかける費用はケチらず、自分たちにかけるコストは少なく。

賢く節約しながらも、充実した結婚式、披露宴にしましょう。

 - 結婚